昔からの友人が来る。
彼とは、お互い、未来が見えずあがいている時に出会い、
そして、勢いでベトナムを自転車で走り回ったりした
仲間である。

あれから10数年が経ち、
今では、わりと近くにいるのに、
なかなか会えないくらいお互い忙しくなってしまった。

そんな彼が、
何年振りかに、宿泊込みで遊びに来てくれた。

さっそく、農園を駆け回り
何かうまいものはないかと探し回ると、

P1000349.jpg

これ。
紅芯大根だったのだが、
なかがなんと紫色。
あまりにきれいだったので、
妻がほかの変わりダイコンと一緒に
スティックのサラダにしてくれた。

P1000354.jpg

大根は
雪の下になり、収穫は大変になったが
その分、甘みが増し、何もつけなくても
それだけで十分ごちそうだった。

P1000355.jpg

その晩は、
お互いがこれからどうしていきたいかを
時が過ぎるのも忘れて、昔のように語り合った。

ただ、昔のような途方もない夢は
あまり見なくなり、
お互い、具体的になった分だけ
その間から、ある種のあきらめもちらほらと
見えるようになっていた。

年を重ねるとは、そういうことなのだろうか。

ただ、昔を知る友人と話をするのは楽しい。
僕がまだ僕のままだということを
彼がまだ彼のままだということを
確認できるから。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ