IMGP2467.jpg

毎週、農園から野菜の詰め合わせを
個人の宅に送っている。
野菜おまかせ便だ。(詳しくはこちらのリンクへ

ちょっと珍しい野菜が入ったりもするので、
時々手におえないとお叱りを受けることもある。
それでも
楽しい食と農のサイクルを
ポジティブに楽しんでもらいたくて、
ついつい変わった野菜も入れてしまう。

前回のおまかせ便もそんな気持ちが
むくむくと起きてきて、
ついついこんな野菜を入れてしまった。

それは、花ズッキーニ。
冒頭の写真にあるように、
ズッキーニの雌花のことだ。
大ぶりの花に詰め物をして揚げて食べるのが
一般的(?)な野菜。

花を食することが
あまり文化として定着していない日本では
珍しいかもしれないが、
ヨーロッパでは一般家庭でも
普通に食卓に上るらしい。

P1090098.jpg

我が家でも
今年はこの花ズッキーニをずいぶんと楽しんだ。
ひき肉やチーズ、ハムなどいろんなものを
詰め込んで揚げて食べた。
花びらの食感がとても新鮮で、
それが癖になる、そんな野菜だった。

ズッキーニは夏のイメージが強いが
実は暑さにあまり強くない。
暑さが本格的になる7月には、
ほとんど収穫できなくなってしまうのだ。
だから、この花ズッキーニも
初夏だけの楽しみといえよう。

さて、この野菜をおまかせ便に入れたら
またお叱りを受けるだろうか、と思っていたら
意外にも楽しめたという連絡を
いくつかいただいた。
レストランでしか食べたことなかった野菜を
気軽に家で調理できて楽しかったそうだ。
食卓が華やいだ、とか
家族で取り合いになった、とか
花ズッキーニ一つで
食卓の場ができたことがうれしかった。

こんなやり取りができるから
僕はおまかせ便のような直販が好きだ。
僕らの農のリズムが
それを食べてくれる人たちの
日々の食卓のリズムにつながる。
もちろん嫌いな野菜や
調理しにくい場合は、食べてくれる人には
がっかりさせてしまうかもしれない。
なるべく、それは避けるよう努力していこうと思うが、
季節によってその野菜が育つリズムがあるので、
人様の好みではなかなかうまい具合にはいかない。
そんなイレギュラーも楽しめるような
おまかせ便の関係だと素敵なんだけどな。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ