P1010121.jpg


直売所や野菜おまかせ便にも入れている白ナス。
その色にインパクトがあるので、
なかなかの人気。

でもその色以上に、味も良し。

ちょっと前のことだが、
妻が、ベトナム風の焼きナスにしてくれた。
実のしまりも良く、チリソースの味をしっかりと受け止め
ジューシーで食欲も倍増!
まさに夏に食べたい一品。

レシピは僕ではよく分からないので、
そこは妻に任せよう。
妻よ、レシピの補足よろしくです。
僕はビールを飲みながら、
これを美味しく食べる役に徹します!

関連記事

白ナスはグリルで蒸し焼きに

リクエストにおこたえしてレシピ書きます!

といっても、うちの変わりナスは、でっぷり丸まるくんが多い中、この白ナスくんは、実はもっとも「フツーに魚焼きグリルで焼きナスが旨い!」と思ってます。なんせ、丸ごと魚焼きグリルに入るのはこれくらいですから(笑)。
つくりかたは、グリルを先に強火で5分ほど加熱しておき、10分くらい焼いたら、火を止めてから5分、そのままにしておく。蒸し焼きです。それを、氷を入れた冷水にぽちゃんと入れると、感動的にするっと皮がむけます。他のナスも基本、これでいけます。トロナスや吉川ナスの場合は、たてに半分に切って、切った方を下に。ぜひ試してみてください(ただしうちのグリルは両面グリルなので、片面の場合は、ひっくりかえす、、とかいろいろ必要なのでしょうね)。
それを、しょうがとかつおと醤油あるいはめんつゆなどで食べるのが一番簡単。かつ旨い。ご飯にも肴にもぴったり。

が。上記は、「白ナス二夜連続登場」の二日目だったので、「辛くて酸っぱいものが食したい」欲求に素直に応じてみました。
焼いたナスは冷蔵庫で冷やしておきます。このときは、義父自慢の甘い唐辛子も一緒に焼きました。
そこに、お好み焼きに入れるような干しエビをかけて、
たれをかけたらできあがり。たれは、ニョクマム+にんにく+しょうが+お砂糖+レモン汁+お手製サンバル。レモンを丸ごと一個絞ると、まあなんとも爽やかな酸っぱさでグッドでした。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ