今週末からインドネシア出張の予定だ。
研修卒業生のサイトを回って、
帰国から現状までのプロセスを
インタビューして回るつもりでいる。
また2015年に僕ら主催で
研修卒業生の村々を見学していく
スタディーツアーを企画していて、
そのための下見と、関係機関への協力要請も
今回の出張に含まれている。

さて、この出張に際して、
現在研修を受けているインドネシアの子たちと
一緒にビデオレターを作成した。
それぞれの近親者にあてたものじゃない。
それは卒業生たちにあてたビデオレターだ。

研修生それぞれは、
いつも迷いながらここ日本・福井で研修を続けている。
あまりにも違う環境と社会、
そして農業技術とその方向性の中で、
一体、これがどう役に立つのだろうか?と
不安に陥ることも少なくない。
僕の座学では技術なんて教えないし、
明確な方向も示さないで多様な考え方の提示ばかりだ。
そんな状況で彼らは卒業後の未来を直視させられ、
3年間も自分の夢を構築し続ける。
だから彼らは(特に研修1年生)いつも迷子のように、
自分の進むべき道はあっちかこっちかと
汗かきべそかき右往左往する。

そんな彼らが、
帰国して活躍しつつある(しようとして足掻いている)
卒業生たちに、ここでの研修で大切なことを
再確認したくて、
ここでつかんだ何かがどう役に立つのか、
それを知りたくて、
みんなで卒業生宛にビデオレターを作ってみた。

彼らのビデオレターでの質問は、
とてもシンプルだった。
ここで勉強した何が役に立ったのか?
ここにいる間にやっておけばよかったと思ったことは?
帰国した時、地元の風景は違って見えるのか?
また日本で勉強したいか?

個人的な悩みや問いもあった。
市場へのアクセスはどうすればいいのか?
資金はどうすればいいか?

住民のリーダーになった卒業生には、
どうすればみんなから信用を得られるのか?
住民の協力を得るには?
などの質問もあった。

これを携えて、
僕は卒業生の村々を訪ねようと思う。
本当は僕自身も
研修なんて偉そうなことをやっているが
いつも不安ばかりで、
こんなことをやっていても
はたしてどれだけの意味があるのだろうか?と
常に迷っている。
研修生の態度や言葉に心折れそうになることもある。
このビデオレターは、
ある意味、そんな僕のためでもある。

研修から離れて久しい卒業生が
冷静にそれらの質問に答えてくれるだろう。
その研修に対する眼差しが、
また僕らの明日を創っていってくれることを
僕は期待している。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ