最近は俳句に没頭していて
ブログも諸事、自分の研究課題も
疎かになっている。
ま、それはそれで四十路の気楽さと思い
毎日を楽しんでいるが、
最近、新聞を読んでいて
あるトピックが自分の中に沈殿し
ある程度たまってきそうな
そんな予感もあるので
メモ程度にちょっと書こうかと思うことあり。

それはSBS米問題。
輸入米の売買同時入札(SBS)の問題で
略語のSBSはSimultaneous Buy and Sell。
これだけ見ても議論は多岐にわたるが
自分関心のあることだけをメモしようか。

一見して入札制度を見直せばいいような気もするが
そんなことじゃないだろう。
自由主義経済の不完全さ、
輸入枠は国家間の折衝によって決まるにもかかわらず、
売買に関しての国家の介入は及び腰、という
中途半端が生み出した醜い事件。
その一方で、一般市民は国家に広域貿易圏を信託させられ、
その採決が近づいているという、
まさに喜劇としか言えない状況だ。
信託を受けても、それをコントロールすることが出来ないというよりも
過度にコントロールすること自体がルール違反な状況か。
どうなればいいのかは
僕にはさっぱりわからないけど、
民間の売買を国家が統制をかけるのは
おかしいという議論の一方に、
広域貿易圏に参加する人たちの凸凹した、
それは文化的だったり歴史的な搾取だったり、
とにかく真っ平らではない条件下で
すべてを一律に動かそうというところから来る
エリア間の軋みは無視するのか、
というその辺りに問題の根底がある。
そしてそういう直感は
簡単に数字と統計のマジックで
いかようにも説明つけ諭される。
だがその諭され自体に反発を覚え
なんとなく不満があるが言い返せないと言った
感情の渦が今回のSBSとTPPかもな。
不満を抱えていては精神衛生上気持ち良くないので
まったくそんな風にも思っていないし
直接の恩恵も想像できないのに
広域貿易圏の政府広告をオウム返ししてしまうのは
心理学的には説明つけられる。

需要側の安い米をというニーズに応えて
利益を削って調整金を払って対応するのは
公正な取引に違反するようにも思うが
そもそも自由に輸入できず、官製市場でのやり取りなので
そんな論理も通用せず。
それに対して国家が過度に介入することも
また自由主義経済の空気の中では厭気なムード。

経済学的には
生産コストの高い国産米は
生産現場の構造改革、つまり大規模集約化と
今小泉さんがやっているような資材コストの廉価化に向かい
国際競争力をそのうちつけるという話なんだろう。
TPPはその一過程で、
SBSはそもそも問題ではなく
その過程で発生する中途半端が起因する問題でしかない。

今の経済の流れをまだ日本は
ナショナリズムがぼんやりと
その意味も解らず支持をしているけど
イギリスやアメリカ大統領選のように
その先にあるのが、あんな風景だとすると
帰属の共同性と同時代性によって国家を創り上げてきた
ナショナリズムは、この後、自分たちの実際の経済の中で
裏切られることを知らないで騒いでいる。
それを指摘したピケティはセンセーショナルだったけど
本が分厚く過ぎて
みんなが読むにはダメだったね。
このコミュニケーションのスピードが速すぎる時代では
イメージだけで入ってくるような
マンガで書かないと革命は起きない。
というか、『革命』という時代じゃないね。

というメモでした。
マジヤバだね。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ