久しぶりに園内で句会をおこなう。
春に有志3人で行ったきりの
さぼてん句会。
今回は、誰でも事前投句出来るようにして、
しかも一席から三席までは賞金もつけての
社内俳句大会にした。
応募総数は20句。
句会参加は5名で、
和やかな楽しい場となった。

句会は、事前投句の20句を
それぞれが特選と入選を選ぶ形式。
俳句は鑑賞が大切で、
その俳句の余白をどのように感じたかを
話し合うのが楽しい文芸なんだ。

評価はずいぶんとばらけたが
高得点の俳句は次の通りだった。

一席 急ぐ朝舌火傷した大根煮
二席 かじかむ手氷をつかむこどもたち
三席 まちがえて三つの玉の雪だるま

佳作 朝霜に初孫思い和むかな
    しゃくしゃくと落ち葉の道を踏み出せり

一席は、パートの龍田さんの一句。
出勤や子供の登校で短く忙しい朝の時間に、
晩御飯の大根を調理していたところ、
美味しそうな匂いにつられて子供が食べたいと言うので
それを食べさせたら、あまりの熱さに
舌を火傷したという風景を一句にしたそうだ。
みんなの鑑賞も聞いていると
それぞれ自分の家庭や家族を
思い出したようで、こういうのっていいね。
ちなみに龍田さんは親子4人みんなで投句してくれたらしい。
これをきっかけに
夫婦のショートメールも五七五になったとか。

二席と三席は
我が娘の句。
小学校5年生で俳句を授業でやったそうで、
作句に意欲的だった。
ただ、二席の句は季重なり。。。
氷をつかめば手はかじかむよね。
俳句は省略の文芸。
できるだけ省略して、その分、他の表現を加えて
世界を広げてほしいね。

佳作の句はそれぞれ、
パートの木村さんとすーちゃんの俳句。
初孫が生まれたばかりの木村さんらしい句。
和む様子を他の言葉で表現でききると、いいな。
すーちゃんはさぼてん句会の会長。
事務局の僕はほとんど点数が取れなかったので
会長のすーちゃんがなんとか佳作に入ってくれて
一応、面目は立ったということで。

今回は
季重なりが多く、またちょっと意味が分かりづらい句もあったけど
それをみんなでそれぞれなりに鑑賞でき
その場面を話し合うことができたので楽しかった。
表現はまだまだ僕らはでは拙いものばかりかもしれないが、
それでも詩が生まれる場面を
僕らの生活の中には溢れていることを
知ることができたと思う。
またやろう!と盛り上がって閉会。
次回は新年の季語で
さぼてん句会をやりたいね。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ