P9061092.jpg


妻が海外出張中は
娘とボードゲームやカードゲームを
新たに買い足して遊ぶのが
もう定番となった。

娘の要望と
妻が
「友達から仲間外れにされる」
という心配に負けて
ゲーム機が昨年から
娘の手元にやってきている。
だけど、やっぱりゲームは
盤ゲームやカードゲームが
一番だ。
どこかの誰かがプログラムして
その枠から出られない
決められたレール探し、か、
人間の反射だけを高めるだけの
ゲーム機なんてつまんない。
という僕も
大学から20代の前半までは
その決められたレール探しに
没頭した時期もあったのだが。

もともと
高校時代や大学入りたての頃は
カードゲームやテーブルトークRPGという
ゲームスタイルにずいぶんとのめりこんだ。
モノポリーやホテル王などの盤ゲームも
このころにさんざんやった。
夜な夜な4~5人の男子が集まって
一晩中ちょっと変わったゲームをする。
いわゆる「オタク」だった。

もちろんどのゲームもルールがあり
決められたレールのようなものがあるが
人が集まって
その場のやり取りで
ゲームの内容はいくらでも変わっていく。
そのライブ感と
ルールが進化していく様や
本筋が決まっているようで決まっていない
そのスタイルがたまらなく好きだった。
テーブルトークRPGなんて
ゲームマスターでも
最終のエンディングが
どうなるかなんてわからない。
その場にいるみんなで作っていく
物語を構築していくそのプロセスが
楽しかった。

だから
娘にも
そういうダイナミズムを味わってもらいたい。
単純なカードゲームだけど
勝負所を見抜き
相手の所作でカードを切る。
その場の会話も重要だ。
相手をじりじりと追い詰める
カードの出し方もある。

さぁ、今夜も
宿題をさっさと片付けて
カードゲームしようぜ!


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ