野菜をスーパーなどで買われている方は、
野菜の価格が高いなぁ、と
思っているのではないだろうか。

3月と4月上旬は
全国的に雨が多く、
野菜に病気が出たり傷みが出たりして、
この時期豊富にあるはずの
品目が品薄になり価格が高騰しているというのが
その理由だが、
市場には結構野菜が増え始めていて、
農協を通じて卸売に出荷している野菜については
そんなに高値になってはいない。
でもスーパーの野菜の値段は下がらない。
なぜか?

それは先週まで市場価格が
本当に高い時期に
(店頭価格も高かったんだけど)
仲卸やスーパーが損を出す形で(もしくは薄利で)
野菜を店頭に並べていて、
その分、損が出た分を回収しているのが
今週というわけ。
しかも、ゴールデンウィークに入るから、
否が応でも食材への需要は高まるから
この店頭での高値は維持されたままだろうね。

そんでもって、
GW明けはお金を使い果たした市民が
買え控えをするのもわかっていて、
そこで生産量を回復させた野菜が
市場でだぶつき、
価格暴落も目に見えている。
そこでの損も計算に入れての価格なんじゃないかな。

だから、僕らも
今、この時期は逃さず
たとえ手持ちの野菜をすべて出荷してでも
気合を入れて野菜を出荷するノデアリマス。

昔、見学に行った広島の篤農家さんは、
「野菜やろうっちゅうなら、動く時に動ける奴だけが成功する」
と言っていた意味は、
こういう時に感じるね。
だから、僕らの営農は
明日がどんなに忙しいかはわからなくて、
その日の朝に、どっと入ってくる注文で
その日その日が決まっていく。
これが野菜専科でこなしている農家の日常なんだ。

さぁ、今朝は、携帯の電話が鳴りやまないので、
ものすごく忙しくなりそうだ。
世の中の動きがそのままダイレクトで
自分たちの営農にリンクさせているから、
ま、そうなるよな。

今日も頑張ろう!



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ