羽水高校の放送部の取材を受ける。
なんでも放送コンペ用の番組で、
僕を取り上げてくれるそうだ。
なんとも光栄な話。

取材をしたいというので、
ハウスまで来てもらった。
高校生だし、それほど突っ込んだ話もないかな?と
ちょっと高をくくっていたのだが、
そんなことは全くなかった。

僕のブログを読み、
キーワードをしっかりと書き出してのインタビューだったので
こちらも本気モードで応対した。

「田谷さんの言う『農のチカラ』とは何ですか?」
ほう、それを高校生が尋ねるか。
農のチカラとは、
まずは畑や田圃と言った農地を耕すこうした農業と言う
独特の生産様式にある力で、
人々を受け入れる、
コミュニティを形成することのできる
場を提供する力がその一つ。
生産を中心にして、その利用と交流から
コミュニティが発生する。

もう一つは、ほとんどゼロから
エコシステムを最適に利用することで
小さな種から人が絶対必要とされる
食料を生み出す、
いわゆる価値を生み出すことができる力。
共食の我々はさらに食べる行為が、
人々をつなげ、それは文化にまで昇華する。
この二つが、僕が思う農のチカラ。

どこまで理解できたかどうかは不明だが、
インタビュアーたちの表情からは
何か手ごたえを得たような感じだった。

番組が出来れば見せてもらう予定。
さて、どんなものが出来上がるのだろうか。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ