先週末から、大学院生が農園で
インターン中である。
海外へ調査に行くとのことで、
農業や農村について事前に学びたいと
やってきた。
また妻からは農村での調査をするにあたって
さまざまなポイントを指導。
僕ら夫婦だから出来る研修と言っていいだろう。

さて、その学生さんは地域資源に関心がある。
すでにエチオピアで予備調査をされたということで、
たくさんデータを持ち帰ってきた。
しかし、
帰ってきて改めてみれば、そのたくさん取ったはずのデータは、
本来自分が明らかにしようと思っていた事柄とは
関連性が見えにくいデータも多かったという。

こういうことはよくある。
調査前にしっかりと計画を立てて、
何を聞けばその事柄が明らかになるかも
何度も何度も精査しても、
いざ現地に赴くと、
インタビューの
時間や場所や使う単語の認識のズレや
インフォーマントの語りのツボなどに
大きく左右され、
それでも立て直しが出来るならいいが、
異世界の高揚感と大量の情報に混乱し、
自身を見失ってしまうことも多い。

それでも必死に
それら困難を振り切って、
計画通りに情報を集めてきても、
その事柄を明らかにするはずデータが、
その事柄だけを断片的に切り取ったモノとなってしまい、
そこに住む人たちのリアリティから
かけ離れたデータとなってしまうこともある。
帰国後に膨大なデータが
ゴミのように見えることだってある。
こうした喪失感は僕にも経験がある。

そうならないための訓練と
農村で農業を生業にしている相手のリアリティに
寄り添いながらインタビューを展開していけるための
農業の素地を身に付けるために、
大学院生は、ここにやってきた。

さて、ここでのインターンの中身についても
少しだけ紹介しようか。
その学生さんに農園を案内しているときの一コマ。
堆肥場を案内し、生ごみを堆肥化して利用していると説明した。
すると学生さんは、
堆肥の種類や作り方、
野菜によって堆肥を使い分けるのか、など、
堆肥にフォーカスを置いて様々な質問を投げかけてくれた。
そこで僕は、多様性を大切にする観点から、
土づくりの話をし、
微生物と土と植物の相互作用の大切さや、
それがさらには圃場内の多様性を生み、
総合防除的な視点から、
すべての虫を排除するのではなく、
多様性の中でバランスを取って、
特定の虫だけが繁栄しないのが
大切だと話をした。
学生さんはメモを取り、
堆肥から始まったインタビューは
総合防除やエコシステムにまで及んだ。

堆肥場から我が家までゆっくり歩きながらの
インタビューで時間にして10分程度。
家に着くと、先に帰っていた妻が一言。
「で、地域資源としての堆肥の話は聞けた?」
そこに意識が言っていなかった学生さんは
はっと我に返ったような顔をしていた。
堆肥にフォーカスが当たり、
その技術的なことをインタビューはできたが、
肝心の堆肥を中心にした
地域の資源の活用やマネージメント、
そこに関わる人々の息遣いは
まったく見えていない。

短時間のインタビューでは
そんなことは難しいとは思うかもしれないが、
そこに意識を置いて話を聞くかどうかで、
データの質が変わってくる。
その事柄を中心にした
人々の繋がりや農業の様式が
展開されないとやはりとってきたデータは、
地域資源と言うカテゴリでは
断片的になってしまう。

インフォーマントの語りのツボを押すと、
大量のデータが引き出される。
でもそのデータに押されっぱなしで
それを記述することにばかり必死になれば、
自分の関心からはどんどん離れていくこともある。

たまに
語りを遮る人もいる。
新聞の記者さん等でこういう人はたまにいる。
自分の書きたいことやストーリーがすでにそれなりにあって、
それに合う話だけを効率よく聞こうという場合がそれだ。
語りを遮られると、あまり気分が良くない。
最悪の場合、
調査者が何を聞きたいのかを
インフォーマントが先回りして察知してしまい、
それに合わせて相手が喜ぶように
饒舌に語ることにもなりかねない。
こうなったら、もう誰のリアリティなのか
さっぱりわからないことになる。

相手の語りに寄り添いながらも、
自分が明らかにしたい事柄を心のどこかにとどめ
少しずつインタビューを修正させていく。
そんなことを言うのは簡単だが、
ライブで進行していくインタビューでは
なかなか難しい。
だからフィールドノーツをしっかりとつけ、
その修正が大切になる。

農業を体験してもらいながら、
僕はインフォーマントとしていつでもどこでも
その質問に答える。
そしてその質問のやり方や内容について
妻が常にチェックを入れる。
学生さんは大変だろうが、
このインターンは、僕ら夫婦にとっても
とても刺激的なものになりそうだ。
関連記事
僕らの勉強会を再開。
毎週水曜日のお昼12時45分から1時半まで開催。
無駄話なし&お酒なしの短期集中型勉強会。
面白い話から、あまり聞きたくもない現実まで、
いろんな議論を重ねながら、
参加者の思考力と農業で世の中を生き抜く力を
みんなで磨きたい。

さて、今回は9月19日の記録。
発表者は農園のラテン男・佐藤君。
発表内容は自身が受けた「ジュニア野菜ソムリエ」について。
奇しくも、彼の繋がりで来園いただいた
千葉のイタリアンレストランの方々も勉強会に参加。
とても賑やかな勉強会になった。

さて、野菜ソムリエ検定には、3段階ある。
ジュニアソムリエ・ソムリエ・シニアソムリエの3つ。
佐藤君は、このうちジュニアソムリエを今回受験した。
ジュニアソムリエは、
「野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむことができる人」
とのこと。
講義内容は、野菜・果物の特徴・栄養だけでなく、
流通や栽培法、果てにはコミュニケーション力まで
多岐にわたる。

彼は、野菜の品種などに詳しくなりたいと考えており、
その面では、講義内容は満足はいかなかったようだが、
野菜カルテなどの作成を通して、
知識として蓄積していく方法を学べたので、
今後自主的に学習するのにためになった、と話してくれた。

野菜ソムリエの検定は、2001年に
ベジフルマイスターという名でスタート。
2009年からは野菜ソムリエに改名。
卸業者などのプロを対象に行う予定だったが、
予想を反して一般の方が多く受験している。
現在4万人が資格を持っており、
佐藤君が受験した今回も、一般の方が多かったという。
子供がアトピーで困るお母さんや、
自分が体調を壊してから、食べ物に関心を高めたという人など、
食や健康に関心のある方々が多く受けているようである。

この資格は、大抵の受講者が合格する。
だから資格自体にあまり価値は無いらしい。
佐藤君曰く、「取ってから始まり」らしい。
佐藤君は、この資格を通して、
野菜ソムリエ協会のイベント参加や農園との関わりある方と
直に交流する場を作って行きたい、と締めくくってくれた。

僕もそれに期待したい。

関連記事
P1030899.jpg

農園のさつまいもは2種類。
紫イモと安納いも。

そのどちらも収穫してすぐは、
それほど甘くない。
だから、しばらく保存してから食べるのだが、
どうしても待てない。

で、妻がオリーブオイルで素揚げにして、
はちみつで少し甘みをつけ、
クリームチーズをのせた前菜を作ってくれた。

クリームチーズがイモの甘さを引き出し、
ワインと良く合う一品に。

今年のさつまいもの収穫を祝いつつ
親子三人で取り合いになった
食卓だった。
関連記事
羽水高校の放送部の取材を受ける。
なんでも放送コンペ用の番組で、
僕を取り上げてくれるそうだ。
なんとも光栄な話。

取材をしたいというので、
ハウスまで来てもらった。
高校生だし、それほど突っ込んだ話もないかな?と
ちょっと高をくくっていたのだが、
そんなことは全くなかった。

僕のブログを読み、
キーワードをしっかりと書き出してのインタビューだったので
こちらも本気モードで応対した。

「田谷さんの言う『農のチカラ』とは何ですか?」
ほう、それを高校生が尋ねるか。
農のチカラとは、
まずは畑や田圃と言った農地を耕すこうした農業と言う
独特の生産様式にある力で、
人々を受け入れる、
コミュニティを形成することのできる
場を提供する力がその一つ。
生産を中心にして、その利用と交流から
コミュニティが発生する。

もう一つは、ほとんどゼロから
エコシステムを最適に利用することで
小さな種から人が絶対必要とされる
食料を生み出す、
いわゆる価値を生み出すことができる力。
共食の我々はさらに食べる行為が、
人々をつなげ、それは文化にまで昇華する。
この二つが、僕が思う農のチカラ。

どこまで理解できたかどうかは不明だが、
インタビュアーたちの表情からは
何か手ごたえを得たような感じだった。

番組が出来れば見せてもらう予定。
さて、どんなものが出来上がるのだろうか。

関連記事
先週末と今週とBBQ続きだった。
来園してくれる方々が増え、その交流でのBBQ。

IMGP0684.jpg


先週は、青年海外協力隊の方々と一緒にBBQ。
OGで今年から学校教師となった方が、
この夏、農園に研修として農作業を体験しに来た。
その時のご縁で、みんなでBBQをやろうとなり実現。
総勢30名以上の参加者になり、
収穫体験をしつつ、その野菜をその場でBBQ。
インドネシアの研修生たちや農園のスタッフの
歌と踊りも加わり、
なんだかとても異国情緒あふれるBBQになった。
またこの会に合わせて、
協力隊同期の友人も来福。
7年ぶりに旧交を温めた。
いい感じで飲みすぎ、
久しぶりに協力隊時代の思い出に酔った。

IMGP0744.jpg


そして今週のBBQは、
スタッフである佐藤君の友人が努めているレストラン一行が
(十勝ットリアカステロ)
ご来園いただき、その交流で実現。
野菜や料理の話に花が咲き、
ここでもまたインドネシアの研修生たちの生演奏ありで、
とても楽しい会になった。
ただただ美味しいモノではなく、
生産者のこだわりもすべてを料理にしようという
意欲の高さにこちらも感化される。
こういうやり取りは、本当に楽しい。

いつか農園でこういう催しが出来れば、と
少し前から良く考えていた。
交流をしながら、お互いの意見やこだわりをやり取りできれば
とても素敵だと思っていた。
モノは流れていくけど、
情報が分断されていく不完全な流通の中に
身を置く僕らは、いつか僕らが作る野菜の全体像も
すべてが一緒になって流れていくことを夢想していた。
その夢想から見れば、
まだまだ小さな取り組みに過ぎないが
確実に僕らは一歩を踏み出している。
ちょっと前まで、これらのことすべては
夢想に過ぎなかったが、
今は、ややはっきりとその先にあるものを
僕は見通せるようになってきた。
それが可能になったのも
スタッフとして農園に来てくれた大西君や佐藤君の
個性と能力によるところが大きい。
まさに僕が想像した「チームでやる農業」。

僕らは価値を生み出す仕事(農業)をしているからこそ、
もともと発信に値するモノと
場として人々を受け入れる強みはある。
でもそれを活かす力はあまりなかった。
なぜなら、小さな家族経営中心の業種では、
それは個人の能力によるところが大きかったからだ。
だから発信力も場を形成する力も弱く、
僕らは不完全な流通に従属的にならざるを得なかった。
でも、もしそれがチームであるならば、
弱いところを相互補完し合えれば、
僕らは、もっともっと自由に、
そしてもっともっと強くなれる。
そんなことを感じたBBQだった。

関連記事
P1030870.jpg


紫サツマイモの収穫が始まった。
このイモは、甘さは足りないけど、
でもでも、この色がとても気に入っている。

妻が、とってきたばかりの紫イモを
リンゴと一緒にオレンジジュースで煮てくれた。
ミントの色も鮮やかで、
気分も華やいだ。
親子三人で取り合いになるほど
たのしい食卓になった。

今年もまた、このサツマイモの色で
いろいろな料理を楽しもうと思う。

関連記事
先週、妻が1週間ほどインドネシアに出張していた。
まだまだ夏野菜の出荷が衰えないこの時期に、
農作業にプラスで育児と家事をするのは、
正直、不安だった。

出発する前、妻と娘には、
「とてもじゃないが、晩御飯は作っていられないので、ほとんど外食かも」と
宣言していたのだが、
実際には、外食無しで過ごせた。
僕の農作業の忙しさは変わらなかったが、
娘の動きが違っていた。
料理はまだまだできないが、他の家事を手伝ってくれ、
そのおかげで晩御飯作りはスムーズだった。
休みの土曜日は、2人でデートして
その夜は、ピザを焼いたり、ビデオを見たりして
ちょっとしたパーティーのようだった。

思っていたよりも、
小学校1年生は、いろんなことができることに
僕も娘も気が付いた。
もう、なんていうか、君は「小さな子供」じゃないんだね。

妻は仕事柄、
これからも、もっともっと外へ調査に出かけるだろう。
でもそれは、僕らにとって苦痛ではなく、
父子のちょっとした楽しみにすらなりそうだ。
僕ら家族の可能性が広がるような1週間だった。


関連記事
母方の祖父が、
「これ徹君に渡してくれ」と言付かって、
叔母があるものを持ってきてくれた。

その電話を聞いた時、
さてはまたお気に入りの「おかき」を
大量に買い込んで差し入れてくれたに違いない、と思った。
そういうことがこれまでも何度もあったからだ。
孫はいつまでも孫なのだろう。
僕も巷で言う「いいおっさん」になってもまだ、
祖父はお菓子の差し入れをするのだ。

と思って受け取った荷物は、
お菓子ではなく、一冊の本だった。
『植物医科学』という題の本。
ラテン語と専門用語がずらりと並ぶ、
植物病理学の中でもやや前衛的な専門書。
ネットのアマゾンで、僕のおススメに
たまに出てきて、僕も少し気にしていた本。
しかし、今年で85歳になる老人が
送ってくるには、やや専門的すぎる。

祖父は何も病理学の専門家でもない。
特に何かの学問を修めてきたわけでもない。
ただ、会社勤めを早めに辞めて、
農業で生計を立ててきた人。
その中では、かなりの研究熱心で、
さまざまな取り組みをこれまでもしてきている。
菊中心の農業経営で、その分野での研究は当然のことながら、
それ以外にも海水を散布した米作りや、
納豆菌を利用しての野菜栽培etc.
それにしても、その本は専門的だったので
祖父に電話で確認をした。

祖父の話はこうだった。
先日、県外に用事があり電車に乗って出かけた。
たまたま近くの席に
県の職員の方らしき団体も座り、その話し声が聞こえてきた。
どうも農業の専門家らしいことは、話の内容からわかった。
その専門家たちが、とても良い本があると話していたので、
その題名を書き留めて、近くの書店で注文したのが、
上記の『植物医科学』という本だったらしい。
自分で読もうと思ったのだが、
開いてみると、専門用語が並んでいてとても読めない。
で、本棚にしまっておくのも、もったいないので、
僕にプレゼントすることにした、ということだった。

最近、祖父はえひめAIや納豆菌などを利用した
野菜栽培にはまっており、
植物病理の世界にも強い関心があるのだろう。
だから、県の職員の方らしき話は祖父のアンテナに
キャッチされたのだろう。
そして、それが85歳になる老人というところが素晴らしい。
農業は生涯現役と誰かの言葉だったが、
まさにそれを地で行く姿が、祖父だと思う。
こういう人が自分の祖父であることに
本当に誇りに思う。

と、同時に、こんな話を聞くと、
僕のアンテナは祖父のように感度良好なのだろうか、
と考えさせられる。
祖父のように、高くアンテナを張り巡らせているのだろうか、と。

僕も祖父に負けていられない。
祖父からもらった本は、
しっかりと読ませてもらおう。


関連記事
オクラの売り先が急になくなってしまったのは、
前回書いた通り。
栽培したことのある人なら
解るだろうが、オクラは
毎日収穫しないと、どうしようもない野菜。

その野菜が、市場の都合で
急に売り先が無くなってしまっていた。

そのエントリーを前回書いたが、
それを書いてすぐに、
おまかせ便でつながっている方々から
おまかせ便についてはこちらのリンクを参照
メールやメッセージが多数入ってきた。

ある方からは、
「保育園のバザーがあるので、そこでオクラを販売させてください」
という申し出だった。
またある方からは、
「オクラは毎日食べるので、ひと箱送ってください」
と注文が入った。
そんなメールとメッセージが次から次へと入る。
「おまかせ便にオクラを多めに入れてくれれば、その分をお支払いしますよ」
「あちこちの知り合いにも、声をかけてみます」
「少しでも買わせてください」etc.

おまかせ便というつながりは、
僕らが初めに想像していた以上のつながりを
僕らが認識している生の世界(つまり生活世界)に創造した。
その文脈で、
オクラは、どこのスーパーにもある
ただのオクラじゃなくなり、
僕らが生産したものも、
ただのどこにでもある野菜ではなくなった。
農家の現場で毎日何万と生産される野菜の一つではなく、
そこには、「かけがえのなさ」が生まれた。
それは、何か特別な説明(栽培法や品種など)や
何か特別な権威(三ツ星シェフや自然農法のカリスマ農家)に
乗っかって生まれてくる価値とは、まったく異質なものだ。

心配してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
オクラは、近くの直売所で販売を開始し、
ほんの少しだけを他の業者向けに販売を開始しました。
また、おまかせ便にも毎週入れていきますので、
ご協力の程お願い申し上げます。
もちろんそれは、仕方がないという
押し付け感のあるものではなく、
積極的に美味しいと感じられるオクラを入れていきますので、
ぜひお楽しみください。

おまかせ便が生み出した価値は、
経営的にはそれほどの数字でないかもしれないが、
僕らの生産様式そのものを大きく変えてしまうものだった。
その素敵な価値に、
僕はとても満ち足りた気持ちでいる。

関連記事
ちょっと困っている。
それはオクラ。

数年前、
ある業者と企画して始めたオクラ栽培。
値段を設定し、こちらの事情も理解してもらったうえでの
販売契約で、夏場忙しい中でも
この栽培は優先してきた。

今年も、
その業者向けにオクラを栽培していた。
品物も良く、順調な栽培だった。

が、しかし、
業者の都合で、急遽、
この9月からオクラの企画は打ち切りになってしまった。
どういう事情かは、ここでは書かないが、
毎日20キロ以上取れるオクラ畑は、
その能力を全開にしたまま、
市場を失ってしまった形になった。

もちろん、他にも何件かの取引先は
用意しておいたのだが、
とてもじゃないが、多い時で40キロほどとれる
オクラを毎日毎日さばけるもんじゃない。

僕ら農家は、工場とは違う。
市場の都合で契約が止まっても、
野菜は育ち続けてしまう。
しかもこれから栽培が始まるのなら、
新しい取引先を探すことも、あるいは可能だろうが、
栽培最盛期にこういうことになると、
僕らはもうお手上げになる。

農家はどうしても不利だ。
日持ちのしない野菜を栽培する農家は、
それをストックすることも出来なければ、
市場の状況に合わせて
生産を伸ばしたり止めたりも出来やしない。
こういう状況にならないように、
多くのチャンネルを用意しておこうと思うのだが、
取引量が大きくなってくると、
そのコントロールも難しい。
だから、大きな取引先の事情に
僕らの経営が左右されがちになる。

これまでは
それを解ってくれた担当者がいた。
こちらの事情もくんでくれて、
農業のことも良く解っている人と
一緒に仕事をしてきた。

でも最近は、
1円でも安くを命題にしたスーパーや、
毎月の売り上げを細かくチェックするようになってからは、
そういった商売の方向の中で、
ぼくら農家と農業の事情は
置いてきぼりにされることが多くなってきたように感じる。

自然相手もさることながら、
こうした事情もあって、
農業経営は一筋縄ではいかない。

さて、オクラはどうするか。
あまり良い打開策は無いが、
来年のために、もう少しあがいてみるか。



関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ