インドネシア研修事業の話。
8月は暑すぎて、
授業をしても実が入らない。
というか、
お昼休み返上で授業をしていると
僕だけじゃなくて授業を受ける研修生も
さすがに体力的に参ってしまうこの季節。
だから8月は夏休みになる。

でも勉強の手を緩めてしまえば
人間堕落する。
ので、この時期は課題を出して
休み明けに試験をすることにしている。

課題は簡単。
それぞれの研修生には来日前に
僕が信頼するアニ女史による農村調査があり、
それは分厚い地域のポテンシャルレポートとして
僕の手元に届く。
そのレポートをそれぞれの研修生が、
自分以外の地域のものを読んで
よそ者として新しいアグリビジネスのモデルを
提案するというもの。
もちろん、無理難題のモデルでも構わない。
採点基準はおもしろいかどうか。
プレゼンの発表の仕方も
採点基準に入る。
どれだけ人を魅了できるか、そこに鍵があるからね。

8月いっぱいはそれぞれが
そのレポートを元に
自分の中にたくさんため込んだはずの
アイディアの種を発芽させる作業をしてもらおうと思っている。
自分で考えた試験とは言え、
ちょっと面白いので、
今回は僕もこの課題に参戦しようかと思っている。
それと
農園の新人のすーちゃんにも
やってもらいたいね。

日程が詰まっていて
今年の僕は
めちゃくちゃ忙しいけど、
こういうのはたまらなく好きなので、
9月の発表会までに
僕も気合を入れて
課題に取り組もうと思う。
って馬鹿か?やっぱり。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ