これまでインドネシアの研修の座学は、
昼休みに行っていた。
が、しかし、
今年は研修生が2名来て、4名になり、
その4名のそれぞれの月間レポートを指導していると
今まで通りでは時間が足りなくなってしまった。
そこで、研修生と話し合い、
朝も座学をやろうというはめに・・・。

現在、4名の研修生が居る。
研修3年生は、タタン君。
研修2年生は、クスワント君。
研修1年生は、イラ君とカダルスマン君。

以前も書いたが、月間レポートではそれぞれの帰国後の夢を
明確にし、その夢に向かって課題を設定し、
それを毎月学習してもらう「夢加速式レポート」でやっている。

夢加速式レポート


3年生のタタン君は、多様な果樹栽培を中心とし、
その産物を販売する直売所やレストラン経営に
関心を持っている。

2年生のクスワント君は、林業と果樹と野菜栽培の組み合わせで、
アグロフォレストリー(Wanatani)での営農を目指している。
それに合わせたカフェ経営も少し考えている様子。

と、結構具体的になってきているこの「夢加速式レポート」。
では、4月から本格的に研修入りした1年生はどうか。

イラ君は、僕の主力野菜であるベビーリーフに着目している。
インドネシアでもベビーリーフをやりたいと意気込む。

カダルスマン君は、トウガラシ栽培をしたいと言っていた。
トウガラシは、インドネシアの食卓では無くてはならないモノで、
その消費量が多いことが魅力だと話してくれた。

2,3年生と1年生との間での意識の違いは、すごくはっきりしている。
クスワント君もタタン君も来た当初は、
栽培品目にこだわっていた。
でも、地元の資源を考察する授業や社会的起業の授業などを通して、
また月間レポートでディスカッションしている内に、
資源をどう活かすか、と、
その資源を含めた地元をお客さんにどうプレゼンテーションするか、
という視点で考えるようになってきている。

協力隊の時や留学の時からいつも感じていたことは、
どうしても農家は、「栽培」からスタートしてしまうのだ。
技術的なことも含めて、栽培学的に考えてしまう癖がある。
売ることや食べることからスタートがなかなかきれない。

イラ君のベビーリーフもカダルスマン君のトウガラシも、
今はそれで良いが、
地元の資源にもっと目を向け、
その活用が、ある幸せを提供する種として、
その活用が、ある問題を解決する種として、
それがビジネスとしてやっていける中で、
それぞれの「栽培」であってほしいと僕は思う。

まぁ、それは僕自身にも問われていることだが。


関連記事
Comment

-

管理人の承認後に表示されます
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ