FC2ブログ
今年の1年生は、やる気旺盛だ。
と書くと、ことアリフについては
スタッフの間で誤解があるかもしれないが、
行動の結果からみれば、
やはりそれは自身の営農に
真摯に向き合っている結果だろう。

ダダンに続き
アリフもこの1年で貯めた資金を
投資に向けようとしている。
彼の地域は、お茶畑の広がる高原で
温帯野菜も育てることの可能な
農業の盛んな地域だ。
彼はそこで価格の安定しているお茶畑に
投資をしようとしている。

これまで同地域から来ていた
レンディ(7期生)、デデ(9期生)、ダニ(10期生)も
それぞれお茶畑を早くから買い集めていた。
その例にもれず、彼も1年生の資金でお茶畑を買うという。
広さは80a。
すでにお茶が植えてあり、すぐにでも収穫があるらしい。
お茶を売りたいというのは近所の農家で
まだ40代の働き盛りの人らしい。
どうしてそんな人がお茶畑を手放そうとしているのか?
その人自身は、大工業で生計を立てていて
妻の持ち物としてのお茶畑を手放そうというのである。
インドネシアのスンダは、
子供に分け隔てなく農地を分配する。
イエ制度ではないので夫婦それぞれに
収入源を管理している場合も
日本に比べて相対的に高い。
だからといって女性に優しい社会だとするのは
早急であるし勘違いでしかない。
自分たちの価値に合わせての評価は
意味がないというのは余談。

さて、
その大工の奥さん。
ちょっと大変な病気らしく
遺産でもらって管理していたお茶畑を
手入れすることができないらしい。
病気の治療費もかかるとのことで
思い切って手放すことにしたとのことで
それなら近所で日本に行っていてお金があるだろう
アリフにその話が舞い込んできた。

実習生にはいろんな土地売買の情報が入る。
お金を持っていると思われているからだろうが
その土地も高すぎたり小さすぎたりで
良い土地が出てくることは少ない。
アリフも今までいろんな農地の話が入ってきたが
大体は10aや20a程度で、
まとまった土地は少なかった。
だが今回は、効率よくお茶生産するにはもってこいの
面積と立地の土地で
価格もそこそこということもあり
購入を決めた。
ただ現状ではお金が足りないため
2月まで給与をためて購入するとのことだ。

ただ、心配事が二つある。
一つはそこに植えてあるお茶の樹齢だ。
売り手の話では、お茶の木はまだ小さいという。
ただそれで樹齢が若いということにはならない。
お茶の木は20~30年ほどで植え替えなければならなくて
樹齢が進んでいればいるだけ、植え替えリスクが付きまとう。
植え替えれば、収穫できる大きさになるまでの
4年間はその畑からの収入はない。
しかも植え替えのコストは大きく
投資したもののすぐに植え替えとなると
それだけの資金が準備できないケースもあり
最悪の場合、その土地をさらに安い価格で
転売しなければいけない必要も出る。

もう一つがお茶の品種。
80aのお茶畑がすべて同じ品種ならば
効率よく栽培ができるが
よくあるケースが
一斉に植え替えるとコスト高で無収入期間が長くなるため
少しずつ受けかえることが多く
その場合、植え替える時期に手に入るお茶の品種を
なんでも植えている場合もある。
このようなお茶畑は、生育を一斉にできないため
作業効率が低く、思ったような収入を得られない場合がある。

とにかくお茶畑の状況を詳しく把握し
来月のビジネスプランの中で発表してもらうことになった。
場合によっては2年生で貯めるお金を植え替え資金とし
帰国後すぐの収入のベースは3年生で貯めたお金で
唐辛子やキャベツ等の野菜栽培に回してしのぐという案もあるだろう。
80a全部を優良品種に植え替えて、それから4年もすれば
そこだけで十分食べていけるだけの収入は得られるはずだ。
しっかりと現状を把握して
多面的な農業経営が実現できるように
後押ししていきたい。

広い土地を購入できるということで
やや舞い上がっていたアリフ。
来月以降のビジネスプランが
本当の正念場だと気が付いたようで
その顔つきは引き締まっているように見えた。







関連記事
こういう問題に
すこし心が病む。
http://tayatoru.blog62.fc2.com/blog-entry-1962.html

自分で悩んでいても解決しないし
前進もない。
だったら、ここは当たって砕けようじゃないか。
送り出し機関で儲けるんじゃなくて
これを使って
派遣先の企業にインドネシアのこれからを
支えてもらう、そんな仕組みって
できないだろうか?

答えは
たぶん最初から頭の中にあった。
ただインドネシアで何かを成すときは
いつも自分の利益を後回しにすることと
動いてもらいたい
誰かの利益を最大にすることを
全力で推し進めること、
そしてそれが成しえた時に
その利益の構造をブラックボックス化しないこと、
既得権益化しないこと、
それらが絶対条件にすることが
物事が動く秘訣だと思っていたので
これから提案することに
自分は個人的にも会社の経営的にも
耐えられるのだろうかと
そこは少し算段をつけないといけないことでもあった。
回りくどく書いたが
ロジカルはいたって簡単。
送り出し機関を
タンジュンサリ農業高校と一緒に作るってことと
その利益をすべて
タンジュンサリ農業高校の高校生が
日本(福井)に行くための旅費に
してしまうということである。
はっきりいって
これは僕の組織的には
プラスはないし
ややもすると持ち出し部分が出る可能性もある。
雪害の借金を背負う僕らの組織に
それに力を投資する余裕があるのかと
問われれば
正直見えない。

でも機は、常に僕らの都合に合わせてくれない。
イマンが送り出し機関を自分の利益として
作り上げようとしているこのタイミングと
それに向けて
他の修了生たちのイマンに対する批判的な意識の高まりと
和歌山県の絡む特定技能詐欺がこのタイミングで起きたこと、
そしてタンジュンサリ農業高校が
ここ6年ばかり予算がなくて日本行きができなくなっている事実と
そろそろ福井農林高校側も交流事業もどうしようか
という空気感がある中だからこそ
やや僕としては時期は適当ではないにしても
周りの環境が今だと言っているのだから
やるしかないのだろう。

もどかしく書いたけど
簡単に言えば
タンジュンサリ農業高校の支援を受けて
農園たやの実習修了生でつくる耕志の会が
母体となって送り出し機関を作ろうという試み。
日本行きの借金を極力なくし
日本での実習期間中にビジネスプランの授業を
ネットを通じて行い
帰国後のビジネスの支援を
巡回指導と新規事業提案とマイクロクレジットという形で行う
そんな3in1的な送り出し機関を作ろうじゃないかってこと。
さらには、送り出し機関で出た利益で
高校生を日本に交流事業として連れていく費用にしちゃおうって計画。

この提案は
タンジュンサリ農業高校の校長や副校長の幹部からは
感嘆の声をもって歓迎され
実習修了生たちは、自分が立ち上げには参加できないが
組織が出来上がったら無償で協力したいと確約をしてくれた。
法人として登録するので
やや手続きが煩雑で
ローカルスタッフのタタンは
その話し合いの途中からすでに雲行き怪しい顔つきだったが
なんとかややこしい行政登録を済ませて
僕らの目指す
技能実習制度の正しい形を
提案する場を作りたいと思う。






関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ