研修の卒業生たちの勉強会に
Skypeで参加。
今回は、Wifiのつながりが悪く
画面は緑で、途中から映像はなかった。

発表者は第3期生のタタン。
帰国後、果樹の苗販売をしながら
大学の森林科に通う彼。
発表は、森林保護と農業。
インドネシアのような
広大で多様な島嶼国を
そのテーマで話すのは不可能なので、
今回の発表はあくまでスメダン県の付近の話だと
思ってほしい。

バンドゥンに隣接するスメダン県の
開発は近年顕著である。
高速道路の建設が行われ
東南アジア最大のダム建設だったり
その隣の県も大きな国際空港が予定されていたり、
と何かとにぎやか。
高速道路と並行して
幹線道路の拡張工事も行われていて
もう建設業界はウハウハだ。
バンドゥンから近いこともあって
有名大学が集中するジャティナゴール付近は
もう渋滞やら家の建設ラッシュやら
大型モールの出店やらで
てんてこ舞いさ。
こんな勢いは、今の日本にはないね。
さて、そんな中、
いつもマージナルに置かれるのが農業ってわけ。
農地は宅地に。
余った農業労働人口は都市へ。
農業で食べていこうという人たちは
出来るだけ辺境に追いやられていく。
で、問題になっているのが
国定公園など環境が保護されるべき場所が
違法に耕作されていくという現実だ。
押し出された農民が
新天地を探しての結果なので
構造的には経済開発によるものなのだけど、
そこはあまり考慮されず
ここだけに焦点を当てて議論されることが多い問題でもあるね。
で、タタンのプレゼンは
PHBMという住民と一緒に森を耕作し守っていこうっていう
プログラムだった。
アグロフォレストリーの考えを使って
耕作を禁止するのではなくて
それを耕作しつつ森林を育もうってやつね。
ま、考えはいいよ。それで。

でもね。
僕は最近思うんだよ。
農業が環境保護するのは、
環境に手を加えながら
自分たちの都合の良い形に
自然を少し触るような業種だからけど、
決定的に破壊しない方法をとるのが
生存戦略的には正しいので
その場に地縁を持つ人間であれば
徹底した収奪はしないはず。
環境保護と農業の融合は
だから良いと思うんだけど、
良いと思うんだよ、
でもね、
どっか引っかかるんだよな。
経済成長によって押し出されて
森の際まで人口圧が迫っていって
そこで環境が破壊されているって
そこだけをフォーカスして見ることが。
農業は産業だ。
だからその業種で働いている人の
生活がそれなりにしっかりとしていないと
この産業は斜陽になる。
生きがいとかじゃ、ダメなんだよ。
それも良いけど、それが全体じゃダメだ。

斜面で農業をするって大変だ。
棚田にすれば面積はこなせない。
機械化も難しい。
農産物や資材の運搬も大変。
そんなのをすべて含んでいるのが
森林保護と農業ってことなんだよ。
森林保護は持続できても
それは農業っていう産業の持続じゃない。

経済の発展と人口増加の現状を
その逆の下り坂にしても
結局中山間地に農業の問題を置き去りにしている。
農業は常にマージナルに置かれるってわけだ。
こういう議論の構造自体を
僕は強く批判したい!

という勉強会でした。
ごめんね、みんな。
多分みんなが議論したかったこととは
ずれた意見を提供したかもね。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ