IMGP2449.jpg

立夏を過ぎ、
暑さを感じる日が多くなってきた。
いよいよ農繁期。
この時期になると、一つ作業が増える。
それは農薬散布。

農薬散布というと、もうそれだけで「悪」というイメージで
語られてしまうのが、僕ら農業者としても
とても残念でならない。
減農薬なんて言葉も、
その農薬を減らした方が良いという
とても安易な発想からきた言葉で
それは僕らの実情とまったく合わない。

農園では、できる限り微生物を主体とした農薬、
もしくは天敵、だけでなく、名前も知らないただの虫にも
影響の少ない農薬を利用している。
話題のネオニコチノイド系薬剤も
使っているが、ミツバチの問題で
一括にくくられて悪者にされているが
農園で使っている薬剤はアセタミプリドやチアクロプリドなど
問題視されているイミダクプリドといった
原体から比べたら数百倍ミツバチに影響がないものを
使用している。ということはまた別の機会で
説明しようか。
さて、この写真の農薬も微生物農薬で
僕の主力農薬の一つ。
アブラムシに効く農薬で、
アブラムシの体に菌糸がまとわりつき
白っぽいカビになって殺すというもの。
冬虫夏草みたいなものと言ったら
ちょっと飛躍しすぎるだろうか。
もちろん僕らの体には侵入しないので
ご安心ください。

さて、この農薬は
アブラムシの体に菌が寄生しなければ
効かない。
だから、これを散布するときは、
ハウス内の湿度や温度なんかも気を付けないといけない。
一回では寄生しにくいので、
3週連続で使ったりもするため
回数も当然増える。
減農薬とは言えない状況だね。
何をどう減らすなんて、
僕ら農家の現場で
農薬の中身を議論すれば
そもそも多いか少ないかなんて
意味がないのだ。

しかし、
誰がこの名前を付けたんだろう。
「ゴッツA」。
JAに電話で注文するたびに
真面目に
「ごっつえーください」というと
受け付けた女性が必ず
クスッと笑うこの名前。
言い難いったら、ありゃしない。
もしかしたらこれを名づけた人は
今の農薬の議論そのものを
バカにしているのかもしれない。
だとしたら僕も同感だな。
でも、ちょっと他では言い難い名前、
何とかならないだろうか?


関連記事

売れ筋につき、仕方ないもよう

「まいとこーね」「あにき」などなどマシな方で水田用除草剤なんか
ネットでよくネタにされてますが、あれで売れ方が違うと言う手応えが
あるそうですよ(農薬メーカー複数社から聞いた話)。

名前で売れたというのは農薬だけじゃない(観葉植物の「金のなる木」とか)ので、しょうがないといえばしょうがないですね。

でも、昔の名前もすごいですよ。有機リン系の「デス」なんて今では考えられない名前。(^^;)

Re: 売れ筋につき、仕方ないもよう

Sekizukaさん、やっぱり名前で売れ方違うんですね。
野菜などの品種もそうですよね。
ただ、もう少し言い易い名前がいいです。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ