勉強会の記録。
今回記録するのは、福井の米作りのエース・安実くんの発表。
選んだ本は、これ。

松田学 著 「TPP興国論」

これまでもTPPを題材にして発表してくれる人はいたが、
そのほとんどが批判的な本ばかり。
今回安実くんは、個人的には反対とのことだが、
参加する場合の対策も考えて、
肯定的な本書を選んだのだとか。

本書では、これまでの日本は自由貿易の恩恵を受けて
発展してきた経緯が説明されており、
それをより世界的に加速させていこうとするには、
こうした広域の自由貿易圏への参加は不可避だという。

短期的にはさまざまな分野で影響を受けそうだが、
長期的な発展を目指してとの説明にはうなずけた。
たしかに、様々な分野で既得権益化して
効率が悪くなってしまったシステムがたくさんあり
(高度成長期時代にはそれがもっとも効率よかったのだが)、
それらを変えていくには、
こうした広域の貿易圏に身を置く必要があるのかもしれないと感じた。

安実くんも、これは日本を変えるチャンスになる可能性があり、
農業の構造改革のチャンスかもしれないと話してくれた。
それはアメリカ的な規模拡大ではなく、
より日本らしい細やかな営農スタイルの確立という意味で、とのこと。

自分の営農としては、
補助金漬けの体質から脱却し、
付加価値で勝負できる農家になる必要があると
締めくくってくれた。

ありふれた言葉でも、
米作りのエースが言うと意味が重い。


関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ