03 31
2011

P1000552.jpg

おもえば、いろんな奴が集まったものだ。
みんな個性的で、
そしてエネルギッシュな奴らばかり。
はち切れそうな情熱と才能にあふれた仲間たち。

その仲間たちの二人が、もうすぐここを巣立っていく。
一人は、日本人研修生の林君。
そしてもう一人は、インドネシア研修第一期生のヘンドラ。

林君は、今日が最後の研修で、4月から独立し営農を開始する。
そしてヘンドラは、帰国し、これからの農の未来を模索する。

こうした仲間たちと農の営みを共有したいと思ってから5年。
場を作り、
人が集まりだし、
そうしてついには、卒業していくやつらまで出てきた。

今日一日は、目頭が熱くなりっぱなしだろう。


関連記事

No title

前回の「旗を立てろ」の日記と合わせて、とても感動しました。
林さんは今年度から独立されるのですね。
なんかとてもうれしいです。
すごく勇気づけられます。

私たちはまだまだヒモ付き経営ですが、私もようやく経営するとはどういうことなのか、少し実感としてわかってきた感じがします。(田谷さんからみればバカみたいな低レベルですが・・)
今年もいくつか目標がありますので、失敗を恐れずに挑戦する一年としていきたいです。

Re: No title

ベジータさん
コメントありがとうございます。
林君の独立は、見ているこちらも少しはらはらしますが、
彼は優秀なので、なんとかやってくれるのではないかと思っています。
僕もできるところはバックアップしていくつもりです。

ベジータさんから見て、どう見えるのか解りませんが
うちの農園の経営、そんなに大したものじゃないと思います。
どんぶり勘定と日和見的な経営方針ですよ・・・。
あっ、でも生産している農産物に妥協はないです。うん。

お互い、がんばりましょう。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ