今、考えていることがある。
家族内ではおおむね同意を得られているのだが、それをすることに一体どういう意味があるのか、自分でもまだはっきりとはしていない。ただ、自分が動けないのなら、自分のフィールドで出来ることは無いだろうか、と考えてのことである。それは『研修施設』。

研修施設と言っても、1人や2人が寝泊りできる場所を確保するだけのもの。日本人を対象とするつもりはあまりない。出来ればインドネシアとのかかわりをつなげていければ、と考えている。

ただ、この『研修』という言葉が曲者だ。僕と父と母とでは、研修という言葉の持つ意味が微妙に違っていたりもする。だから研修に対して、総論賛成・各論反対といった状態でもある。僕の県にも、研修という名の安い労働力が海外から入ってきている。それらと同じに見られるのは嫌だし、そもそも僕自身に、人を招いてまで何か伝えられることはあるのだろうか、と不安にもなる。民際交流なんて掲げて、自己満足にひたる趣味もない。だからなのか、以前から暖めていることなのだが、今ひとつ踏み出せない。

今日も父と母と僕とで、微妙な言葉の意味を埋めあわないまま、堂々巡りの議論をしていた。こういう日は、なんとなしにけだるい。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ