インドネシア研修生の座学の話。
今回は、IPM(総合防除)の授業で、
その中でも行動的防除について。

行動的防除とは、害虫&害獣の行動をコントロールすることで、
防除とする考え方。
では、それらの行動とは何があるのだろうか。

たぶん、動物学的昆虫学的に詳しく見ると、
害虫も害獣も複雑な社会を持っていたりするのだろうが、
ここでは簡単にコントロールできる次の4つの行動に目を向けたい。

交尾と生殖
食べ物の探索
捕食者からの防衛&逃亡
隠れ家への避難

害虫&害獣のこれらの行動を制御することが出来れば、
圃場での害虫密度をコントロールできる。
では、これらの行動を害虫&害獣はどう知覚して行っているのか。
それは、視覚・聴覚・嗅覚の3つ。

彼女ら彼らの上記の行動中に、
3つの感覚いずれかにうったえることが出来れば、
彼ら彼女らは危険だと誤解したり、メスと間違えたり、混乱したりし、
圃場への侵入を防ぐことができるというのものである。

何か難しく書いたが、
これらはごくありふれたやり方で、
通常、多く農家が取り入れている。
田んぼの「かかし」は、鳥の視覚に危険だと訴えているし、
ネズミ取りのかごの設置は、捕食行動を利用している。
圃場の周りを除草するのは、
避難場所を取り除くためでもある。

もう少し専門的なものとしては、
黄色蛍光灯を利用して、オオタバコガの視覚に訴え、
産卵場所を知覚できなくする方法や、
銀マルチや銀シートを利用して、
アブラムシの視覚に訴え、どこに作物があるのか解らなくして、
飛来を防ぐ方法などもある。

うちの農園でも、
ハスモンヨトウやコナガ等は、
フェロモントラップを利用して、メスの出すフェロモンを利用して、
オスを生け捕りにしたり、
逆に、メスの出すフェロモンを邪魔する匂いを圃場にぶら下げ、
オスとメスが出会えなくしたりもしている。

インドネシアだけでなく、
日本でも誤解している人たちがいるのだが、
行動的防除は、その対象となる作物において、
主たる防除標的をはっきりさせないと効果は無い。
そしてその防除標的の行動をしっかりと把握し、
その行動にあった設置を心がけないと、
ただ「効くから」といって、圃場にそれらの資材を設置しても
ほとんど効果は無いのだ。
そして、主たる防除標的は、地域差もあることを
忘れてはならない。
防除標的を決定し、彼女ら彼らの4つ行動を把握し、
それがどの知覚(3つの知覚)で判断されいるかを知り、
その行動に合わせて、その知覚にあった資材を設置すれば、
かなりの効果を得られるだろう。

インドネシアの研修生の子たちには、
次のような宿題を出した。
帰国後に植えたいと思っている作物を一つ決め、
その作物の主たる防除標的を決めなさい。
そしてその防除標的の4つの行動と知覚を説明し、
それに合わせた資材を選択し、圃場にどう設置するのかを
デザインしてみなさい、という宿題。

効果の派手な防除法じゃないが、
この防除法のロジックをしっかりと理解し実践することが、
総合防除の成功のカギでもあるのだ。


関連記事

分からないなりに
楽しくブログ
読ませてもらってます。

つまり
ターゲットを絞れ!
そして知れ!

みたいなことかしら?

それって
人生にも
必要かもしれない。


何故か害虫防除の話を
人生に重ねてしまいました。

あは(((^^;)

Re: タイトルなし

解り難いと周りから酷評を受けているブログですが、
楽しんでもらえたら嬉しいです!

ウレシラさん言うように
防除も人生も良く似ているのかもしれませんね。

目的をもって、
それを乗り越えるために必要な行動をする。

簡単そうで、
とても難しいですよね。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ