研修卒業生のクスワントが
耕志の会にクレジットを申請したいと
申し入れがあった。
乾季でも水が使えるようにと
自分の農地に井戸を掘りたいらしい。

耕志の会は、
インドネシアの研修生と
農園のスタッフ有志とで
お金を出し合って運営している。
繰越金も増え、その分を
インドネシアに帰った卒業生を支援するお金として
マイクロファイナンスもしちゃおう、と
用意してきた。
だが、これまでは誰もそのお金を借りたいという
卒業生はいなかった。
というか、そこまでビジネスとして
卒業生が育っていなかった。
ここに来て
ようやくその成長の兆しが
見えてきたってわけ。

一応、マイクロファイナンスの
ルールらしきものは以前に考えたのだけど、
日本人側の基準で考えすぎていた部分もあったので
今回改めて作り直すことに。

まず今農園にいる研修生3名で
その素案を作ってもらった。
インドネシアでお金を借りる時の
彼らにとっての一般的なルールを反映させてもらう形で。
こちら側のルールだと
その内容を正確に想像できなくて
認識のずれが生まれてしまうので。

さて、彼らから出てきたルールは
返却のスピードと支払いの回数などに
少し違いはあったが、僕らの想像を超えるものはなかった。
これをたたき台に
皆で話し合いを開いた。
一番の議論は、
お金が返って来なかったらどうしようか?
ということだった。
ま、原資が減るから、
その心配はもっともだわな。
しかも貸し付ける相手は、遠く南の島の連中だものね。
まず、僕らがお金を回収することは不可能だろう。
幸か不幸か、
今年、インドネシア側にも卒業生の団体が立ち上がり
(Yayasan kuncup harapan tani:耕志の会のインドネシア版)
活動を少しずつだが始めている。
なので、資金回収はあちらの団体が行い
お金の管理はあちらの団体の口座で行えば良いだろうね。
で、会議での意見としては
返してもらえなかった時に担保を現金に換えて
損失に充てるってことだった。

でもさ、お金を貸す相手は、
ここで3年研修を受けた仲間たちなんだよ。
しかも耕志の会の余剰金は彼らの会費からも
出ているわけだしね。
あと、僕らはお金を運用したいわけじゃなくて
お金を貸して彼らの資金を活かしたいんだよね。
取り立てを厳しくすると
貧困に逆戻りになるんじゃないのかなぁ。
そりゃ、条件を厳しくしないと
お金をもらえるものだと勘違いされても困るんだけどね。
でも、もう、僕らはそんな関係じゃないと思う。
僕は、基本的にだけど人は皆、
良い人なんだと思っている。
つまりは性善説の立場。
それがどうしてもご縁で自分の不利益になるような
振る舞いになったりすることもあるのが
人との関係なんだろうってね。
お金を騙しとろうと思っているのだったら、
それを見抜けずに貸した側にも
問題があったんだと思う。
マイクロファイナンスの利用に
ビジネスプランを出してもらって
それを僕たちが精査して
これなら儲けられるでしょう、というものに
お金を貸すのだから、帰って来なかったら
そりゃ、貸した側の目が節穴だった、
ということなんだとも思う。

現地の卒業生たちにも審査に入ってもらって
最終的に日本ともSkypeでつないで話をして
そんで貸せば僕は良いと思う。
こんな笊みたいなお金の貸し方は、
笑われるかもしれないけど、
僕は制度じゃなくて関係性の中で
地域づくりをするというスタンスを
これからも貫きたい。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ