P1010751.jpg


毎週、野菜を個人宅に全国発送している。
『野菜おまかせ便』という名を付けて。
どの野菜がほしいか、という注文は一切聞いていない。
こちらで採れる旬の野菜を8~10種類チョイスして、
送料&税込で3,000円なり。

詳しくはこちら(http://www.facebook.com/nouentaya

使いにくいという人もあれば、
びっくり箱のようだ、と楽しんでくれる人もいる。
僕自身、損した、とだけは絶対思わせない内容で
送っている自負もある。

さて、今週送ったおまかせ便に
カリフラワーとフェンネルの葉が入っている。
それをうちではどう使っているかを紹介しておこう。

カリフラワーとフェンネルのサラダ。
カレー粉をまぶして、マヨネーズで味付け。
カレーとフェンネルは相性がいいので、
この食べ方は、とても気に入っている。

妻よ、
詳しいレシピをコメントにお願いね。

関連記事

カリフラワーと卵のフェンネル風味サラダ

とうとうお任せ便にフェンネルの葉っぱが「おまけ」で入りましたね~。
我が家ではフェンネルは万能選手になりつつあります。でも、食べ応えがあるのはやっぱり根元の部分(なんていうの?)。知られてないから入れにくいみたいですけど。
葉っぱだけだと、バジルやディルみたいな使い方をしてます。パスタソースに混ぜたりカルパッチョとあわせたり、細かく刻んでドレッシングにしたり。
すぐに使わないならそのまま袋に入れて冷凍しておいて、トマトソースなど作ったときに冷凍のまま細かく切るか折って使うと便利ですよ。

で、写真のサラダ。忙しかったので超手抜き。書くのもはずかしい・・・。
あ、でもお任せ便の紅芯大根を使ったバーニャカウダ風の一品も同時にできます。

カリフラワーとたまごとにんにくのかたまり数個をいっしょくたに水から塩茹で。うちは、フェンネルの根元部分のかたくて白いとこも一緒にゆでました。
ゆだったら、一口大にして、マヨネーズ、ヨーグルト、カレー粉、生のまま細かく刻んだフェンネルの葉っぱと茎をまぜてできあがり。

にんにくのかたまりのほうは、サラダには混ぜずに、つぶしてオリーブオイルとアンチョビソースと黒コショウとほんの少しのマヨネーズを混ぜてチンして「なんちゃってバーニャカウダ風ソース」をつくり、スティック大根と。うちでは「パープル大根」でやりましたが、お任せ便にきれいなピンクの紅芯大根が入ってたので、ぜひそれをスティックにしてみてください。いまの大根を生で食べる場合、少し水にさらしておくほうが食べやすいです。真冬になると、なーんも考えないで切りながらかじっても甘いんですけどね。

あ、ごんぼが目玉なのに・・・ごんぼの話はまた次に。これも万能です(にやり)。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ