その夜は、本当に至福だった。
クスワントのプレゼンも良かったし、
他のメンバーの自分たちの予算で
やるんだという決意も良かった。
もう僕に手伝うことはないのかもしれない。
それはそれでいいのだろう。
でも少しさみしいね。
人間って贅沢だな。

と、しみじみしていたのだが、
クスワントが最後のプレゼンページに入ると
状況が変わった。
彼は今回のネットワークづくりにおいて
最終目的をただ単に懇親的な意味や
閉塞感のある村社会の中での
情報交換会といった意味だけではなかった。
彼は、このネットワークで目指すものとして
最後のプレゼンページで
「Inkubasi Agribisnis」
と名付けていた。
直訳だと農業ビジネスの培養とでもなるのだろうか。
そこで彼が提唱したのは
肥料や種・農薬などの資材の購入先と
農産物の販売先、
そして普及員などによる情報入手先を
一元化したビジネスの展開だった。
ま、ぱっとみたら農協だね、これは。
とにかくそういうビジネスを探っていく
勉強会とスタディツアーにしたいというのが
クスワントの目的でもあった。

これは卒業生たちの間でも
温度差があった。
一期生のヘンドラは明確にこれに反対をした。

僕の行っている研修でも
販売はとても大事な考察対象で
如何にして付加価値を付けていける販売にするのか、
また既存の流通のどこを中ぬけすればいいのか
などを話し合っているのだが、
帰国してもう5年も実践しているヘンドラには
それらの理論(僕の理論)が
少なくともスメダン近辺の小農には
あまり当てはまらないという実感があった。
市場への直接販売においては
無数の小売りが点在し、
それらへのマーケティングで消耗する。
しかもそれらの小売りも
ある程度大きいブローカーとつながっているので
そこに割って入る難しさも感じていた。
大きな企業との契約栽培は
価格は安定するが条件が厳しく
生産できなかった時のペナルティーが大きすぎて
小さな農家の集団では
手が出せなかった。
それらの経験からヘンドラが見つけた答えは、
「ある程度良識のあるブローカーに販売をする」
事だった。
小農はリスクは負えない。
販売に力を入れようと思っても
生産と販売のバランスが取れない。
僕が言う
君らが良識のあるブローカーになれ
という言葉も資金が無いので無理だし
小売りとの関係を築くのは一朝一夕にはいかないし
成功する見込みも立たない。
だから彼は
「ビジネスに手を出さず、良識のあるブローカーに販売をするのが一番いい」
という答えを導き出していた。
それまであがいて得た経験の言葉は
とても重かった。

だた彼にしても
現状の販売に満足はしていない。
だから、最終的には
どのような形態を目指すのかは別にして
農業の現状と問題点を洗い出して
新しいビジネスの展望を探す
という目的には賛同を得た。

このInkubasi Agribisnisという言葉には
僕のスイッチも入った。
ただ単に交流を目的としない勉強会ならば
ある程度時間を区切って
それぞれが協同してビジネスを展開できるかどうかを
考えた方が良い。
しかもそれにはすこしロケットエンジンも
必要になる。
現状では卒業生それぞれが
自分たちのビジネスを展開しているだけにすぎず、
それをただ単に統括しても
新しいものになるわけでもないし
グループとしての力を得るわけでもない。
その方向で考えるのならば
その方向でビジネスを志向する必要がある。
面白いじゃないか、クスワント。
君のアイディアに、僕は乗っかるよ。
時間を決めて、僕らはまた再び
一緒に考えていこうじゃないか。

その中でクスワントからの提案として、
僕の授業の一部をスカイプで受けられないか
というのがあった。
グローバリゼーションと農業の授業が
とても面白かったようなので
その流れで僕も彼らの勉強会の中で
授業をしようと思う。
この辺りの議論で
機材や授業に使う教材で
すこし予算が必要という話にもなった。

どこまで彼らのビジネスが
形となるのかはわからないが
僕は僕なりに協力を続けられる場所を見つけて
それはそれで嬉しかった。
もうしばらくは彼らから
一緒に歩んでも良いよって
言ってもらえたような
そんな気分の夜だった。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ