記録しないといけないことが
毎日山のようにあるのだが
今年は筆が進まない。
今月は特に
気分もすぐれないし
感情の突起も多いような、そんなような。
これが良く聞く更年期障害ってやつだろうか。
というのは余談。

さて、
まずはJICA基金について書こうか。
インドネシアの農民子弟を
農園で受け入れて農業研修を
技能実習制度を利用して行っているのは
これまで嫌というほど書いてきた。
めでたく、今年10人目のデデがやって来て
卒業生も7名になった。

そんな中、
今年卒業生たちが勉強会を立ち上げた。
僕らがここでやっているような勉強会を
インドネシアの農民たちとやるんだと言って。
僕も通信事情が悪い中、
Skypeなどでその勉強会に参加して
コメントをしてきた。
その勉強会と今後の方向性としての
共同栽培や共同出荷も視野に入れた
農業団体を立ち上げに向けた準備に入ろうとしている。
その活動を何とか予算付けして
盛り上げてあげられないだろうか?
と僕は今年
JICA基金にアプライをしていた。
(JICA基金の詳細はリンク先で)

それがこの10月めでたく採択事業になり、
現在、その書類を作成し、業務提携に向けて
動き出している。
現地でも口座の開設やこれからの方向性を
探るため
僕の友人でジュンベル大学の教員である
アニ女史が中心となって
フォーカスグループディスカッションを行い
それぞれの営農の問題点と
組織活動の意味を確認した。

このJICA基金では
農園と卒業生の現地との双方向性の
情報やり取りの拠点を作ることと
彼らの勉強会を支援すること、
また外部講師を招いて農民へのセミナーの開催や
そして今後生まれてくるであろうと期待する
農民支援組織の結成に向けて
インドネシア国内の
先進地を視察しようという活動だ。

さてさて、どこまで
福井で営農をしながら
こういう活動を支援、また係っていけるかは
かなり不透明で不安もあるが、
資金を取った分、その責任も大きいので
しっかりとやっていかないとな。
なんてプレッシャーがかかる
今日この頃である。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ