一年の計は元旦にあり。
ということで、さっそく今年の目標を立てよう。

まず、農業分野。

農園経営として、今年から新しく日本人スタッフを
迎えることになる。
研修生主体だったが、今後はスタッフの充実を目指す。
それに伴って、販路もいままでの路線は維持しつつも
新たな顧客の開拓も視野に入れている。
多品目栽培を強みに
今までは力を入れなかった分野の顧客にも
アプローチしていきたい。
簡単にいえば、直売分野をもう少し伸ばしたい、ということか。

栽培技術では、
天敵防除の確立と、昨年失敗してきた野菜の
技術を確立させること。
ズッキーニ、根セロリ、青ナス、セロリ、ニンジンなど。
あとハーブ類も。

他にも、スタッフのやる気次第だが
料理教室や体験農園なども
企画としては、面白いかもしれない。

人事面では、
さらにスタッフを募集する予定。
インドネシア研修にも力を入れてくれそうな
人材が来てくれると、面白くなりそう。


次に研修分野。

いよいよインドネシア農業研修生第一期生が
帰国する。
3年間のプログラムの見直しと
授業科目がこれでいいのかを再検討したい。
それらの資料化も進めたい。
研修生の帰国後の支援の体制も
同時に考えなければ。

日本人研修生の方も
受け入れを継続していきたいので
とりあえずは勉強会の定期的開催でも
目指そうか。


最後に生活分野。

もう少し、余裕ある生活を目指したい。
特に、美味しいと思う野菜しか作らないという
自分なりの野菜栽培コンセプトを
もっと実生活でも反映させたいと思う。
つまり、今年は、今まで以上にもっともっと
美味い物を作って(栽培して・調理して)食べようという魂胆。

子育ては、もう少し楽しんでやりたい。
どうしても昨年は、忙しさのあまりに
娘の世話が負担に感じることが多すぎた。
知り合いの農家から、
子育ては今しか楽しめない贅沢、と教えられたので
その贅沢を、もっと感じたいと思う。

楽しい1年になりますように。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ