なぜだか昔から
機械作業は男がやっていることが多い。
機械って体力の無いのを補助してくれるんだから
本当は、力のない者がやった方が良いと思う。
でもなぜか、男性が
この機械作業をしていることが多い。

現場を仕切っているのが男性の場合が多いから、
例えば、父や夫や社長や上司や正社員etc.
だからなのか、男性が機械を動かす。
で、それを補助しながら作業するのが女性で、
例えば、娘や妻や部下やパートってわけ。
だから構図的にも
社会関係図的にも
機械作業は
なんだか権威づけぽく映ったりもする。
農業をしていて
機械作業をすると
なんだか気分的に偉くなったような
そんな感覚が
就農当時あったのは
きっとそんな気分が
ぼくの潜在的などこかにへばりついていたからだと思う。
なので、読者の中で
そんな優越感がもし一ミリたりともあれば
それはそういうことなんですよ、と言いたいね。
おっと話がずれたか。

P3292437.jpg

で、今一緒に作業をしている
すーちゃんに機械作業を教えている。
といっても彼女はもうすぐインドネシアに
行ってしまうのだけどね。
それでも力がある方が補助作業する方が
だんぜん、効率がいいと気が付いた。
これが若手の男性スタッフと一緒に作業するのなら
やはり僕が機械に乗った方が効率良いかもね。
つまりは誰が一番動けるのか、と考えて
動ける人が補助をする方がいいってわけ。
権威づけとか関係性ではなく、
動けるかどうかかな。
あと熟練してくれば
丁寧な人の方が機械作業は向いている。
これは男女も関係ないと思うので
よく女性の方が丁寧だからいいっていう人は
それもやっぱりどっか潜在的に
変なものをへばりつけているんだと思うな。
もっとフラットに
そしてもっと合理的に
そして変なものがへばりついているかを眺めながら
機械作業をすると、
いつもと違う感覚になれるって話でした。



関連記事
昨日はいろいろとあった日で
朝は集落の江掘り、
昼は農政連で国会議員との意見交換会(ブログ記録済み)
夕方はインドネシアとつないで勉強会だった。
合間に仕事。

で、今回はその勉強会について
記録しようと思うのだが、
発表者はこの前帰ったレンディで
卒論の内容をそのままプレゼンしていたので
特段新たに記録することはない。
ただ、この勉強会の始まる前に
クスワント(4期生)が
「グローバリゼーションと農業の授業がある日を教えてほしい。僕もスカイプで参加したいので」
と申し出があった。
彼は研修中もこの授業がいたく気に入っていて
卒論もそのグローバリゼーションの中で
伸びきっているグローバルサプライチェーンについて
調べ上げたりしていた。
時間を教えてくれれば、自宅でスカイプを繋いででも
参加したいとのことだった。
いいよ、いつでも参加しなよ。
スカイプの通信料は結構高くなるけど
それでも構わないという。
そこまで気に入ってくれると
やっている僕としては
素直にとても嬉しい。

そうだね、授業はもっと
オープンにしても面白いかもね。
インドネシアで見たい人たちに
いや日本にいるインドネシア実習生で
こういうことを勉強したいと思っている
そのニーズに応えられるように
していくのも面白いかもしれないな。

とりあえずは
クスワントに向けて発信してみようか。



関連記事
表題のイベントが本日ありき。
青壮年部に二枠いただけるとのことで
僕と副部長と一緒に
10人(最終的には11名)の意見者に加わった。
国家会議員に対し、
農業者の現場の声を届けようというのが
本日のイベントの主目的。

このイベントにあたって
事前に農政連から打ち合わせがあった。
いつもお世話になっている大人たちから
打ち合わせがあると、そりゃ、今はやりの
そんたくがあったりなかったりで、
いろいろとあたりさわりない意見に
集約されてしまうのかもね。

で、今日。
話す内容の原稿を創ると言っておいて
実は、原稿を作らなかった。
ヒアリングで話した内容で
話す予定だったし、
原稿を読めば
それだけ魂の無い言葉だらけになると思ったからだけど
どこかでその舞台自体が
ライブ感のない無味乾燥な
そんな農政のやり取りになるのを
嫌っていたのかもしれない。
だからといって
ライブで良い議論をできたことは少ないけど。

で、僕が話したことは
要約すれば次のようなことになる。
兼業農家主体の社会構造で
合理性を求め農地集約したら
当然社会の構成員で
農業への関心を持つ人間は減る。
農地解放されて小作から地主になった世代は
その子供の世代までは農地への執着は
あるだろうが
孫はどうか。
当然というか現場での感覚でいえばない。
そんな時代なのだ。
社会のエースである30代、40代は
結婚子育て将来への投資や貯蓄
とにかくお金が欲しい世代。
そんな人たちに社会の自治や福祉は
その目的の崇高さだけでは馬耳東風なのさ。
要は、農業が儲かるかどうかだ。
農地から作られる地縁が
最後の最後までこの地域の自治と福祉を
司るのだと政府が思っているのであれば
農業は産業として
輝きを放たねばならない。
その意味で一園芸農家として
リスク回避の制度を提案した。
それとよく農業者や行政が言う
農業の即戦力を供給するための
農林大学校を強く批判した。
それは人手が欲しい農業者の勝手な意見でしかない。
そこに通う担い手予備軍つまりは若者は
その見え透いたただ単にすぐに役立つ労働者の
大量生産の現場なんてすぐに見透かすさ。
必要なのは
若者にとってもキャリアアップになるような
農業教育だ。
もちろん質の高い
4年制大学のしかもできれば国公立の
この時代に何を言うといわれようとも
農学部の設立しかない。
農学部の人間のどれだけが
農業に就いたんだ?と良く批判されるが
それはそれだけの経営できなかった
僕ら農業者への批判であって
若者への批判であってはならない。
現に、僕のとっても小さな経営でも
県外から大学卒業の人材が
4名も入って来てくれている。
それぞれの夢を叶えることができる
そんな経営を農学部の学生を批判し
即戦力と言っている皆さんは
できているのでしょうか?
自分に都合の良い人材ばかりを
望んでないかい?

おっと、ここまでは言っていないか。

で、本当はもっと言いたかったんだ。
それは外国人の扱いについて。
これは農林大学校と同じ文脈で、
結局自分たちとって都合の良い労働者を作ろうって
そんな意図がみえみえだから
気色悪いんだよ!
そんな労働環境
僕だったらぜったい働かないね。
そんなことを言い張る連中だって
労働者の立場だったら絶対嫌だよね。
でもさ、僕も経営者をすこしやっているからわかるんだけど
みんなけつの穴が小さくなるんだよね。
目先の自己利益ばっかりみてさ。
で、それって他人からは良く見えたりするから
皆さん、気を付けてね。

ワイン飲んで書くと
自制が聞かないなぁ。
意見交換でもすこしワインを煽ってから
言ったらもう少し楽しくなったかもしれないね。
なんていうのは不謹慎だな。

さて、で、
僕が提案したかったのは
どの文脈でも本質は結局は一緒なんだけど
外国人でいえば
安い労働者ってだけで出し入れを自由にするなって事。
彼ら彼女らにはみんなそれぞれの夢があるんだ。
その夢を叶えてこそ
その夢に近づけられる経営だからこそ
労働の意味が初めて出てくるんだよ。
じゃなきゃ、こんな排斥主義の満載の国に
青春を埋めに来ても意味ないじゃんか。
来た人間のことをもっと考えよう。
しかも、その人材は
ジャパンスタイルを身につけて
自分たちの地域の農業発展に
貢献できる仕組みを作ったらさ、
もっといい協力というか
関係が出来るんじゃないかって思うわけ。
農協とかさ子会社にして
人材派遣で外国人を派遣するのは良いけど
同時にその外国人にいろんなノウハウと
資金と資材を提供したらいいと思う。
資本的にも魅力的だし
地域農業の発展にもなるし、
日本的生産モデルの輸出にもなるし
インバウンドで日本の良さを知った人たちへの
外国でのマーケティングにもつながるし
しかもそういう意味では
本家日本の農産物の輸出のすそ野形成にとっても
大きな意味を成すはずだ。
収奪では
収奪合戦にしかならない。
三方よしは
理論的にも証明されているんだ。
だから収奪の意図見え見えの外国人登用や
農林大学校なんてやめてほしい。
農業は、僕は強い産業として
地域を支えていける存在になると
僕は最近は強く確信している。
だから、そんな情けないこと言わないで
もっとまじめに議論しようぜ。

と、かなり飲んだくれたおっさんの
ひとりごとでした。
ねむい、ねるわ。






関連記事
23日の福井新聞で
取り上げていただいた。

17457561_1280589891996757_1456425915462150039_n.jpg

このブログでも
農園のスタッフを協力隊として送ることは
これまでも書いてきた通りだ。
農業というその土地に縛られる生業は
その特殊な生産のカタチによって
僕らは生態系を作り上げてきた。
たぶん、これからもそれは
この産業の、そしてこの生業の
主たる生態系として
僕らの考えや生き方や文化や人間関係に
大きく影響を与えることなんだろうと思う。
でも、その一方で
グローバルなつながりは
決して消えることなく
むしろ加速していくのも間違いない。
だからこそ僕らは前衛的に
農業の垣根を少し広げる作業に
着手することにした。
その一つが
スタッフを有給休職の条件で
インドネシアの今、農業研修で関わってもらっている
タンジュンサリ農業高校へ
青年海外協力隊として派遣する。
これでインドネシアの
農業教育と地域開発に
いよいよ農園が主体的にかかわることができる。
それが経営にどれほどの利点があるのか
と問われれば、やや説明し難いが、
その問い自体が近視眼的だと
今は批判したい。

2月の最終日に
機会を得てある雑誌の企画として
師匠と仰ぐ白石さんと対談した。
その時に思ったのは
僕が白石さんから教えてもらったことは
固定化した農業のイメージに切り込んで
次の世代に新しい農業の地平を
見せていく力だと思った。
僕もそうあろうと思う。


関連記事
第21回JA福井市総代会が
19日の午前に行われた。
僕はJA福井市の経営管理委員として
この総代会に出席。
青壮年部の部長は
経営管理委員としてJA運営に係わるという
仕組みになっているので、
特段なにか偉いわけではない。

さて、今回の総代会。
提出議案が第1号議案から14号議案まであった。
1号議案は28年度の事業報告。
2号議案から14号議案までが
ざっくりいえば29年度の予定だ。
いつもなら結構しゃんしゃんと
終ってしまう総会だが、
今回は、もめるだろうなぁ、とおもう議案も
この中にあった。
それは第3号議案。
JAの自己改革についてで、組織・事業の再編についての
計画を記されているモノである。
この自己改革は、
農業改革を謳う安倍内閣の
農業とはなんの事かもよく知らない
あと一方的にしか見ることのできない
規制改革会議の農業ワーキンググループが
農業改革を農協改革とすり替えて
議論しているとばっちりを受けて(?)
農協法の改正があり、
それに合わせての自己改革があり、
また一方で農村や農業を取り巻く構造の変化で
信用と共済を主軸とした農協の経営が
このままいくと赤字ということもあり
事業や支店などの統廃合を計画したのが
第3号議案というわけ。
とくに支店の統廃合は
組合員さんからも根強い反発がある。

で、総代会では
やはりこの3号議案に対する質問や
反論が多かった。
秀逸な質問や意見もあり
とくに殿下の方の意見は
ごもっともなところもあった。
農協には事業経営の側面と
運動体的な側面とがあるとし
経営的に合理的な判断として支店再編というだけでは
運動体として今後どのような求心力を
確保していくのか、という意見で
真っ当な発言だと思う。
だが、運動体としての農協は
小さな農業の弱者を守るんだという共同体運動は
その社会的構造の複雑化によって
かならずしも2項対立的にカテゴリー化できず
この多様な価値観の中では
空中分解しつつあるのは
昨今の情勢を鑑みればわかることだろう。
どんなに声高にそれを叫ぼうが
その叫ばれている方たちの
子供や孫が青壮年部に入っていない状況が
ま、それを言い表している。
それをいうなら
僕は青壮年部こそその運動体を
『まだ』純粋に持ち合わせている団体だと
言いたいので
ぜひ、昨日の総代会で意見された方たちは
お孫さんを青壮年部に入れ
そこからJAの運動体として先頭を切って
旗を振ってほしいと思う。

採決では
29年度の計画を
つまり2号議案から14号議案までを
一括して採決しようとすると
会場から
『3号議案だけはずして採決せよ!』
と声がとび少し騒然となった。
一括採決するか、3号議案を別に採決するかの
決を採った結果、一括採決が多数を占めたので、
一括で採決を取り、すべての議案が
原案通り承認された。
これでJA福井市は事業と支店の再編に
これから着手することになる。

皆さんの地区の支店はたぶん無くなります。
一ブロック一支店なのですから。
係わりが薄くなると危惧しているのは
僕も同じです。
この間を結ぶ一つの組織として
青壮年部の在り方も
これから問われなければなりません。
運動体の側面を
青壮年部が担えるのかと言われると
やはり多様化する価値観の中で
均等に所有する水田兼業の声という
訳にはいかないのが現状です。
というか、そういう家の方に限って
息子さんやお孫さんは青壮年部に入っていませんよね。
その価値観で行くのなら、家族の方をいれないと
始まりませよ。
というのは蛇足か。

とにかく変化がおきる準備は整ったというわけだ。


関連記事
記録をさぼっていたけど
句会は休まず毎回出席していた。
1月はぱっとしない結果だったが
途中退席した2月は
ベテランの方々から僕の句が
沢山特選をいただいたらしい。
こういう会を途中退席してしまい
みんなの鑑賞が聞けなかったのが
かなり残念。
俳句はやっぱり
座の文学で、
その場でそれぞれの鑑賞があって
初めて、一句が完成する。
だから、入選や佳作だけを知らせてくる
俳句番組やコンクールも
それはそれで楽しいけど
句会はもっとライブ感を楽しめる
とても良い場だと思うな。
ただ、ダメな句の場合、結構厳しいこと言われるけど・・・。

今回3月の句会では
誰の特選もいただけなかったけど
入選の数では、一番たくさんもらった。
先生の直しも入って
句全体もすっきりとしてまとまったかなぁ、と思う。

   畦塗るや太白星の光るまで 徹

2月の句も記録しておくか。

  一粒を巨体丸めて種蒔きぬ 徹

農業のちょっとした風景を
今年は俳句で切り取っていこうかと思う。



関連記事
普段だったら相手にしない。
アポなしでやってくる営業マンは。
しかもスタッフへの授業が控えている昼休みで、
娘の晩御飯の準備の途中で
自分の昼ごはんは電子レンジにかけたままの
そんな状態ならば、とくに相手にしない。
なのに、なぜか長話をしてしまった。

それは、その相手が農文協だったことと
大学では文学部だったこと
クリフォードギアツを知っていたこと
などが
僕のどこかのスイッチを押してしまった。

もともと
農文協には不満がある。
僕は内山節や守田志郎、宮本常一、渡植 彦太郎などの著書を
農文協を通じて読み漁った時期があった。
それはとても幸せな時間で
大学院の社会学で答えが見つからなかった僕に
ある程度の答えを示してくれた気持ちになった時代もあった。
でも、それらはやはり
今の現状を変えるだけの力にはならないし
それが答えでもないことに
気付き始めてからは
農文協の出す本を手に取ることは少なくなった。
小さい農業が儲かるなんて本は要らないんです!

僕が読みたいのは
このグローバルな時代に
その先を進むような共生社会の在り方を
ローカルに語る人々の声だ。
新興国の田舎と貧富の差と日本の消滅する田舎の問題を
グローバリゼーションだからこそ、
いやその場でなければ解決策なんて出てこないと
僕は思うのだけど
その新しい知恵が出るはずのその場が
今、まだまだ断絶的にしか形成されていないのだけど
それが作れるだけの下地は十分形成されつつある中で
農文協はもっと思想的にも含めて
それを語る著者を探してほしい。
ぜったいどっかにいるはずと僕は思う。
僕はそれを読みたい。

なんて話を農文協のペーペー営業マンに対して
玄関先で30分以上してしまった・・・。
そんなこんなで、スタッフの授業は流れ、
娘の晩御飯のカレーは慌てて作るからルーを間違えて辛くなり
自分はお昼抜きで仕事する羽目になった。

ちょっと病気かもな、と思いつつ
いや、おっさんってこんなんだよな、と
自分に言い聞かせている。

関連記事
娘が小学校の宿題に
コメントが欲しいとノートを持ってきた。
この後期(娘の学校は二学期制)に
頑張ったことなどが書かれてきたが
冒頭に将来の夢が書かれていた。
そこには
インドネシアに青年海外協力隊で行って、文化とか勉強したい
と書かれていた。

この環境で育てば
自然にそうなるのだろうか。
この時期に思った将来は
かなり自分のこれから歩む道に影響したりする。
少なくとも自分はそうだった。

まだまだ紆余曲折あるだろうけど
青年海外協力隊に行きたいと
外に目を向けるその姿勢が
僕はとにかくうれしかった。

関連記事
確定申告終了。
毎年1月からこの時期まで
この確定申告がつねに頭のどこかにあって
ストレスを感じる。
計算が苦手なのと
細かく数字で管理することが出来ない性格なので
こういう作業は苦手。

申告した年度も
めでたく売り上げ増(それなりに)&所得増(こちらは微増)で
税金も増えました(これはかなり・・・)。
きっともっと上手な人は
節税するんだろうけど
そういう知恵が無いので
全部そのまま。

ま、そんなことに頭を使う余裕があるのなら
新しい何か面白いことを考えた方が
性に合うので、良しとしようか。

で、その面白い方は
JICAからいただいたJICA基金の今年度の報告書。
そういうのを書くのは苦手なんだけど、
これにかこつけて
インドネシアの卒業生たちに
レポートを書きまくってもらった。
それを読むのがなんとも至極幸せ。
彼らの視点はまだまだだけど
彼らの夢への勢いと苦悩と希望を
ここにいてその息吹を感じられるという贅沢。
これほど面白いことはない。
上手くいかないことばかりだけど
だからこそ面白い。
節税に使う頭があれば
僕はこういうことに
時間と労力をかけたい。

関連記事
JA福井市の青壮年部の総会があった。
といっても、まぁ、先月の話で、
申し訳ない。

今回の総会は
例年通りと言えば例年通り。
でも一つだけ違った事がある。
それは今度の総代会でも審議されるのだが
JA福井市が25の支店を
一ブロック一支店へと再編するという
大きな改革案を提出する予定になっている。
経営管理委員の一人として
集落座談会や総代説明会に出て
組合員さんから質問や不満や不安を
聴く立場にあったのだが、
これは一筋縄ではいかないなと思いつつ、
青壮年部の代表として
各支店に支部を置く現状で
青壮年部が今後どのようになっていくかを案じてもいる。

というか、案じるだけではだめで
行動をしないといけない。

というのも総代会を通れば
29年度は
一ブロック一支店へ向けて動き出す。
なので、青壮年部も29年度は
視点という拠点を失っても
どのように活動を持続できるかは
議論したいところだ。

とは言いつつも
今年で2年間、青壮年部の部長をしたが
恥ずかしい話、
いまだに25人の支部長全員と顔を合わせたことが無い。
支部長会議は年に5回ほどあり
その機会はあるのだが
なかなか出席してもらえていないのだ。
向こうが来ないのなら、こっちからいこう!と
28年度は比較的出席が無かったブロックを中心に
支部長会議を移動して行ったのだが
それでも来ない支部の方は来ない。
もう家まで押しかけようか?とか
全部の支部の総会に出かけようか?とまで考えているが
まだ実行に移ってはいない。

支店がなくなれば、
支部活動はどうなるのか。
その声が聴きたい。
僕が支部長を務める河合支部は
たとえ支店がなくなっても(どこに支店を統合するかはまだ決まっていない)
支部活動は継続されるだろう。
それだけの活気もあるからだが、
他はどうなんだろう。

開会の挨拶で、
JAは支店の統廃合をしても
職員が出向く体制を作り上げると言っているが
僕ら青壮年部も地域とJAとの間を
生産を中心につなげていくパイプ役を
つとめるべきだと話をした。
濃淡のある活動は
それぞれの支部の特徴だったり
その地域の事情を反映していることなので
一律の活動は求めていない。
ただこの段階に
議論が活発に行わなければ
きっと僕らの組織は消えてなくなるだろう。
僕一人で出来ることは
ほんとうに小さい。
問題提起はしていくが
それに呼応してくれなければ
僕にはなすすべはないのだ。



関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ