先週から今週まで、変則的な日程で通訳をする。
インドネシアのタンジュンサリ農業高校の一団が、
福井農林高校を訪問するに合わせて、
僕が通訳を務めた。
僕にとっても、大切な地元での活動の一つ。
僕に地元で活動するきっかけをくれた、
いわば原点と言って良い活動。

今回は、タンジュンサリ農業高校の一団は、
1週間だけ福農に滞在した。
これまでは、引率の先生は数日だったが、
学生は3か月滞在していた。
その変更の話はまた、別の機会に記録しよう。
とにもかくにも
今回は1週間だった。

さて、2009年から隔年でお互いを訪問し合っているのだが、
今回はその成果がとても見て取れた。
前年(2011年)にインドネシアに訪問した
学生が主体となった寮の歓迎式。
太鼓などの芸能に触れる時間もあり、
数年前とは全く違う交流のように見えた。
タンジュンサリの一団もただ福農側の
日程についていくだけでなく、
いろいろな共同作業できそうなツールを
いくつも用意していた。

言葉の面では、常に僕が通訳でいたわけではないので、
いろいろと苦労があったようだ。
余談だが、先生たちの泊まった宿泊所の
お湯の出し方が解らず、
2日間は冷水でシャワーを浴びていたらしい。
3日目はあまりに寒くて、シャワーを断念。
いろんな操作を試みたところ、
4日目で温水の出し方が分かったのだとか。

そんな苦労をお互いしながらも、
言葉を超えた交流があったように思う。
特に若い学生たちには。

前回まではまったく見られなかったのだが、
今回は、一団が来校した時に
有志の生徒たちが沢山出てきて出迎えてくれた。
出発の時も、寸時も惜しむように
学生たちが通じないながらも会話をしていたのが
ほほえましかった。
特に前回タンジュンサリ農業高校を訪れた
芸能部と生徒会の生徒が中心となった
交流の盛り上げは、本当に良かった。
こういう主体性をもった若者が
沢山福井に居たら、これらかの僕らの地域の未来は明るい。

こうした主体性に支えられた交流は、
両校のそれぞれの生徒の心に、
いろんな種を播いたことだろう。
それはもちろん国際協力と言う道への種かもしれないし、
そうじゃないそれぞれの分野で小さく咲かす花かもしれない。

訪問団のあちらの先生が、
「十数年前にも、福農に来たがその時は、日本の食べ物なんて食べられなかった。でも交流が始まってから、よく日本を意識するようになり、インドネシアに居ても日本食をたまに食べてみたり、日本の文化を学ぶようになった。そんなこともあってか、今回は日本で食べた食事はどれも美味しかったです」と
福井を出発する前の懇談で話していた。
それは学生間にもみられる。
10年前の交流では、どこかよそよそしさがあり、
間に入る先生が苦労していた。
太鼓などの芸能も、留学生はやりたいと言っていたのだが、
あまり快く受け入れられていなかった。
学校主導の交流と言う感じが消えず、
それもどこか業務として「こなしている」感の
残る場合もあった。

だが、この10年の交流で
経験が学生間で、そして先生間で、
また学校に確実に蓄積したのだろう。
いつの間にか、よそよそしさは無くなり、
主体性を感じられる交流となっていた。
こういう活動に係らせていただいていることに
感謝しつつ、次の10年はさらなる進化を
出来るように、僕も微力ながら尽力していきたい。
そう思えた、今回の交流事業だった。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ