今年ももうすぐ暮れる。
ということで、気忙しいが、
今年を振り返ってみようか。
恒例の10大ニュース。

10位:初ニューズレター発行。
インドネシア農業研修プログラムの卒業生を
支援する会『耕志の会』のニューズレターを
ようやく今年から発行。
今年は忙しい中、3回発行。
卒業生や研修の様子をもっと多くの人に
伝えられたら、と思う。

9位:高志ミドリクラブを抜ける。
若手農業者が集う会(4Hクラブ)を今年抜けた。
協力隊から帰国した翌年(2001年)から
このクラブに所属していた。
入って間もないころは、ずいぶん周りからも
嫌われていたようにも思う。
名指しで罵声を浴びたり、
ケンカもした。
まぁ、喧嘩を売っていたんだから
しょうがないか。
いろんな経緯があって、2008年に
クラブのみんなと保育園とで体験田んぼを主催した。
人が協働して楽しい空間と時間を作り出すマジックを
協力隊以来、僕は再び体験した。
それに合わせて自分や他人も
成長するような時間。
この活動から、僕は多くのことを学んだ。
クラブの皆さん、
生意気でビックマウスの僕を
受け入れてくれてありがとう。
本当にお世話になりました。

8位:講演・ワークショップ・シンポジウムに出る。
今年は国際協力関係のワークショップで
話をする機会をそれなりに頂いたような気がする。
協力隊経験を話すのではなく、
今やっている研修プログラムや
地域づくりに関する話で、有意義な意見交換が出来た。
来年もいろんな方とディスカッションできたら
素敵だなぁ。

7位:インドネシア新研修生(5期生)来日。
今年2月、新研修生が来日。
今年は2名。
農園の諸事情やタンジュンサリ農業高校からの
強い要望で、一度2名の受け入れをしてみることにした。
そして、その2名に、イラ・ソバルナがいた。
彼は2008年に福井農林高校へ交換短期留学で
来日しており、その時に僕の研修を目の当たりにした。
彼が短期留学を終えて帰る時に、
「僕も田谷さんの研修に参加したいです」と
言っていたのを覚えている。
そして、研修参加可能な年齢になった彼は、
仕事を辞めて、この研修に参加してきた。
こういう巡り合わせは楽しいが、
それ以上に重い責任も感じる。
一層、充実した研修を創り上げていこうと思う。

6位:イルファン(2期生)帰国。
インドネシア研修生の2期生イルファンが、
4月に無事研修を終え、帰国。
最後の1年でぐっと成長したイルファン。
そして、今いる研修生の中でも
最も苦労人のイルファン。
帰国しても、日常に埋没することなく、
ここで語り合った夢に向かっていってほしい。

5位:たくさんの方が農園を来園。
今年はお客さんが多かった。
9月から11月までは、毎週途切れることなく、
誰かは見学にやってきた。
レストランのシェフや
野菜を買っていただいている方だけでなく、
農業や国際協力に興味がある大学生、
それらを研究している大学の先生、
放送部の大会で僕を取材したいと来た高校生たち、
公民館の講座で環境を学んでいる方々、
海外で活躍している国際協力実践者、
地域づくりで実績のある方々、
果てには、
インドネシア大使館の農業担当官や
JICA理事までも来園。
さらに、どういう伝手だったのか、
アメリカ国務省の方までも!?
とにかくお客さんが多かった1年。
来年も沢山の人が農園に遊びに来てくれますように。

4位:勉強会の主催。
農業や地域づくりに関心のある方を集めての勉強会。
毎週、1人ずつ持ち回りで読んだ本を発表する
ゼミ形式の勉強会。
今年は33回開催。結構やったのね。
酒なし、飯なしの勉強会。
こんなタフな勉強会に来る連中は、
本当にモティベーションが高いと思う。
こういう連中が、次の時代を創るんだと、
僕は確信している。
来年も農業や地域について熱い議論を重ねられたらと思う。

3位:娘、小学校へ入学。
ある意味、これが1位でも良い。
なぜなら自分の生活サイクルが随分と変化したからだ。
保育園のようにゆっくり登園&
夜遅くお迎えなんて出来ないからだ。
保育園は、こちらの生活に合わせて保育、といった感じだったが、
学校は、学校の時間に合わせて生活を変える、
といった印象。
そして、小学校に入ると娘は一気に
「小さなお母さん」になった。
休肝日にビールを飲むと怒るし、
お手伝いをしてくれる機会も増えた。
物分りもずいぶんと良くなった。
たぶん、いろんなことを我慢しているのかもしれないな。
1人のしっかりした人間として認め、彼女に合わせて
自分の生活も変えないといけないな、と思った1年。

2位:妻の海外出張。
娘も小学校に入って、しっかりしてきたこともあり、
妻の出張も徐々にだが増えている。
それで良いと思う。
彼女と結婚するときに、妻の周りの方々から、
「小國を福井に閉じ込めるようなことをするな」と
くぎを刺されたことを僕はまだ覚えている。
彼女でなければいけない仕事がある。
だから、結婚や出産でその機会が失われてしまってはいけない。
今年、短期だったが彼女が単独で久しぶりに
海外に調査に出かけた。
来年もそういう機会が増えると思う。

1位:協力隊OBの農園就職。
ボリビアに協力隊で行っていた佐藤くんが、
4月から農園で働くことになった。
協力隊帰国者に出していた求人を見て、
東京から福井に来てくれた。
常々、協力隊経験者を
この地域に埋め込んでいきたいと思っていたので
彼の就職は嬉しかった。
昨年、農園に来てくれた大西君も
今年はずいぶんと充実していたように思う。
本当に優秀な人材が揃ってきたように思う。
それぞれの想いをここで一緒に花咲かせられれば、
素敵だな。


スペシャル版:JICA理事長賞を受賞!
地元の福井農林高校と
インドネシアのタンジュンサリ農業高校の
交流のお手伝いや、
タンジュンサリ農業高校の卒業生対象の
農業研修事業、
また地域づくり活動が認められ、
今年、とても大きな賞を頂いた。
これは以前のエントリーでも書いたが、
本当にいろんな偶然とそれをつなぎ合わせてくれた
周りの皆さんのおかげだと思っている。
本当にありがとうございました。


だんだん10大ニュースでは
まとめられない1年になっている。
それだけ充実しているんだろうけど、
それだけ忙しくもなっている。
来年はどんな年になるのだろうか?

今年も1年、ブログに付き合っていただき
ありがとうございました。
コメントのレスもあまりできませんが、
気が向いたら、
エントリーに突っ込みを入れてくださいませ。
では、良いお年をお迎えください。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ