この時期は
総会の季節。
JA青壮年部も女性部も
総会の度に呼ばれる。
事業活動報告、収支報告、
活動計画、予算案、
そして役員改選。
どれも大事な報告と内容なのだが、
ちょっと連続して続くと
満腹感はあるね。
ま、そういう役職なんだから
仕方ないか。

で、そんな状況なのに
農園のインドネシア実習生とスタッフ有志で
運営している「耕志の会」の総会も
今月末に予定されている。

先日、その総会資料を検討する
会議を開いた。
この会で僕は会長職なのだが、
会計や事務はすべてインドネシアの子が担当する。
数十万になる予算も
インドネシアの子が会計の一切を行う。
この話をすると驚かれる方も多いが、
お金はこの5年間で1円も合わないことは
一度もないのだ。
自主的な運営と
インドネシアのムシャワラ的な総意による決定と
民主主義が、運営を健全にする。
と信じている。

さて、その会議で
今年会計のレンディから会計報告があった。
きちっと記録された領収書の記録と
銀行の残金、そして手持ちの現金と
見せてもらい、
今年も良くできました、と思っていた。
が、収支と支出の合計が
違う数字になっているじゃないか???

みんなですべてを計算してみると
やはり合わない。
そもれ10万円以上も・・・。
これにはちょっと焦った。
で、各項目の数字を良く見てみると
消化しなかった余剰金を
繰越金として処理していないことが判明。
どうもレンディは「繰越金」の意味が
分からなかったらしい。
それが分かると
張りつめていた空気が緩んだ。
一同ホッとして、
もう一度計算しなおした。
これで合うだろうね~、と
和やかな空気も一時的だった。
計算すると、今度は2,858円合わない。
今度は足りないのじゃなくて、
現金がその分多いのだ。
このお金はどこから来たのだ????
会議の時間はここでタイムアップ。

しょうがないので、
昨夜、僕とレンディと
来年度会計役をやるイマンの3人が
すべての資料を持ち寄って
計算をし直すことに。
うー、他にやらないといけないことが
多くて忙しいのにぃぃ。

昨夜の会議までに
レンディは資料を作り直してきた。
2,858円の誤差まで計算していた前回だったのに
今回の資料では12万円も計算が合っていなかった。
もうレンディの頭は大混乱しているんだろう。
そこから始まった資料精査は
かなり時間がかかった。
結果、142円の領収書の計上漏れを発見。
繰越金の考え方も一から教えた。
インドネシアでは予算消化できなかったお金って
繰越金として計上しないのかしら???って
思うくらい二人ともその存在を知らなった。
どんな会計をやって来たんだ?きみらは。
僕が担当したインドネシアの農家グループは、
みんな余剰金を次年度に繰り越してたぞ。

で、計算しなおすと、2,858円は142円計上忘れで
合わない現金が増え、3,000円となってしまった。
おいおい増えてどうするんだ?という空気感の中、
レンディが突如叫ぶ。
「分かりました!忍者のコスプレ代です!」
12月に耕志の会で伊賀に視察旅行に行った。
その時にインドネシアの子3人が
忍者のコスプレをした。
その代金を当初はそれぞれの負担としていたのだが、
思ったよりも予算が余りそうだったので
コスプレ代は会の会計から出すことにした。
だが、それをレンディは計上したのに
現金を支払っていなかったのだ。
だから3,000円の現金が余分に
残った計算になったのだった。
こうして1時間にわたる
会計の監査は終了した。

個人的にだが
あの伊賀旅行の
忍者の忌まわしい記憶は
ここまでも僕にまとわりつくのか、と
ちょっと腹立たしくもあったが、
とにもかくにも計算が合って良かった。
今週金曜日の総会も
なんとか気分よく迎えられそうだ。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ