忘れないうちに記録しよう。
水曜日の勉強会。
今回の発表は、近くで農業に燃える小西くん。

『この地区でいちばん若い農家』というタイトルを
ここ10年近く保持してきたのだが、
彼のおかげで、ようやくそのタイトルともおさらば。
でも『この地区でいちばん偉そうな若い農家』は
まだ維持中。というのは冗談。

さて、彼の選んだ本はこれ。
水野敬也 著 『夢をかなえるゾウ』。
結構有名な本らしい。
知っている人は知っているだろうけど、
主人公が海外旅行先でお土産として買って帰った
ゾウの置物(ガネーシャ?)が
毎日1回課題を与えてくれ、
それに答えているうちに、成功していくという話。

こういった自己啓発本は、
まったく読んだ経験が無いので、
彼のプレゼンはとても新鮮で面白かった。

いくつかそのゾウが出す課題があったのだが、
その中で、彼の関心をいちばん引いたものが、
『やらずに後悔していること』だった。
やらずに後悔していることを今からやれ、と、ゾウが言うらしい。
思っていることを行動に移す、という
もっとも単純で、それでいて、
この癖がついていない場合は
最も難しい行為。

20代前半のころ、
そういえば、自分もそういうことで
悶々と過ごした経験があるので
とても身近に感じた。
ちょっと驚いたことに、
この勉強会にオブザーバーとして参加している
インドネシア研修生のイルファン君が
このやり取りをしっかりと理解していて、
別の研修の授業で、
自分が思い描いたことを行動していく大切さを
後輩に諭していた。
日本語での議論だからついてこられないだろうなぁ、
と勝手に思っていたのだが、
議論の肝はしっかりと理解して、
そしてそこから彼なりにいろんなものを得ているようだった。

自己啓発本もたまには良いね。
ゾウが関西弁なのが、ちょっと不思議な感じだけど。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ