P1080657.jpg

今日、クスワントが帰国する。
2011年4月に来日した彼は、
3年間の研修を終え、インドネシアに帰る。

4人目の研修生として来園した時は、
すでにある程度研修プログラムの中身や
学習のプロセスについて、
僕自身もしっかりと準備できていた。
それまでの3年の積み重ねの中で
研修生に必要だと思われる学習や
その習得に必要なツールや手法、組織も
この時までには出来上がっていた。

だが、
その研修自体を批判したのはクスワントだった。
彼は「研修」にやってきたのに
昼休みや休憩時間などに座学や学習するプログラムが
あることに疑問を呈してきたのだった。
これには「研修」にまつわる意識の違いがあろう。

インドネシアでは日本での「研修」は
Magang(マガン)と呼ばれている。
辞書には研修という意味で乗っているが、
社会通念的な認識では、「日本への出稼ぎ」という意味で
使われることが多い。
僕も当初はこの意識が醸成されている
日本の技能実習制度を強く批判する立場だった。
いや、今もそうだと思ってやっている。
なので、ここに来る研修生たちは、
その募集の段階で「Magang」への参加を
意識していて、
それが出稼ぎである以上は、
そこに座学や宿題やレポートなどの学習プロセスが
盛り込まれていることは
余計な労働に感じるのだろう。

クスワント以前にやってきた
研修生たちもある程度そういう意識はあったかもしれない。
だが、一緒に研修を作り上げていく中で、
たとえば一期生のヘンドラだと
座学をいつやるのか、何回くらいするかなど
話し合いながら作ってきたので、
そのプロセスの中で
研修(Magang)=出稼ぎは崩れていった。

タタンの頃になると
研修が労働ではないということ、
またみんなで学ぶんだという意識を明確にするために、
農園が座学を用意するのではなく、
耕志の会という任意団体を研修生と僕とで作り、
そこにみんなでお金を出し合って
座学や見学の予算にした。
一方的に学びを与えるのではなく、
僕らみんなで学ぶんだという意識も
この時から生まれてきた。
これらの変化も1期生から3期生のいる時に
みんなで決めた。

だから4期生のクスワントは
そのプロセスをまったく知らないまま
僕らの研修プログラムに参加したことになる。
その彼から見て、僕らの研修は、
座学など余計な学習が多く、
他の研修生のように自由ではない、
と感じてしまったのだろう。

座学や見学にかかわる経費を
みんなで支出し合うという学びの場も
彼にはなかなかなじめなかったのだろう。
彼は、
「事前にそういう説明を受けていません」と
反発していた。
その反発は、
僕にとってもかなりショックだったし、
僕らはとても動揺した。
でもその反発は、
僕らにとってもいい勉強になった。

彼には時間を多く費やして
僕たちのここに至ったプロセスを説明し、
最終的にはそれの良き理解者になってくれた。
賛同してからは、
授業の参加も積極的になり、
僕らは深い議論ができる関係になった。
ちなみに今は、募集段階から
ここの研修の特殊性を前面に出して説明するようにしているので
その部分でのミスコミュニケーションはない。

さて
クスワントは、当初、誰もがその道を通るように
トウガラシ栽培を帰国後のビジネスとして
プランニングしていた。
だが、みんながやるようなビジネスでは、
特殊な栽培技術がない限り、
とても競争に勝てない。
あれこれと栽培技術に特化して
考えてくれたが、
これでは未来があまりないと思ったのか、
この計画は断念していた。
ただ、複合的な経営の中で
トウガラシ栽培はありだと思っていたようで、
フレキシブルにその栽培には取り組んでいきたいとのことだった。

さて、次に考えたのがアグロフォレストリーだった。
林業と農業の複合型で、
南米で結構流行っているスタイルだ。
僕自身はこれを否定的には考えていないので、
とても面白いと思っていたが、
現実的にどう販売につなげていくかのところで
彼は行き詰ってしまっていた。
そうして2年の後半に差し掛かる頃には、
香辛料のクローブ栽培に特化し始め、
3年生の卒業研究もそのクローブの流通を題材にした。
この研究発表は、本当に素晴らしかった。

座学や学習の機会に疑問を呈した彼が、
最終的に素晴らしい成果を修めて
研修を修了したことが、僕にはとても感慨深かった。

帰国後はクローブ栽培だけでなく、
野菜(特にトウガラシ)にも力を入れていきたいと
語ってくれたクスワントは、とても自信に満ちていた。
そして、それ以上に彼が素晴らしかったのは、
言葉だけでなく、実際に質素な生活に耐え、
それで貯めたお金で研修1年目の時から
土地を少しずつ買い、生産基盤を整えてきたということだった。
帰国を控えて、彼にインタビューをしたときには、
すでにそれなりの経営基盤があることを説明してくれた。

彼は来る前から、
とても評価の高い新人だった。
そして、その評価にたがわない活躍をした。
もちろんそれは彼の能力に違いないのだが、
僕は彼の成長を邪魔することなく、
研修を終えることができたことに
とてもホッとしている。

当然、帰国後も活躍することは分かっているが、
きっとその想像以上に
僕をもっと驚かしてくれるに違いない。
別れはとても悲しいが、
彼の旅立ちは、僕にとっても楽しみの一つなのである。






関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ