地元の農林高校が、インドネシアの農林高校と交流事業をしている。これは以前も書いた。
先月まで、インドネシアから2人、高校生が留学に来ていたことも書いた。
で、今回。こちらの農林高校の学生が、インドネシアを訪問することになった。10名ほど。ただし、1週間。つまりは、旅行だ。

そして、僕にインドネシアについてのレクチャー依頼が来た。今日はそのレクチャーの日。

農林高校の学生は素直な子が多い。あちこちで講演してきたから、そう思うのだが、地元の進学校になるほど、学生のたちがわるい。何を話しても反応がほとんど無いからだ。教育現場で正解のみを言い当てる訓練に慣れ親しんでいる度合いが高いほど、学生は無口になる。正解を慎重に探り当てているかのように。だが、ある意味そういう訓練にはなじめなかった農林高校の学生は、すこぶる反応が良い。突拍子も無い方向に話がいってしまう事もあるのだが、こちらの話にいちいち反応してくれるのはうれしい次第。

さて、その農林高校生。インドネシア訪問で何が一番心配か?との問いに、『トイレ』と真っ先に皆が答えた。ほほう、よく知っているじゃないか。トイレ。まさにこれが一番の難関かもしれない。

インドネシアの一般的なトイレには、紙がない。その代わりに、桶がある。水をすくって、それでお尻を流すのだ。しかも左手を添えて。この話をしたとき、学生さん達は一斉に引いた。特に女性は。みなの反応は、ごく自然なものだった。きたない!と。

昔、協力隊で山奥の村に住んでいたとき、僕はトイレの話を村人集めてした事があった。紙で拭いた方が衛生的じゃないか、と。だが、その話を聞いた村人は、農林高校の学生と同じ反応だった。きたない!と。
村人がいうには、『紙で拭くと言うのは、汚物を紙になすりつけているだけできれいになっていない』というものだった。水で洗い流す方が、きれいになる、と言っていた。確かにそうかもしれない。

僕にはもう、どちらがきれいでどちらがきたないのかもよく解らない。ただ、その場所のやり方に自分を合わせるだけなのだ。農林高校の学生さん達は、まさにこれから、自分達の価値観とは明らかに違う場所にゆく。そこではあらゆる価値感が壊されていくはずだ。その中で、自分の価値観のみを強化するのではなく、摂取する柔軟さがほしいと願う。進学校の学生さんよりは、その柔軟さがあるように僕には見えるのだが、さてどうだろうか。
関連記事

確かに

久しぶりに書き込みます。

トイレの話、『紙で拭くと言うのは、汚物を紙になすりつけているだけできれいになっていない』。←自分もインドネシアの村で同じことを言われました(笑)。村人達に、「日本では紙で拭く」と言った途端、「うぇ~!日本人ってきったねぇ~!」って感じで(笑)。

確かに、例えばとんかつソースが手についた時、紙でなすりつけるよりも、水で洗った方が綺麗になるしなぁ…と、ヘンに納得してしまいました(笑)。恐らく村人達にとっては、トイレに関してもそんな感覚なんだろうね。

…って、た~やんさんと同じく長期にわたってインドネシアの村での生活を経験した今では、俺も村人達の感覚に近くなってるけど…(笑)。

よっし~さん
ご無沙汰です。

きれいかきたないかを乗り越えてしまうには、それなりの時間と度胸とルーズさが必要なのだと思います。そういう意味では、僕もよっし~さんもそのすべてをふんだんにもちあわせていましたね(笑)。

またそちらに行くときはよろしくー。

Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ