月に一回の順化句会。
5月はいよいよ夏の句。
先月までさんざん春の季語を勉強してきたけど
ここからは一転して夏の季語。
急な変化にやや戸惑いもあり、
また季語の勉強不足もあり、
さらには前回の俳句大会での良くないイメージもあって
今回はちょっと不安な気持ちで参加。
農園のメンバー、すーちゃんも今回は一緒に参加。

今回の句会は19名の出席で
1名が不在投句。
20名が5句ずつ出すので
選句は100句にのぼった。
時間は相変わらず限られており、
その中で次から次へと回ってくる俳句。
意味が良くわからない単語や古語、
さらに読めない漢字の応酬で、
相変わらず、選句で苦労した。
漢字力と単語力、
さらには文化や芸術、日々の暮らしの知恵と知識、
そんなものすべてが自分に足りないと知る。

僕が選句したものは次の5句

聖五月子犬塊となってくる
緑濃き路面電車の去りし後 田谷徹特選
能舞台次の手を待つ夏袴
夏めきて婦人画報のはやり色
日傘畳む日輪の息宥めつつ

特選は路面電車の句。
福井の路面電車はライトレールが導入されていて
眩いオレンジ色の車両も良く見かける。
そのオレンジ色と街路樹のコントラストが
とてもきれいだな~と思っていたら
この句が目に飛び込んできた。
僕は文句なしにこの句を特選とした。

しかし、路面電車の句は
霜子先生からは、
「去りし後という表現がイマイチ」
とのことだった。
この句はすーちゃんも特選にしていたが
僕ら素人二人が取ったのみで
あとは誰も取っていなかった・・・。
善し悪しが良くわからない。

婦人画報の句は、この句会に誘ってくれた木内さんの句。
とてもおしゃれな方で
今回もうすピンクのシャツに白の上着という出で立ち。
流行や美に鋭い感覚を持ったこの方らしい句で
僕はこの句がとても好きだ。
木内さんと知って、尚更良しだね。

選句は、100句の中から5句選ぶのだが
やはり漢字が読めて、
意味がすぐ分かるようなものを
選びがちである。
語彙力と知識が無ければ
名句の情景は僕らの頭には浮かばないってやつか。
それでも婦人画報の句と
日傘の句は、みんなも良い句だと言っていたので
とりあえず2句は、
自分のセンスが良かったと思おう。
初心者としてはまずまずと
自分に言い聞かせながらね。

さて、肝心の自分の投句。
前回の句会から立夏の間までは
ひたすら春の句を作り続けていたので
それらの句が今回投句できず
もう少し良い句もあったのだけど、
次の5句を投句した。
と、まずは言い訳も入れつつね。

畑人のテンガロン帽麦の秋
田を植える少年の眉泥白く
列をなしランドセルゆく植田かな
碧落のリレー競争麦の秋
幼苗も一息ついて植田村

今回は、誰の特選にも選ばれなかったが、
テンガロンの句が3人に選ばれ
少年の眉の句が2人に取ってもらった。

テンガロンの句は先生から〇をもらい、
テンガロン帽ではなく中8になっても
テンガロンハットにした方が良いと指導もいただいた。

「畑人のテンガロンハット麦の秋」

少年の眉の句は、
泥白くの辺りを先生はどうにか直せないかと
ひねっておられて(結局良い表現はなかったんだけど)、
もう少し深いところまで詠みこんでほしいと
注文をいただいた。

ランドセルの句は、先生からも〇をいただいた。
ただ「植田かな」ではなく
植田道と直された。
植田の中を歩くわけじゃないからね。

「列をなしランドセルゆく植田道」

後の2句は
誰も取ってもくれないし
先生の直しも講評もなし。

ちなみに一緒に参加した
すーちゃんの句も数名から取ってもらい
さらに先生からも〇をもらっていた。

いちまいのガラス戸惑ふ揚羽蝶 安寿香
手のひらにポンと乗せられ初茄子 安寿香

今回の句会では
電車がゆっくり進むのをカタコトと表現したものを
「幼稚」と言われていたが(「遅々として」と直されていた)
すーちゃんの「ポン」は、
これはこれで良いらしい。
初茄子がとても効いていて良い句だとのこと。
この2句はどちらも情景が浮かぶ
とても良い句だと思う。
特に初茄子は収穫の喜びや風景がポンとに良く出ているね。

さて、
気になる句が一つあった。

原爆者名簿清和の風通す

この句は先生は
清和と風通すで季語が二つになるからイマイチ、
と講評されていた。
なるほどと思ったのだけど
この句は僕は選句の中で
ちょっと気になる句としてしるしをつけてあった。
で、句会が終わってからこの句を眺めていると
もしかしてこれって
オバマ大統領の広島訪問のニュースが
清和の風となって
原爆の被害者に喜びというか心地よさというか
達成感のようなものがあったことを
詠みこんだものなんだろうか、
と思えて
だとしたらこの句は季重ねだろうが
僕は入選句にしたかった。
なんでそんなこともすぐにわからないんだろう。
わからない自分がもどかしい。

今回の句会で
主観と客観が少し先生からお話があった。
虚子の客観写生を秋桜子が文学なのだから
解釈としての主観を盛り込んだ
表現をするようになったという話だったが、
この主観と客観の議論は
僕が学んだ開発社会学でもよくある論点の一つで
すこしその辺りと合わせて
僕なりの表現がこの俳句の場でも
出来そうだということが分かったことは
大きな収穫だった。

さて
句会が終わって帰ろうとすると
句会のメンバーである瓜生さんから声かけられた。
「鯖江の俳句大会、田谷さんの句をとったのは私ですよ」
って。

地に眠るマグマ含みて赤躑躅

この句を取っていただいたとのことで、
「私も西山公園の赤つつじにマグマ見ました!マグマありましたよ!」
と言っていただいた。
誰にも通じなかったように思えた
鯖江の俳句大会は
ちゃんと僕の想いが届いた方が居たんだ。
それを教えてくれたその瓜生さんの優しさが
とても嬉しかった。

込めた想いが
誰かに届く
それはその方の解釈として。
意味のズレと浮遊もあるけど
それがまた面白い。
言い切らないこの表現法の宇宙に
僕はもう夢中である。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ