P6140641.jpg

昨日は
JA福井市青壮年部の
農業体験イベントだった。
今年は枝豆の栽培。
24名の消費者の方々が参加しての
農業体験イベントで
今年はこれを入れて3回の予定で行う。

昨年まではそばの体験だったが、
今年は大豆。
転作作物への理解促進と言えば
なんだかお役所的だが、
実はこの大豆、
何年も前に
企画してつぶれてしまった企画だった。
今の青壮年部の委員さんの数名が
僕らが4Hクラブに所属していた時の
当時のコアメンバーで、
その時いろいろと保育園と一緒に
年間通した活動を行っていた。
体験田んぼや夏野菜など
いろいろとやった中で、
自分たちの最後の年に当たるころに
ある保育園と一緒に大豆の栽培に挑戦しようと
計画を立てていた。
豆をまくところから始まり
夏には枝豆を楽しみ、
収穫したらそれで豆餅を作ったり
(その保育園は餅つきが大好きだったので)、
味噌教室を開いてみんなで味噌を仕込んだり、
そして2月の節分には
4Hメンバーが鬼に扮して
みんなで栽培した大豆で豆まきをする。
そんな年間を通じた活動計画だった。

だが、その計画は
園側の「忙しいので」という言葉に粉砕されてしまった。
そして、僕らは4Hを卒業し、
あれから何年も経ってから
あの時のコアメンバーがまた
何かの偶然で青壮年部の委員として集まり、
そして今年、
この活動が一部だが動き出した。
味噌作りや豆まきまでやらないが、
枝豆をみんなで楽しむところまでを
今年はやろうと考えている。

炎天下の中での
枝豆の苗の定植は
けっこうしんどい作業だったが
参加してくれた方々は
夏の枝豆の豊作をイメージしながら
「こんなに食べきれるかしら」
と笑いながらの作業で
僕らも楽しかった。

P6140650.jpg

良かったですね、先輩。
僕らのあの頃のアイディアが
またここで花咲くことができて。
今年はこれで楽しみましょうね。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ