FC2ブログ
帰りたいと騒いでいたアンギ。
なんとかあれから持ち直した。
原因はよく解らないままだが
たぶん現状に悲観的になったことが主要因だろうか。

今年から
実習生自らが自分たちの生活環境や世帯について
調査を行う形式で
月間レポートのプロフィールと称して
報告書を書いてもらっている。
この作業、楽しい場合もあるけど
楽しくない場合も多い。
アンギの場合は、帰国後の農業する原資として
お父さんの30aの土地を期待していた。
だがプロフィールを作っていく過程で
そのお父さんは、すでに離婚していて
一緒に住んでいないこと、を
僕から指摘され、
まぁ、僕もやや意地悪だとは思うけど
お父さんが再婚すればその土地は、
スンダ人の伝統的財産分与では
君にはほとんどもらえない可能性があることを
指摘されたことが発端だったかも。
というと、なにやら僕は鬼のようでもあるけど
捕らぬ狸の皮算用をここでするわけにもいかないのだ。

お父さん、まだ若いし
お粥販売という仕事だけどかなり才覚があるような感じで
儲けていることも分かったので
たぶん近所がやもめのままでは放って置かないだろうなぁ。
しかも30aも土地もってるしね。
再婚すれば、子供もできるだろうから
財産の多くはたぶんその子が受けることになるだろう。
で、アンギさんにはそれが入って来ないことも
頭に入れて将来を考えないとね。

的なことを言ったような気がする。
すこしセンシティブな子でもあるけど
赤の他人の外国人から
そんな家庭の内情までを指摘されれば
誰でも嫌になるよなぁ。
でも、そこまでやらないと、その30aの期待値で
3年間の時間を投入してビジネスプランを作っても
意味がないし。

ただ、その後時間をかけて状況把握と
未来の話をすすめていく中で
彼はどうも合点してくれた気がする。
まだわからないけど。
この夏の早出の中では
かなりモティベーション高く持って
仕事をしてくれたので、
きっと大丈夫だろう。うん。

さて、
7月のレポートでは
彼の家計が少し明らかになってきた。
基本的に、アンギの家族は
屋台などで食べ物を販売して生計を立てている。
農業のための農地もない。
また住宅地に住んでいることもあり
土地の価格も非常に高く、
たとえ実習期間で貯めたお金を
すべて投入しても5aほどしか
買えないほどの土地価格だった。

ただ、彼としては自身が農業生産をするのではなく
農作物を扱うビジネスを考えているという。
もともとスーパーで働いていたこともあり
スーパーの扱う青果と地元農産物とのリンクが弱いことを
感じていたという彼は
そこをビジネスにできないかと思い始めている。

ま、これについては
また来月。
とりあえずいくらくらいビジネスに投入できるかが
はっきりしてきたので
彼のいう農業ビジネスの何にどう投資をするのかは
来月の検討事項となろうか。

しかし、今年の1年生は
農業生産そのものをビジネスとは
考えられない子たちが揃ったようだ。
僕もしっかりと勉強しないといけないな。


関連記事
7月の月間レポートで
フィルマンの家計がずいぶんと明らかになった。
お父さんは大工で、
仕事があったりなかったりだが、
平均すれば年間に3600万ルピアの稼ぎがある。
1カ月にすれば、300万ルピア。
公務員初任給が、それくらいなので、
まずまずの収入と言って良い。
大工仕事も個人の場合もあれば
会社の下請けで公共事業等の作業員もするらしい。
経済が伸びているインドネシアなら
建設業界はとりあえずは安心か。

それ以外にお父さんは農業もしている。
父片の親戚から農地10.5aを借りて、
米2作のトウモロコシ1作+大豆1作のローテーション。
この純利益が400万ルピア。
米は世帯の消費を支える重要な作物で
その消費を引いてもそのくらいの純利益が残るらしい。

お母さんは、近くの外国人資本の繊維工場で働いている。
この給料もそれなりで
月280万ルピア。年間で3360万ルピアの収入。
さらにお母さんはランプの部品を作る内職も
請け負っていて
それが1年で180万ルピアになるという。

世帯収入で7540万ルピア。
これが一般的なのかどうかといわれると自信はないが
十分中間層に入る収入といえるだろうか。

では、なぜこの所得把握が必要なのか。
それは彼らに世帯の所得把握をしてもらい
その上で、日本から送る生活費の送金が
妥当なのかどうかを自分で判断してもらいたかったからである。

かつて
農園で受け入れた実習生で
実習生の稼ぎの75%を家計の消費として
使ってしまった世帯があった。
生活のレベルを少し上げただけらしいが
それだけでかなりのお金を使ってしまう。
しかも少し上げた生活のレベルは
習慣化されるので、
実習生が帰国した後もなかなか生活の質を戻せず
なんども息子に無心を繰り返してきたという事例があった。
個人の家計にまで踏み込むことを避けていたことから
起きた悲劇で
俄か金持ちが陥りやすいパターンとして
ここのプログラムでは
家計にまで踏み込んで調査し
その家系の認識を実習生と一緒に共有している。
ただ、送金額が多いか少ないかは
個人の判断に任せており
こちらから口出すことはない。
大事なのは、多いか少ないかを判断するだけの
材料をそろえる事である。

来月までの課題として、
この家計を元に実家の送金額を
できれば実家の家族と話し合いをして決めるというもの。
それを引いた金額と日本で消費に使うお金を引いて
ビジネスに投資できる資金をざっくりと計算し
それを元に
何のビジネスに投資をするのかを検討に入る。
プロフィールを把握することで
自分たちの資源に気が付き
何にどのくらい投資ができるのか
その計算を彼らの肩越しにリアリティを見つめつつ行う。
なかなかうまくはいかないけど
それが10年の経験で
ようやく見えてきたやり方でもある。
このまま上手くいくといいのだけど。


関連記事
気がつけば、1カ月ほどブログ更新していなかった。
7月の海の日以降、お盆まで、
ほぼ毎日朝6時からの作業となり
かなり体も心も消耗する毎日で
ぜいぜい投句しなければいけない俳句を作るのが
精一杯だったため
ブログの更新ができなかった。。。

原因は、この暑さ。
連日の猛暑日で
作業する人間の体力と心は削られる。
とくに昨年はひどく
スタッフの消耗が激しかったので
今年は出来る限り消耗しないようにと、
通常より2時間早く作業をすることにした。

この判断のおかげで
思ったよりもスタッフの消耗はなく
無事にお盆の大量発注にも応えられたのだが、
僕と一緒に早出をすることになった
インドネシアの実習生たちは
かなり消耗していた。
とくに3年生のデデは。
途中からファン付きジャケットを投入したり
慰労会を開いたり、
お昼の授業を休みにしたり、と
出来る限り、気持ちを維持できるように努めたが
20代前半の彼らでも
この暑さと作業量には参ったのだろう。
やはり早出の作業は、少し考えないといけない。

ハウスが潰れてしまった事や
その再建資金が大きくなること、
そのプレッシャーから
販売額を減らすわけにもいかず
その分、どうしてもスタッフやインドネシア実習生に
無理がかかってしまう。

しかも夏は作業量が増える割に
収穫量は減るので
売り上げが維持できても生産コストが高くなり
儲けが少なくなる時期でもある。
ただ売り先は信頼が大事で
この時期は薄利多売であっても
この後の冬をしっかりと販売できるためにも
ここは納品していかないといけないのもジレンマではある。
北陸の冬は、本当に工夫をしないと
農業で食っていけない気候なので。

来年への課題は
シフト制によるサマータイム導入だろうか。
今回は早出をすることでなんとか作業をこなしたが
それでも仕事上がりの時間が通常通りになってしまい
長時間労働となってしまった。
実習生やスタッフを二分割し
サマータイムを入れて
仕事上がりの時間も早めてしまう必要があるだろう。
とくにインドネシア実習生は
仕事以外にも勉強や研究もあるので
その分の時間確保も大事。

消耗しない働き方や作業環境の改善を
さらに進めていきたい。



関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ