週末は句会だった。
前回が0点で、気分が盛り返すまでに
2週間はかかったこともあり、
慎重に句を選んで臨んだ。
句もこれまで以上に作り
たぶん200近くは作った。
その中から5句選び投句したのだが、
基本的にはダメ句が多く
やはり投句用の句を選ぶのは
かなり頭の痛い作業だった。
どうも言葉が固いというか、
熟語ばかりになるというか、
柔らかく嫋やかな、
そして情緒あふれる言葉遣いが出来ない僕は、
かなり悪戦苦闘しているというのが
現状だろう。

さてそんな中、
投句した句の一つは
僕が尊敬する句会のメンバーである
木内さんに特選に取っていただいた。

畑脇に詰まれし肥やし秋暑し

先生からは、「畑脇」ではなく「畑隅」の方が良い、
と指導され、
「詰まれし」は「積まれし」の間違いですね、
とも指摘された。
確かにその方が分かりやすいのだけど、
堆肥場にどんどん業者が詰め込んでいく堆肥が
その熱さと秋の暑さとこれから始まる秋作への
想いとをかけたので
情景的に「詰める」を使ってみたけど、
先生としては
17音しかないのでみんなが分かる表現で、
とのことだった。
見た目をそのままというわけでもないのが
俳句の写実なんだろう。

他の方2名の入選だったのは

穂肥ふる農夫は無口秋隣

という句。
これも先生の直しが入り、
「無口」を「語らず」にしたほうがいいとのこと。
熟語で表現するのではなく
柔らかい表現を選ぶ方がいいようだ。
また穂肥は「ふる」という表現はどうか、
とも話になった。
やる・まく、ではないかというメンバーの意見だったが
日常的に僕らの農業の現場では
「ふる」を使う。
だがこれも他の人にも分かってもらえるのが大事ということで
ふるの表現も直しが必要だろう、とのことだった。
テクニカルタームの使いどころが難しい。
現場感を出そうと思えば、
わざとテクニカルタームで行きたいところだが
理解されないのではダメ句になる。
専門用語が情緒を醸し出すこともあるので
バランスが重要ということだろう。
規定されないし
個人の感覚に左右されるので
センスが問われるね。

メンバーの方には取ってもらえなかったが
先生からはこれは良い句だと褒めてもらったのが

虫除けをふりかけて行く墓詣で

という句。
メンバーからは墓詣でと虫除けで
季重なりではないかという指摘もあったが、
先生はこの場合は季重なりにならないとのこと。
その判断も
自分ではまだよくわからない。

さて、今回の句会では
「晩緑」という言葉を使った句が登場した。

晩緑の古刹はひがな風涼し

新緑・万緑は季語として成り立っているが、
晩緑はまだ歳時記には載っていない。
横落の前の緑のもっとも終わりの頃を意味するらしく
先生曰く
もうすぐ季語になる言葉、とのこと。
なので、この句は
季重なりと指摘をされていた。
万緑がかつて

万緑の中や吾子の歯生え初むる 中村草田男

という句が生まれ
季語として確固たる地位を得たのだが、
晩緑もまたそのような名句が生まれることで
季語として定着するのだろうか。
黄化する前の緑に
僕らはどんな想いを載せて詠めばいいのか
僕にはまだわからないけど、
いつかはこの言葉で
俳句を読んでみたいな。

今回の句会では
色の感覚も勉強になった。

神の山蒼きを遠に早稲を刈る

という句があったが、
先生は
「蒼き遠に」はだめ、「縹に遠し」だ
と直されていた。
蒼いんじゃなくて、縹色だという。
なるほどね。
色の名前とその用途もぴたりと合わないと
いけないのね。
17音だけの文学は
相当に厳しい。

今回の句会で
僕が特選に選んだ句はこれ。

秋燕過る一等三角点

山頂にある一等三角点を
つばめが過ぎて、南へ帰っていく。
壮大な旅程を一等三角点で表現し
空の高さもその言葉だけで表現していて
もう読んだ瞬間に、これだ!と思った句。
本当に素晴らしい。
平易な言葉で
壮大な空間を表現する。
僕もそうでありたい。
ちなみにこの句はメンバーの奥村さんの句だけど
これで僕は3か月連続で
奥村さんの句を特選として取っている。
奥村さんの作る句の繊細さというか
感覚が僕を強く揺さぶる。
奥村さんが句集を出したら
絶対買おう。

8月はこんな句会だった。
今回は落ち込まず
とても楽しい句会で良かった。
うふふ。



関連記事
今年も早稲田の学生が
農村体験の実習でやってきた。
今年は2名の学生を受け入れ、
特に外国人技能実習生についてあれこれと議論を交わした。
農業の現場は高齢化が進み
若手の就農は伸び悩んでいる。
その一方で強い農業をめざし、
法人化して規模拡大や輸出、
ICTなどの新しい技術を活用した
低コストによる競争力のある農業も
また伸びてきている。
イノベーションが起きつつあり
農業が産業として変化を遂げようとしている現場で
人手不足が常態化しようとしている。
経済的な問題よりも人口問題のほうが
要因として重くのしかかっていて、
どうすれば今後農業界が
優秀な人材を潤沢に確保できるのか、
その部分ですでに躓き始めている。

その問題のある意味出口にもなるはずだったのが
外国人技能実習制度だろう。
とここまで書いたけど、本題はこの話じゃない。
それにこれについてはもうすでにエントリーに記録済みだ。
また新たな動きが出てきたらその話も書こうと思うけど
今回の主題は大学生である。
ま、その大学生たちは、
この外国人技能実習生が
普通の実習制度と違うやり方で
農業の構造的問題の出口を僕らが指し示し続けるので
やって来ているのだけどね。

さて彼らは3年生で、
その現状の主題はいろいろあるのだろうけど
やっぱり大きいのは就職、だね。
意味のある仕事とは?
どんなことに人生を捧げるべきか?
条件のよい仕事って?
やりがいのあることはどんなことなのか?
なんて尽きもしない悩みのループの中に居た。
大手や公務員などの安定した仕事が良い。
でもその一方で、
やりがいも気になる。
自分のしたいこと・やりたいことが
人生の主題に出来るのかどうかの不安もある。
その悩みに
最初に真剣にぶつかる年といっても良いだろう。
ただ、その悩みは、
その年で終わるわけじゃなく
僕でもまだその悩みの残り香を
すこし抱えながら前に進んでいるのだから、
彼らは人生の意味を考え始めた1年生ともいえるかもね。

そんな彼らの1人は、
「僕は国防の仕事がしたい」と言い切っていた。
金銭的な満足よりも
本当に必要なことに命を懸けるのだという。
なるほど。
向こう見ずの無鉄砲は、学生の専売特許だ。
先鋭化して、突出するのもいい。
だから「国防」という言葉を吐いても
それはそれで良かったのだけど
「国防」なんてキーワードが飛び出してくるなんて
まさに時代のなせる技かな。
なんて思う。

国防としての自衛隊については
自分なりに考えがあるが
その仕事については、ここでは議論の対象から外そう。
彼のいう国防とは
国を防ぐと書くが、どの国をどの脅威から防ぐのか。
こんなことを書くと時代に怒られるような
そんな気分があるのも
今の時代の危うさなんだけど
その守るべき対象となる国家は、具体的にどこの誰なのか、
その辺りに僕は強い違和を感じる。

愛郷心という言葉がある。
権力者からちょっと都合よく使われがちで、
使い道を誤ると危ないのだけど
自分が係る地域への愛情を表現した言葉だ。
ノスタルジーに故郷を想う気持ちも
この中に大きく占めているから
時に勝手な想いで愛郷心が独り歩きをして
その地域の実情と違う部分で突き進んで
急に国防へと昇華されるから
僕はあまり好きな言葉ではないのだけど
僕らのように国内外の地域に
関わりを持ちながら
その地域への愛情を深めてきたその根本を
言い表す言葉が、他に思いつかないので
愛郷心をこの場合は使おう。
なので、ノスタルジーで普段は関わり合いも少なく
自分の勝手な想像と想い込みで
愛着のある地域の話ではないことを明記したい。
責任と覚悟が発生する地域愛をこの場では言う。

僕にとって
インドネシアの関わりを持っている地域は
すでに20年近くの歳月があり
そこにはここにいる人たちと同じように
場合によってはそれ以上に愛をもって接している人たちが
住んでいる。
冒頭でも少し述べた
外国人技能実習制度も僕らにとっては、
それを相互に補完してきた活動ともいえるだろう。
僕はその意味で、
愛郷心をこことインドネシアのある地域に
強く持っている。
こことあっちとの地域の交流も
これからも続けていこうという
推進力はまさにその愛があってこそだ。
だが、だからといって
それが昇華されて
インドネシア共和国や日本国家を
守るべき対象として
僕個人が行動を起こすかどうかは
かなり不明だ。
自分のやっていることが
時の権力者にとってはどうかはわからないが、
社会にとって不利益になるようなことは
やっていない自負はある。
その意味で、国家を邪魔する気のないし
国家が越境して個人を封殺することも許さない。
統制の行き過ぎた国民国家は
先日の敗戦忌が良く物語っているじゃないか。

だから
国家を守りたいという大学生の
その気分が自分には良くわからない。
守るべき具体性に欠けていると僕の目には写るからさ。
どの国でも国会議員なら
国境警備隊や軍隊なら
たぶんその抽象性のなかに生きているのかもしれない。
でも経験がないので良くわからない。
青年海外協力隊で、日本を代表して派遣された時は
すこしその国家なりをイメージしたような気もしたが、
やはり日本だからとかではなく、
僕ら個人がその地域とどうかかわるかが
活動の主眼であり、それ以外はあまり関係がないので
国家を自分の中に構築することもなかった。

国防を語る君は
それだけその場へのコミットをする
その情熱をどこから得ているのだろうか。
僕は、偶然と必然と運命とランダムの波の果てに
出会った今のインドネシアの地域と
時として嫌気もさす自分の生まれ故郷とに
交わる経験を生み出す場に巡り合い
その経験から生み出された愛着を
情熱に換え、
推進力を保っている。
国家ではなく、個人とその個人が愛するその場所を
その個人の肩越しに
時には自分の勘違いも
やや含まれるかもしれないその視点で眺め、
そこから生まれる感情を持って
付き合いの深度を深めていこうと思っている。
そういうことならば
僕にも理解ができるが、
君のいう国防には
その視点もなければ
そういう発想もない。
少し年を取った経験則に頼る人間の
凝り固まった考え方なのかもしれないけど、
そこから生み出された直感が、
君の考え方と視点について
警報を鳴らしているのは、事実だ。
真面目に将来を考えているだけに
もう少し気の利いたことが言えるといいのだが、
言葉じゃ無理かな。
僕らの実践していることが
君のその視点に何か付加されて
変化を起ることを望みたい。


関連記事
ブログのアナライザーを見ると
木曜日が閲覧が多くなる。
みんなも木曜日に更新されるぞって
知ってるんだね~。
ちょっと一日ずれたけど、
その期待に応えて久しぶりに書くか。

記録しないといけないことは
日々多いのだけど
今年はどうしても記録が疎かになる。
7月はたったの3回だもんね。ありえないな。
もう少し書こう。

今回は7月28日のアンビシ勉強会について
記録しようか。

毎回自分の発表ではテーマを決めて
そのテーマに沿って数冊読んで
プレゼンしていたけど
今回は準備が1か月しかなかったので
1冊だけでプレゼン。
ま、テーマは
「働くことについて考えてみよう」
ってことにした。

参考文献は、これ。

内山節 竹内静子 著 『往復書簡 思想としての労働』.1997.農文協.

あ~内山節かぁって思ったかもしれないね。
うん、このブログでも、
7、8年前にさんざん取り上げて書いてきたけど、
ある日彼の示す出口じゃ、
農村は衰退するばかりじゃないか?と思うようになり
最近は全く読まなくなってしまっていた。
心は豊かになっても財布がさみしくなるというか、
その頃の僕の主題としては(今もそうだけど)
農業が産業となり若い人材がたくさん流入してきて
イノベーションも起き、
先進国や途上国という枠がぼやけ、
外国人も現場に増え、
国内外の農村と農村がグローバルにつながり、
刺激を受けながら自らの特徴を際立たせていくべきだと
思っていた。
そうしないと農業は沈没してしまうからだ。
だから、農業の現場は思想的な統一感よりも
資本主義に則った多様な活力ある経営の集合体で
あるべきだと思うようになった。
だからもう読まないと思っていたのだけど、
全くお金にもならない地域活動に
がんじがらめになる日々を数年経験するうちに
仕事にとって必要なことって何だろうって
思うようにもなった。
こういう時こそ
思想的な手助けが必要になるってわけか。
なので、活力ある経営の集合体だろうがなんだろうが
人として人が満足を得て日々を暮すことに
哲学はやはり切っても切り離せないんだ、と
そんな至極当たり前のことに
ここ10年かけて理解した次第。

ということで、本題に入ろう。
レジュメを分解しながら記録していこうと思う。

本書は哲学者内山と労働社会学者の竹内(実はかなり年の差のある夫婦)が
往復書簡形式で労働の意味をあえて理論的に定義せず、
思想として労働を捉えようとした本。

本書の本題は、
「近代西欧思想を再検討しつつ、人間や社会と労働の関係を、その大本にまで遡って創造しなおしてみたい」ことであり、
労働の変容が、人間、家族、社会などを
どのように変えたのか、を考察している。
人間労働は技術の蓄積と継承性を失い、
マニュアルに頼っての仕事になり、
最先端といわれるような職種に就いている人たちも、
技術の進歩に置き去りにされて使い捨てられることを
恐れていると指摘する。
重要なのは、
「思考や想像力を労働に活かしてつくりだされる様々なモノや行為は、ときに他者にそれが持つ経済的価値以上の満足をもたらし、そのことによってその人に、労働の喜びや誇りをもたらすものです。人間はこうした労働の創造を通じて、社会的な諸関係と個人としての自分自身を形成しているのです」という。

そう、労働を賃金を得るためだけに
閉じ込めてしまうことが
またその関係の中でしか形成されないモノと
捉えることが
その行為自体の意味を委縮させ、
全体として賃金が発生しない、
例えば生活や地域活動のような広義の労働を否定し
さらにはコミュニティとしての
産業としての「場」の委縮につながっていくのである。
農業を多様な経営体の集合として
活力あるモノにするのであれば
その場の労働は、意味のある日々の暮らしが根底にある
生活や地域活動の活発な場として存在しなければならない。

勉強会では、いくつかの質問をしながら
進めていったので、ここでもそうしようか。

質問①さて、ここで質問です。皆さんにとって労働の目的はなんでしょうか?

著者らは、労働における「自己実現」という
目的意識を批判する。
労働は人間の生活と分離できない形で
日常に存在していたのだが、
近代化される過程の中で労働は生活と分離され、
労働は特殊なモノになり、
それに対して構えなければならなくなった、という。
労働の目的を見つけなければいけないその意識そのものが、
すでに現代社会の影響を受けていると指摘。
労働の意味を自己実現に見出そうとすると
逆に今の社会に取り込まれ「成功者」の道を
探すことになってしまうのである。
つまりは自分の労働に自分なりに意味づけを
しなければならなくなった時代の発想というわけ。
質問に自己実現だと答えた方は
もうその視点自体が狂ってきていると自覚せよ。かな。

質問②次に「仕事」と「稼ぎ」は、あなたの中で一緒ですか?それとも別れていますか?

「仕事と稼ぎ」:農業が近代化される前も
当然のごとく市場経済の中で生きていたが、
それが今のように大きな存在ではなかった。
生きていくために必要な部分での仕事を「稼ぎ」とし、
村の営みを支える労働は「仕事」であった。
賃金のための仕事や商品作りばかりがひろがってしまうと、
村の暮らしそのものが
壊れてしまう危険性が生まれてしまう。
村の営みにとって必要な「仕事」と、
稼ぐことを目的とした「稼ぎ」を分けてとらえ、
「稼ぎ」を「仕事」よりも価値のない労働と考える
精神の習慣を身につけた、と著者らはいう。
これ結構分かれていない人多いんじゃないの?
僕に地域活動を押し付けている人は、きっとそうだね。
タヤはお金にならないことを好きでやっているって
言っているようだけど、
そう言っている人たちのその視点が
その精神の習慣に捉われていて
狭義の意味の労働に埋没してしまっている。
その人たちに問いたいね。
僕に押し付けて作った余白の時間は
あなたの人生の充実に結びついていますか?ってね。

質問③皆さんはなぜ「農業」を志したのですか?もちろん複数回答で。

「精神の習慣」は19世紀中葉の
フランス政治社会学者トクヴィルの言葉。
ある時代の人々がその対象をどのように考えているのか
というその精神の習慣を分析することを提唱した人。
もともと新大陸のアメリカが
どうしてあんなに狂ったように儲け主義で
突き進むのかを分析したようだね。
伝統的ヨーロッパ社会から見れば
当時のアメリカは狂って見えたのかもしれない。
今じゃ、それが当たり前になっているのも
そう思うと空恐ろしいけどね。
さて
労働をどうとらえているのか、
その時代の精神の習慣を浮き彫りにすることで、
労働が社会の中で
どのような位置づけをされているのかが
自ずとわかる。
「たとえば今日の私たちは、経済的価値を生みだす労働だけを労働だとみなす精神の習慣を持っている。(中略)このような労働観があることによって、経済労働中心の社会ができあがってしまっているともいえます」
と内山は指摘する。
「労働は、労働者が自分の考えや想像力を注ぎこみ技能を発揮して、いわば創造の喜びを感じていくものであり、同時にそれによって他の人に様々な満足をもらたすものでもある」という著者らの指摘は、
労働とはマニュアル化されない、
実践的に直感的に経験的に培ってきた技能(技術は普遍化されていて、いわゆる近代化されたモノ:加筆)によって
支えられてきた生活と仕事の両面で
発揮されるモノであり、
その一部が狭義の労働として
金銭を得ることにつながっているにすぎないという。
この辺りから
もしあなたが見ていた風景が変わってくれば
結構カンの良い方ですな。

質問④皆さんの生産物は、交換価値と使用価値のどちらが大きいでしょうか?

アダムスミスが価値を二つに分けて分析。
アダムスミスは水とダイヤモンドを例に
水は使用価値が高いけど交換価値は
ほとんどない。
(今の水ビジネスを考えるとそうも言えないけど、それはそれだけ交換価値を高めた結果だね)。
その反対にダイヤモンドは
交換価値は抜群に高いけど、
その使用価値はあまりないって説明している。

交換価値を高めても使用価値が高いとは言えず、
その逆で使用価値が高いからといっても
交換価値につながらない。
初期の社会主義的経済学では、
この二つの価値に相関をもたせることに夢を抱いていた。
もしこの二つが正の相関を持つのであれば、
労働はここまで疲弊したものにならなかったはず。
使用価値は受け手との相互性の中に存在し、
量的に測ることができない。
しかも相互の関係の条件によっては
しぼんだり脹らんだりする。
一般的には喜びや尊敬、誇りなどに表現されることにこそ
人間労働の本質が見出されるはずだ。
結論として著者らは、
労働は技能を通じて他者との相互性を
同時に形成していくことであるとしている。
「農民の新しい試みは、(中略)生産自体が消費者との直接の交通のなかでおこなわれていくのであり、生活・地域で様々に試みられている仕事づくりは、様々な相互の関係をつくりだすことと同時なのです」と締めくくっている。

質問⑤ではでは実際の我々の農業はどうか?

新規就農者で高収益、農外から入ってきた起業家、
大手株式会社の農業法人などが成功者と捉えられ、
農業技術と農学と経営とマーケティングが
それぞれの学問や科学でマニュアル化され、
JAや市場の規格に適合することは
使用価値につながっているのかもどうかも不明で、
完全に相互性を失っているんじゃないだろうか?
労働こそ生活と生産と密着しているからこそ、
地域を場とすべしという著者らは言うが、
子供会やPTA、青年組織活動などは、
精神の習慣から見れば、
負担感のある活動に追いやられ、
その場に住む人々は
村は寝るに帰るだけの場所となっている。
地域の役漬けになり、
金銭にならない労働を増やされていくのだが、
それが喜びや尊敬、誇りにつながるような相互性は
確保できているようには思えない。
それはそれらの仕事や労働を
そのように見る今の社会の精神の習慣による
疲弊だと思うのは行き過ぎているだろうか。
生活の場を離れ、
短期的な収益と効率化の競争に勝つことが、
今の農業で成功する道なのだろうか。
おまかせ便も所詮、精神の習慣からは逃れられず、
相互性は思ったほど確保できない。
僕らの使用価値の復権はあるのか?
相互性は復活するのか?
それとも新自由主義のように
効率的に定量出来ない部分を切り捨てることが、
「成長」の競争力としかならないのだろうか。
それともその精神の習慣の中でも、
小さくても相互性を確保し
日々の暮らしを彩らせることができるのか?
さらにはその習慣さえも
変えるだけのインパクトを自分たちが
作り出すことができるのだろうか?

皆さんはどう思いますか?




関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ