妻が編者となり、本を出す。
その本がこれ。

支援のフィールドワーク―開発と福祉の現場から


長期にわたって、
フィールドにかかわり続ける人々の記録。
内と外の境目が曖昧になり、
さまざまな人々が
かかわり続けることで、変化していく支援の場。

神戸の震災の事例もあり
長期に支援をすることの視点を僕らに提示してくれる。
今、この時だからこそ
長期で関わり続けることの大切さを
噛みしめて読みたい。

興味ある方は、上記のリンクからどうぞ。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ