「鳥の眼で考える」のその後。
上空からその地形を見ながら、
地域の農業を解釈するという訓練。
これが結構むずかしい。

2年生のカダルスマン君のプレゼンでも
前回のイラ君やジャジャン君のように
その自然的要因のみに囚われ、
そこから派生する自分の疑問に
答えが無いままになっていた。
上空から見ることで、
自分の囚われている常識から離れ、
なぜそこでそれを栽培しているのか、
なぜそこではそんな栽培法なのか、
と素直な疑問が浮かんでくることも多々あるのだが、
その疑問に耳を貸さないから(問いが立たないから)、
先に進めなくなっている感じだろう。

それを事例として打ち砕いてくれたのが、
やはり3年生のクスワント君。
僕が彼らとの座学でわくわくするのは、
それぞれの子が3年生の時には
それなりの成果あるプレゼンをする時だ。
今回は、クスワント君が見せてくれた。

彼の地域は山裾に位置するが、
これといった水源が無い。
なので、米は雨季の1回のみで、
後は、トウモロコシとサツマイモと
比較的雨が少なくても出来る作物を栽培し
生活している。
山間の狭い田んぼと水の無い地域は、
どこも貧しい。
彼の地域もそうだった。
山向こうでは、住民の生活林を切り開いて
たばこ栽培が盛んだった。
1年生のジャジャン君の地域もそこにあるのが余談。
だから、彼の村でも同じように、
生活林を開墾して農家グループを作って、
たばこで営農していたこともあったらしい。
クスワント君がプレゼンしてくれた
サテライト画像では、裏山の斜面に草地が広がっていたが、
そこがもともとはたばこ畑だったらしい。
「だったらしい」というのも、
今ではたばこ栽培は行われていない。
それは、彼の地域では雨が少なすぎること、
その畑で大規模な土壌流出が起こったこと、
そして良い品質のたばこがつくれなかったこと
などが原因で、今ではたばこ畑は
放置されているとのことだった。

彼は鳥の眼で自分の地域を見た時に、
その水の無い広大な斜面の畑が
地域のポテンシャルに見えてきたという。
山間の村なので、広い田畑は望めない。
水は無くとも、広い畑があるというだけで
そこには可能性があるように見えた。
そしてその畑から山の裏側に道が通じていて、
そこから比較的早く大きめの市場につながることもできる。
山の裏側からは、トラックも入ることが出来る。
そんな地形を眺めていた彼は、
ドラゴンフルーツなどの
水が少なくても栽培できる品目で
やっていけるのではないかと思うようになったらしい。
もともと香辛料の丁子栽培を帰国後に考えている彼だが、
丁子は肥沃な土地を好むため、
その土地は適さない。
でもドラゴンフルーツならば
やっていけるかもしれないとプレゼンを締めくくってくれた。

実際にそれが可能かどうかは
これから考えればいい。
大事なのは、そこにある疑問に気が付くことだろう
(問いが立つということ)。
ダメな土地として捨て去られた場所が、
再びポテンシャルを秘めた土地に見えてくる。
鳥の眼で考えることは、
僕らの常識を打ち破り、新しい農業の可能性を
僕らに示してくれるのだ。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ