本日、総会を開く。
Yayasan Kuncup Harapan Tani 耕志の会の立ち上げのため。
農園たや農業研修プログラム第一期生である
ヘンドラ君がこの4月で帰国するに当たり、
彼ら研修卒業生のインドネシアでのその後の活動を
支援するために、この団体を立ち上げる。
もちろん、卒業生だけでなく、
ここで行っている研修プログラムの充実も
その目的に入っている。

総会では、会則の承認と
年間の予算案&活動内容の確認を行った。
細かな会則は、また別の機会にでも明記しようと思うが、
今日は、ここに年間の活動計画を記そうと思う。

活動は主に7つ。
①研修座学の運営
今まで、僕が行ってきた座学を会が運営することにした。
何が変わるのかと言えば、特に変化はないのだが、
外部から講師を呼びやすくなるという点。
謝礼を1回3,000円と少ないのだが、
研修生のニーズに合わせて、もう少し外部から講師を呼ぼうと思っている。
また教科書や副読本などの専門書を
購入するための予算も組んである。

②圃場実習の実施
これも今までと変わらない。
個々の研修生の意見が実習にもう少し反映されればとは思っている。

③フィールドトリップ(視察旅行)
会のメンバーで先進地視察をしようというもの。
そのための予算も組んだ。
研修生が、僕の農園だけを見ているのでは
視野が広まらないので、視察旅行を企画しようと思っている。
ゆくゆくは、帰国した卒業生を訪ねるインドネシアツアーも
是非、企画したいと思っている。

④圃場実験の実施
研修3年生が卒業研究のために、テーマを決めて実験をするのだが、
その実施の母体に、この会がなろうというもの。
実験で使用する用具や機材・資材の購入や
専門書購入などのために、予算を組んだ。

⑤卒業生への小規模融資
これがこの会のメインといっても良いだろう。
帰国した卒業生が、何か新しい事業を起こす時に
それなりの資金が必要になってくる。
研修期間中に稼いだお金でやればいいのだが、
そういうお金は大抵みんなからたかられて、
あぶくのようになくなってしまうもの。
一時的に稼いだお金なんて、身につかない。
結局、元の木阿弥になってしまわないよう、
この会で、小規模融資を行おうというもの。
社会や地域に貢献できる起業を支えたい。

⑥ニュースレター
サポーター会員になってくれた方々に
会での活動や帰国した卒業生の状況を定期的に
ニュースレターでお知らせしようというもの。
小規模融資を受けた子がその後どうなっていったかなど
日本語でお伝えできればと思っている。
(つまりは、僕の業務がさらに触れるという事か???)

⑦インフォメーション
⑥と似ているが、こちらはインドネシア語で行う予定。
僕らの会が行っている研修プログラムや内容を
広くインドネシアの方々にインフォメーションしようというもの。
SNSなどを利用して、帰国した卒業生やあちらの専門家などと
ダイレクトに意見交換ができればと思っている。

以上が、活動予定。
今まで、個人で行ってきた農園たや農業研修プログラムを
この会が支援&運営するような形をとるということだ。
「農園たや」は、あくまでも営利を求める生産組織なので
それとは別に、
非営利の研修を運営し、帰国後の卒業生を支援する団体として
この「Yayasan Kuncup Harapan Tani 耕志の会」を立ち上げた。

正会員は、
僕と実際に農園たやで研修を受けているインドネシア人。
月額3,000円の会費を払うことにしている。
それとは別に、サポーター会員という枠も準備。
妻に、顧問としてこのサポーター会員第一号になってもらった。
年会費一口10,000円なり。

会の議決権を有するのは正会員のみで
サポーター会員には無い。
その代り、ニュースレター等で
サポーター会員には、会の活動は報告しようと思っている。

ということで、
サポーター会員、ただ今、大募集中!
日本とインドネシアの地域発展に興味のある方は
ご連絡ください。

P1000567.jpg
団体成立の瞬間



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ