FC2ブログ
10月の出張は
自分たちの今後の営農や
その方向にとってとても大事なポイントとなるだろう。
そんな予感が強い。

生計調査は
それぞれ実習修了生のカテゴリ別に記録したが
改めてそのリンクをここに貼ろう。

ヘンドラの場合

レンディの場合

クスワントの場合

これらの調査を通じて
僕もそのインタラクションの影響を大きく受けた。
調査を通じて見えてきたのは
日本での資金では、その後何年もかけなければ
次の大きな投資ができなかったり、
その投資も数年以上は芽が出なかったり、
もしくはその業態でスケールアップするには
一から構築しなおすくらいの投資が必要だったりと
思った以上に苦労があるということだった。

これは僕自身も営農をしていて感じる点で
どうにかこうにか人をたくさん抱えるためには
売り上げをあげていこうとしているのだが
なかなかその部門を新設し育てきれない、という悩みがある。

彼らも現状で十分一般的な農家以上の販売力を
持っているとは思うが
まだまだ地域をけん引するような
そんな産業を生み出すまでは到底至っていない。
ま、僕もそんな感じだけどさ。

新しい投資が必要だと
本当に感じる。
それがインドネシアの金融機関がしてくれるのが
一番だが、そのチャンネルは
彼らの肩越しからは見えてこない。

あと
営農の変化や考え方の変化が
年に1回だけの調査ではもう追いつけないこともある。
卒業生も9名が活動しており
これからそれは増える一方になる。
時間的制約を受けながらの調査では
今回のように4人ほどが限界で
それを駆け足で行ったためか
今回初めて現地で医者にお世話になった。
そして
調査を受ける側も
僕のスケジュールに大きく左右されてしまうし。

マイクロクレジットを通じて
次のステージをと
実習生たちと一緒に作った耕志の会には
その資金が現在80万円ほどある。
だが、結成してから8年経つが
まだこの資金をマイクロクレジットとして
仕えていない。
仕組み作りはしているが、実際に運用に
誰がどうコミットするのかが決まらないからだ。
無給で借金の管理をする誰かが現地に必要で
不透明なお金の流れのままでは
あの不正や汚職大国のインドネシアでは
きっとあっという間に、
篤農家予備軍の彼らを汚職者にしてしまう。
それだけは避けなければ、と二の足を踏むあまり
お金が死に金になっていた。

もう待ったなしだ。
今回はそう強く思った。

で、だったら、
僕の代わりにインドネシアで
そんな業務をする人を雇っちゃおうか、
と思い至った。
それを農園たやの業務として
農園たやからの給与として、さ。

青年海外協力隊で農園のスタッフ立崎を
現地に派遣しているが
彼女は、学校の活動や今後農園が取り組むべき課題に向けて
別の大切な活動を任せている。
とてもそこまで手は回らない。

なので、
JICA基金で現地コーディネーターを務めてくれた
3期生のタタンをローカルスタッフとして契約をできないか
帰国後ずーっと交渉をしてきた。
そして先日、
ようやく業務内容や条件で合意に至り、
来年2019年の1月より
農園のローカルスタッフがインドネシアの農村で
活動を始める。

イメージとしては
生計調査と営農調査を毎月行い
投資に値する事業を実習修了生と作り、
実習修了生への農業技術の情報発信や
実習生の農産物を日本へ輸出するところまで見据えて
活動をする。
また農園たやでの技能実習生公募に対する
説明会を開き、より質の高い実習生を集めたり、
彼ら彼女らの
来日支援(借金なしで出発できるように)も行う。

これらが実現するかどうかは
とにかく来年ローカルスタッフと一緒に
汗をかきながら、インタラクションしながら、
考える場所に自分を置いて
過ごしてみることで
次も見えてくるんだと思っている。

さ、やることは多いぞ。
歩みは止めるなよ、おれ。


関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ