昨日のことだが、図書館でなつかしいものを発見した。
それは僕が幼少の頃に読んだ記憶がある絵本だった。
セリフの無い紙の分厚い絵本。いろいろな車が子供の好きな果物やお菓子を運んできてくれて、最後に『お誕生日おめでとう』と書かれた絵本。

その絵本、表紙を見てもぜんぜん思い出さなかったのだけど、ページをめくるとあざやかに記憶がよみがえってきた。そうそう、母親がよく読んでくれたっけ。で、その絵本を借りてくる。

その夜、カンボジアに居た頃によく歌って聞かせた音楽が出る絵本をひさしぶりに娘のために出してきた。カンボジアに居た頃の娘は、その歌にそれほどの反応を示さなかったのだが、昨晩は違っていた。僕と妻がお気に入りの歌では、最後に『ラッタッタ』とはいるのだが、なんと娘、音楽に合わせて『タッタッタ』と歌うではないか!

反応がないように思えても、実は本人としては反応していたのかもしれない。覚えていないだろう、とこっちが勝手に思っていることでも、実はよく覚えているのかもしれない。ただ普段は、記憶の奥底にあって思い出さないだけなのかも。僕が借りてきた絵本もそうだ。いろんな事を娘は、僕や妻の常識ではわからないところで吸収しているのだろう。そんなことに感動した夜だった。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ