P1010715.jpg

金曜日に、武生東高校で講義。
青年海外協力隊経験者が6人ほど集まり、
それぞれのクラスに分かれて、体験談を話すというもの。
武生東高校では、異文化理解の授業に
多くの時間を割いているようで、
この講義もその一環。

いろいろと事前の準備を生徒がしており、
インドネシアに対しての質問や
協力隊の質問が、2週間も前から僕の手元に届いていた。
それをもとに、僕なりに今回の講義の内容を決めたのだが、
題目は
「異文化理解と国際協力」。
毎回、講演ごとにその内容のテーマを3つに絞っている。
今回も3つあった。

①異文化理解って何を理解することなの?
②国際協力って何?
③異文化理解の果てにあるものとは?

この3つの問いに答えるように
僕の経験談が続いていき、最後にこの答えがみんなで
共有できれば、と思ってやっている。
初めに、何を話すかを言っておくので、
このやり方だと、聞いている方も集中しやすいし、
やる方も楽。

長くなるので、講義の内容は割愛しよう。
聴きたい方は、講師として呼んでくだされば、
スケジュールに余裕さえあれば、どこにでも行きます。

さて、
この3つのテーマ(問い?)の答えは、
それぞれが感じてもらえればいい。
僕は、異文化理解とは、その視点で地元を見直せば、
そこに地域変容の大きなダイナミクスが存在すると思っている。
海外に飛び出すのが目的じゃない。
その飛び出した行動力と、培った視点で、
生活としてかかわり続ける場に、
変容をもたらす存在になることが
その主題ではないかと感じている。

異文化理解は
オモシロ人類学じゃなく、
その視点で、自分や地域の常識を疑えるようなれば、
文化と地域の面白い化学変化を目の当たりにできるだろう。
という、そういうお話をした。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ