油断をするとすぐにたまるのが、
勉強会の記録。
11月21日の記録をしよう。
発表者は、
三国のジェラート屋カルナの店長でもある大和。
プレゼンの本はこれ。
「新しい農業の風はモクモクからやって来る」。

伊賀のモクモクファームの本。
農業をエンターテイメントまで引き上げて、
体験と加工品やレストランなどのサービスで
一歩も二歩も先をゆくモクモクファーム。
その始まりは、豚肉ブランドづくりと
それに付随した加工からだったようだ。

農産物のブランディング化から
いつしかエンターテイメントとしての農業、
つまり農業全体を消費物として
提供するサービスに変わっていくのが個人的には面白い。
6次産業化の旗手と言われるが、
1次産業を産業化せず、
それを土台に2次3次で稼ぐ形態という事だろう。
なんだかどっかの「農協」みたい、
と切り捨てるのは、僕がひねくれているからか?

大和のプレゼンで面白かったのは、
非農家スタッフが「農業」をサービスに再生産し直し、
一般の人たちが「楽しい」と思うモノとして
提供できているところが、モクモクの強みとしたところだろうか。
僕ら農家は、どうしても農業の辛さやきつさは
良く知っているが、この仕事のどこに一般の人が共感するような
「楽しさ」があるのかは皆目見当もつかない。
その「皆目見当もつかない」ところに、
ビジネスチャンスがあるというわけか。

さて、今回の勉強会では、
すでに加工を手掛けている富津の吉村くんも参加。
彼はサツマイモのペーストを作っているのだが、
それはあくまでも
「メインのイモ販売につなげるため」とのことだ。
一次産業の延長上での加工というわけか。
餅は餅屋とも昔から言われる中で、
農業の6次産業化が声高に叫ばれている。
原料となる農産物を作っていても、
以前、勉強会でも取り上げたとおり、
日本では規模の壁と人件費などの高コストに苛まれて、
それだけではとても競争には勝てない時代になっている。
だから2次産業・3次産業を取り込んだ6次産業なんだろう。
ただ安易な6次化は、
僕らの立ち位置すらも失うことになりかねない。
決断にスピードが必要なこの時代で、
僕らはころころ変わるトレンドと政策に翻弄されながら、
6次化を見つめている。

まぁ、どう生きたいか、そこがしっかりとあれば、
そういう声で心が揺らぐこともないのだろうけどね。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ