FC2ブログ
人は、急激に成長する時期がある。
それは研修3年生のイルファン。
ここ最近、彼の学力・実技ともに急成長を見せている。

研修3年生は、卒業研究を行うことになっており、
イルファンは、ハダニの天敵防除をテーマに選んでいた。
薬物に頼らない、環境に配慮した防除で、
かつ抵抗性が生まれにくく、リサージェンスを起こしにくい、
そんな防除法を彼は模索している。
試験栽培では、パプリカを使用し、
そこにつくハダニを、
薬剤防除・天敵防除・無処理の3区に分けて
比較検討するというもの。
5月から栽培が開始され、ぼつぼつとだが
試験栽培のパプリカも収穫され始めた。
それはもう立派なパプリカ。
どの試験区のパプリカも大きくて美味しそうで、
近年、まれにみる出来で、
栽培は大成功といっても良いだろう。
だが、彼が目的としている防除の試験としてしては
そう、今のところ、上手くいっていない。

なぜかって?
そりゃぁ、ハダニが発生しないし、そのほかの病気や害虫も出ない。
害虫が出なきゃ、防除することもないので
薬剤処理区・天敵処理区・無処理区の意味もない。
当初から懸念があったと言えば、あったのだが、
ここ数年、露地パプリカは病害虫の宝庫だったので
今年もたぶん大丈夫だろうと思っていたのだが、
イルファンの世話が良いからなのか、
今年はハダニが出ない。

どうしようかと頭を悩ませていたのだが、
偶然、僕が管理しているフルーツホオズキに
ハダニが着いた。
今年、フルーツホオズキは
薬剤処理をせず、天敵による防除を試みていたので、
それをイルファンに伝えると
彼は、渡りに船とばかりに、さっそく観察を始めた。

初め、彼は大量に発生しているハダニすら
観察できなかった。
どの食害の痕がハダニなのかも知らなかった。
僕は忙しすぎて、いちいちこの食害がハダニだとか
この昆虫がハダニだとか、は教えている暇がない。
ただ考えたり探したりする種は準備してある。
害虫と天敵の図鑑を彼らに渡してあるし、
インターネットで検索すれば、
ある程度わかることも、授業の宿題を通して訓練済みだ。

それから彼は、自己学習を進め
観察を続けた。
僕から特にアドバイスはしなかった。
そして先日、月間レポートの中で、卒業研究の進捗について
報告してくれた。
何とその中で彼は、ハダニの天敵であるチリカブリダニが
ハダニの一種を捕食するところを動画に収めることに成功したことを
発表してくれた。
それは、
天敵と害虫の基礎学力をしっかりとつけた上で
顕微鏡機能付きのカメラを購入し、
我慢強く観察を続けないとできないことなのだ。
その動画は、僕らが運営する研修生を支援する団体の
Facebookページで紹介しているので、興味のある方はどうぞ。

さらに今後の展望として、
チリカブリダニが圃場内で増えるような仕掛けについて
調べるために、チリカブリダニの生態について
研究すると発表してくれた。
日本語の文献で、少し言葉が難しいのだが、
良い資料があり、以前に彼にそれを渡していたものがあったのだが、
すでにその資料を読み始めていて、お盆明けの金曜日に
その一部のプレゼンをしてくれることになった。

僕は何か彼に教えた記憶はほとんどない。
そもそも僕自身の中に、彼らに教えられるモノなんて
ほとんどないのだ。
ただ、彼らが興味をおぼえるものに
ほんの少し手助けをすることはできる。
しかし、その手法自体が、彼らにとってハードルが高いせいもあるのか、
なかなかぐっと伸びるところを見せてはくれないのだが、
イルファンはここにきて
一気に加速しているように見える。

こういうことがあるから
僕は、どんなに仕事が忙しくても
彼らと一緒に考えようって思えてくる。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ