雨の合間に、大根をまく。
畑の準備はできていたのだが、水はけのよくない場所だったので、畝きりが必要だった。だが、うねをきろうとすると雨がふる。ここ最近そんな毎日。

先週末になんとかうねきりをして、すぐにでも播こうか、と思っていたのだが、祖母が『大根は9月10日』というので10日をまつことに。なのに、10日は雨。そして今日、ちょっと無理やりだったのだが、大根をまいた。

祖母や近所のおばちゃんは、なぜか口をそろえて、『大根は9月10日』という。その日にまくと大根の出来がよいとのことだ。理由はよくわからないが、昔からそういわれているとのこと。

ただ祖母や近所のおばちゃんは、たくあんにするために大根をつくる。だから、9月10日がいいというのは、たくあんにするだいこんとってよいということかもしれない。まぁ、先達の知恵にはしたがっておくか。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ