FC2ブログ
今年の1年生は、やる気旺盛だ。
と書くと、ことアリフについては
スタッフの間で誤解があるかもしれないが、
行動の結果からみれば、
やはりそれは自身の営農に
真摯に向き合っている結果だろう。

ダダンに続き
アリフもこの1年で貯めた資金を
投資に向けようとしている。
彼の地域は、お茶畑の広がる高原で
温帯野菜も育てることの可能な
農業の盛んな地域だ。
彼はそこで価格の安定しているお茶畑に
投資をしようとしている。

これまで同地域から来ていた
レンディ(7期生)、デデ(9期生)、ダニ(10期生)も
それぞれお茶畑を早くから買い集めていた。
その例にもれず、彼も1年生の資金でお茶畑を買うという。
広さは80a。
すでにお茶が植えてあり、すぐにでも収穫があるらしい。
お茶を売りたいというのは近所の農家で
まだ40代の働き盛りの人らしい。
どうしてそんな人がお茶畑を手放そうとしているのか?
その人自身は、大工業で生計を立てていて
妻の持ち物としてのお茶畑を手放そうというのである。
インドネシアのスンダは、
子供に分け隔てなく農地を分配する。
イエ制度ではないので夫婦それぞれに
収入源を管理している場合も
日本に比べて相対的に高い。
だからといって女性に優しい社会だとするのは
早急であるし勘違いでしかない。
自分たちの価値に合わせての評価は
意味がないというのは余談。

さて、
その大工の奥さん。
ちょっと大変な病気らしく
遺産でもらって管理していたお茶畑を
手入れすることができないらしい。
病気の治療費もかかるとのことで
思い切って手放すことにしたとのことで
それなら近所で日本に行っていてお金があるだろう
アリフにその話が舞い込んできた。

実習生にはいろんな土地売買の情報が入る。
お金を持っていると思われているからだろうが
その土地も高すぎたり小さすぎたりで
良い土地が出てくることは少ない。
アリフも今までいろんな農地の話が入ってきたが
大体は10aや20a程度で、
まとまった土地は少なかった。
だが今回は、効率よくお茶生産するにはもってこいの
面積と立地の土地で
価格もそこそこということもあり
購入を決めた。
ただ現状ではお金が足りないため
2月まで給与をためて購入するとのことだ。

ただ、心配事が二つある。
一つはそこに植えてあるお茶の樹齢だ。
売り手の話では、お茶の木はまだ小さいという。
ただそれで樹齢が若いということにはならない。
お茶の木は20~30年ほどで植え替えなければならなくて
樹齢が進んでいればいるだけ、植え替えリスクが付きまとう。
植え替えれば、収穫できる大きさになるまでの
4年間はその畑からの収入はない。
しかも植え替えのコストは大きく
投資したもののすぐに植え替えとなると
それだけの資金が準備できないケースもあり
最悪の場合、その土地をさらに安い価格で
転売しなければいけない必要も出る。

もう一つがお茶の品種。
80aのお茶畑がすべて同じ品種ならば
効率よく栽培ができるが
よくあるケースが
一斉に植え替えるとコスト高で無収入期間が長くなるため
少しずつ受けかえることが多く
その場合、植え替える時期に手に入るお茶の品種を
なんでも植えている場合もある。
このようなお茶畑は、生育を一斉にできないため
作業効率が低く、思ったような収入を得られない場合がある。

とにかくお茶畑の状況を詳しく把握し
来月のビジネスプランの中で発表してもらうことになった。
場合によっては2年生で貯めるお金を植え替え資金とし
帰国後すぐの収入のベースは3年生で貯めたお金で
唐辛子やキャベツ等の野菜栽培に回してしのぐという案もあるだろう。
80a全部を優良品種に植え替えて、それから4年もすれば
そこだけで十分食べていけるだけの収入は得られるはずだ。
しっかりと現状を把握して
多面的な農業経営が実現できるように
後押ししていきたい。

広い土地を購入できるということで
やや舞い上がっていたアリフ。
来月以降のビジネスプランが
本当の正念場だと気が付いたようで
その顔つきは引き締まっているように見えた。







12期生の紹介をしていなかった。
2019年も2名の実習生を受け入れている。
そのうちの一人がアリフ。

アリフは、バンドン県パガレガン地区出身で、
同地区からの受け入れはこれで5人目となった。
2期生のイルファン、7期生のレンディ、9期生のデデ、10期生のダニと
これまで受け入れた中では、同地区が一番多い。
同地区は、標高1600mと高原地帯で、
温帯の野菜が潤沢に栽培できる気候と
豊かな火山性土壌を有している
西ジャワ州でも屈指の農業先進地なのである。
そういうこともあって、
農園の実習生として候補になる子も多い。

さて、アリフ。
父親は業者の仕入れ補助をビジネスとしており
毎日市場へ業者を車で連れて行き
仕入れの手伝いをしている。
めずらしく車をもっているのだが
けっして金持ちというわけではない。
ビジネスとして2007年に車を購入している。
車を持っている世帯は
街でもまだまだ珍しいので
2007年に車を買ったのは
ある意味先進的な考えだったといえる。
ただ買ったのが1978年の車で
価格も40万円ほどというので
これ車商人に騙されてないか?とやや心配にもなる。
お金は銀行から借りたというので
そういう手続きもするし
投資にも勇気があるという意味では
アリフのお父さんは結構面白い人なんではないかと
想像している。
その車を使って、物品の仕入れの手伝い業をしている。
午後からは時間があるので、農業という生計だ。
母は家事と午後からの農業の手伝い。
農業は同地区の伝統種のトウガラシと
お茶混作という鉄板の組み合わせで
失敗は少ない。
今後、もう少し調査を進めて
彼らのアクセス可能な資源を含めて
検討をしていこう。

さて
アリフはとてもギターが上手い。
ギターのレベルは聞いてもよく解らないが
長い間バンド活動をしていたようで
それなりのレベルらしい。
ただ10期生のダニに言わせると
アリフは学校でもいつもギターばかりで
実習もサボっていたし活動もいい加減だったと
手厳しい。
なので、ダニのアリフに対する評価は
かなり低い。
彼が候補者に決まってから、ダニはずーっと心配していた。
農園での労働にむかない、と。

たしかに受け入れて2か月が経つが
彼のレポートのレベルはかなり低く
勉強にまったく気持ちが入っていないことがよく解る。
ま、ここから自分でやる気を出すように
まずは彼が、自分の置かれている立場を
よくよく認識してどういう努力が必要なのかを
彼自身で見つけてもらえば
たぶん、それなりに伸びるはずなので
そこは心配していない。
ただ昨年のアンギの件もあるので
もうすこし慎重に進めていきたい。

ただ
上級生に言わせるとアリフは
あまり積極的に行動する感じではないという。
新しい食べ物にも消極的だし
遊びにもあまりいかないという。
異国に来て2か月。
寂しさが一番きつい時期だろう。
なにか気持ちが前に向くように
考えないといけないのかもな。

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ