FC2ブログ
お盆のような長期休みを終えると
毎回のように実習生ともめることがある。
それは休暇届のルールについて。

基本、県内であれば、
実習生は自由に遊びに行っていいのだが、
県外になると事前に報告だけお願いしている。
災害が増えている昨今、
日本語の天気予報や情報サイトにアクセスできない彼らは
容易にその災害地域に入りこんでしまう可能性もあるからだ。
宿泊込みなら、宿泊先の連絡も事前に報告を義務付けている。
また、こういうことが
何か行動を起こすときにプランニングするというのを
当たり前にしたいという思いもある。
インドネシアの実習生たちは
結構行き当たりばったりの旅行を
しようとするので。

で、今回は海水浴で海に行ったのだけど
そこが雨だったので急遽予定を変更して
県外の観光地へ行ったという問題。
その日は台風が近づいていることから
海水浴はやめるように言ったのだけど
その海水浴場のある街を散策するからと
言われて、そのままOKしていたが
ふたを開けてみれば
そこから電車で県外の観光地まで
遊びに行っていたことが発覚した。
こういうのが発覚するのは
他の実習生からの報告なんだけどね。

僕としては20歳を超えた大人が
どこに遊びに行こうが
僕に責任がない限り
問題はないと思っているし
そんなものの管理もしたくないし
関心も薄い。
ただ上記の理由により
災害や犯罪に巻き込まれやすいということと
学校と直接受け入れをしていることで
僕にもある程度の管理責任があるということで
ある程度ルールを決めて
遊びに行こうねと話をしている。
が、それは容易に破られる。

ルールを破ることが常態化すれば
研修の場を作って
認識だけで成立している学び場は脆い。
なので、ルールの厳格化をしたいところだけど
厳しくしても解決はしない。
だからこういう時は
ルール改正を行うことにしている。
だって、守れないルールなんて意味ないしね。

違反した子を含めて実習生全員で
今回のルールでどこが違反したかを
まず確認する。
僕の責任は、実習生の所在を把握し、危険のある場合は
その実習生の救助を行うというものだから、
その責任をきちんととれるようにしてほしいことを
理解してもらう。
そのうえで、
僕も責任をとれて
その子もルールを守れるような形になるように
違反した子がルール改正案を作るのである。

今回もこのやりかたで、ルールを改正した。
違反した子はフィルマンで、
行先の変更がある場合は
電話で僕からの了承が得られるまでは
旅行を続けない、という一文が加わった。

こうして違反があるたびに
ルールは付け加えられたり
改正されたりしている。

といっても、それを決めた子は守れるけど
数年して新しい子になると
また守られないのだけどね。
だからこれは永遠の繰り返し。

一方的な押し付けではルールを守る意識は生まれない。
あとルールの中身に
自分たちの価値観や常識が入りこんでいて
外国人との意識の差異があることに
無意識だったりもするしね。
彼らが、自分で守れるルールを作れば
まぁ、そりゃ、よほどの阿呆でないかぎり
守ってくれるので、
効率は結構いいやり方だと自負している。
ただ少し面倒だけどさ。




関連記事
08 18
2019

俳句には、それぞれの主宰がもつ結社という場がある。
それぞれの結社には雑誌があって、
老舗の結社だと正岡子規から続く
「ホトトギス」なども現代に続いている。

僕は雪解という結社に所属しているのだが
その雪解からこの度
同人に推薦された。
俳句を始めて3年。
早いのか遅いのかはよくわからないが
いつかはと思っていたひとつの目標に
到達したことだけは間違いない。

結社には同人という制度(?)がある。
ある程度のレベルになるとこの同人に推薦されるのだが
俳句における一つの区切りであることは間違いない。
どういう基準で同人になるのかは
それぞれの結社で違っているだろうから
同人であればどの結社でもある一定の実力以上というわけでもない。
ま、そんなあやふやな感じのものなのだが
それでもそのレベルに達したと思われたことは
素直にうれしい。
しかも雪解という皆吉爽雨が始めた伝統ある
すこしお堅い感じの結社で
同人になれたことが本当にうれしい。

同人になると
結社の会費がやや高くなるし
投句する句数も多くなるので
大変さは増すのだが
とりあえず40代の内にと思っていた目標を
達成できたのでうれしいね。

次の目標は結構なハードルなので
気長に取り組むことにしようか。









関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ