04 27
2006

間抜けな話です。

この時期、うちの農園では野菜の苗を栽培して売っています。ホームセンターやスーパーなどでも販売しています。基本的には一般家庭の園芸用ですが、近くの農家も買いに来たりします。その流れでちかくの農協にも出しています。

農協が管轄の地域住民から注文をとってきて、うちから買った苗を配達したりしています。今日はその注文分を出荷する予定でした。昨日から出荷用の苗を箱詰めして、今日に備えていました。

しかし・・・やってきた農協の職員は開口一番に
『昨日の発注は間違いで、2倍の量を発注していました』。
さらに、
『なので昨日の発注の1/2でいいです』とのこと。

すったもんだがあり、とりあえず1/2の数量で出荷しました。昨日の出荷作業はなんだったのでしょうか・・・。しかしなぜ2倍の発注をしてしまったのか、全くの謎です。

しかもこの話は、これで終わりじゃないです。
午前中に農協は苗を持って行ったのですが、輸送中に何十本も苗をだめにしてしまったようで(折ってしまった)、夕方頃にやって来ました。
『あの~、追加注文いいでしょうか』と恥ずかしげも無くやってくるその態度には驚きましたね。

もう少しまじめに仕事してもらいたいものです。
関連記事

そんな農協職員は追い返してしまいましょう!
まず、2倍の発注って言うのがありえません!!!
何だかこっちも腹が立ってきた!

農協の評判の悪い昨今だからこそ、職員はもっと気を引き締めなくてはいけないのでは?と思います。

まさにその通り。

でも追い返したくとも追い返せない。農協さんとはびみょーな関係なんです。仕事できなくとも、間違いをしようとも、もうしばらくは農協さんとやっていくことになるんでしょう。

しかし、しかし、なぜ2倍?いまだに謎。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ