FC2ブログ
うちで働いている若手と
僕の家で飲む。
セネガルの巨人、イブライ。
英語堪能で中小企業診断士の資格を持つ異才児、林君。
国際経験豊かなパラグアイの野菜隊員OBの酒井君。
弱冠24歳にして、農業経験豊富の大型ルーキー太田君。
ちなみにインドネシアの研修生はお酒を飲まないので
今回は不参加。

こう顔をそろえて飲むと
なかなか壮観。
人材不足だと嘆く農業界が
どこか別の話のようにも見えてくる。

彼らの夢はそれぞれだ。
イブライは、いつかはセネガルに農園を持ちたいと思っている。
一緒にやろう、と誘われているので
いずれはそれもいいか、と半分本気で思っている。
(ちなみにインドネシアでの農園経営も研修生から誘われており、そっちのほうがより現実的か)

林君は、就農できる農地を探している最中。
この近くであればベストなのだが、
なかなか見つからない。
担い手がいないのだが、貸してくれるところがあまりない。
僕が借りるだけでも難しい状況で
彼の土地を探してあげられない無力さをよく感じる。
ちなみに、彼は体験型の農園をやりたいと言っていた。
異才児がどんな農業を考えているのか、
とても関心がある。

酒井君は、来年の就農を目指している。
農地はあるので、あとはふんぎりさえつけば
すぐにでも大丈夫だろう。
農業技術的に問題があったとしても、
それは些細な程度でしかない。
何を目指すかは、最初から見えているものじゃなくて
走りながら、だんだん見えてくるものだから。
ちなみに、僕も何をやるべきかは
自分でもよくわかっていない。

太田君は、とりあえず僕と一緒にやろうと言っている。
いろいろやりたい農業はあるようなので
それを一緒にできれば、と思う。
僕にも仲間が必要なのだ。

かつて僕が24歳だった時を思い出す。
あの時は、僕は協力隊に参加していて
任地では、他10名程度の隊員と一緒に
チームを組んで活動をしていた。
皆年上の方ばかりで
経験も豊富な人ばかりだった。
そして何より、それぞれがそれぞれに
やる気があって夢があった。
もうあんな雰囲気の職場はないだろうな、と思っていたのだが
図らずとも、今、僕はその環境にいる。
そしてそれは、あの時のチームと同じで
期限付きの集まりでもある。
しかし、またあの時のチームと同じで
何かをやろうとする時の「力」をものすごく感じる。
僕の農園経営だけに向けられるだけでは
とてももったいない力を感じるのだ。
なにか農業界を揺さぶっていけるような
根本から変えられるような
そんな力を感じる。
それはたぶん、それぞれが持つ
未来予想図の魅力なのかもしれない。

人の集まる場所に、力が生まれる。
そう信じてきて、就農からその場を作ろうと
常々思ってきた。
それは短期的なイベントというわけではなく
協働していく農業の現場として、である。
これからも、その道を僕は歩んでいきたいと思うが
ただ、そこに生まれる力は、どの方向へ発揮していくべきなのか、
実はそれがまだ定かではない。
僕個人の農園経営にむけるべきではない、とだけは
わかっている。
もう少し、オールスターの仲間たちと一緒に走りながら
その力の方向を
考えていこうと思う。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ