FC2ブログ
10月の出張は
自分たちの今後の営農や
その方向にとってとても大事なポイントとなるだろう。
そんな予感が強い。

生計調査は
それぞれ実習修了生のカテゴリ別に記録したが
改めてそのリンクをここに貼ろう。

ヘンドラの場合

レンディの場合

クスワントの場合

これらの調査を通じて
僕もそのインタラクションの影響を大きく受けた。
調査を通じて見えてきたのは
日本での資金では、その後何年もかけなければ
次の大きな投資ができなかったり、
その投資も数年以上は芽が出なかったり、
もしくはその業態でスケールアップするには
一から構築しなおすくらいの投資が必要だったりと
思った以上に苦労があるということだった。

これは僕自身も営農をしていて感じる点で
どうにかこうにか人をたくさん抱えるためには
売り上げをあげていこうとしているのだが
なかなかその部門を新設し育てきれない、という悩みがある。

彼らも現状で十分一般的な農家以上の販売力を
持っているとは思うが
まだまだ地域をけん引するような
そんな産業を生み出すまでは到底至っていない。
ま、僕もそんな感じだけどさ。

新しい投資が必要だと
本当に感じる。
それがインドネシアの金融機関がしてくれるのが
一番だが、そのチャンネルは
彼らの肩越しからは見えてこない。

あと
営農の変化や考え方の変化が
年に1回だけの調査ではもう追いつけないこともある。
卒業生も9名が活動しており
これからそれは増える一方になる。
時間的制約を受けながらの調査では
今回のように4人ほどが限界で
それを駆け足で行ったためか
今回初めて現地で医者にお世話になった。
そして
調査を受ける側も
僕のスケジュールに大きく左右されてしまうし。

マイクロクレジットを通じて
次のステージをと
実習生たちと一緒に作った耕志の会には
その資金が現在80万円ほどある。
だが、結成してから8年経つが
まだこの資金をマイクロクレジットとして
仕えていない。
仕組み作りはしているが、実際に運用に
誰がどうコミットするのかが決まらないからだ。
無給で借金の管理をする誰かが現地に必要で
不透明なお金の流れのままでは
あの不正や汚職大国のインドネシアでは
きっとあっという間に、
篤農家予備軍の彼らを汚職者にしてしまう。
それだけは避けなければ、と二の足を踏むあまり
お金が死に金になっていた。

もう待ったなしだ。
今回はそう強く思った。

で、だったら、
僕の代わりにインドネシアで
そんな業務をする人を雇っちゃおうか、
と思い至った。
それを農園たやの業務として
農園たやからの給与として、さ。

青年海外協力隊で農園のスタッフ立崎を
現地に派遣しているが
彼女は、学校の活動や今後農園が取り組むべき課題に向けて
別の大切な活動を任せている。
とてもそこまで手は回らない。

なので、
JICA基金で現地コーディネーターを務めてくれた
3期生のタタンをローカルスタッフとして契約をできないか
帰国後ずーっと交渉をしてきた。
そして先日、
ようやく業務内容や条件で合意に至り、
来年2019年の1月より
農園のローカルスタッフがインドネシアの農村で
活動を始める。

イメージとしては
生計調査と営農調査を毎月行い
投資に値する事業を実習修了生と作り、
実習修了生への農業技術の情報発信や
実習生の農産物を日本へ輸出するところまで見据えて
活動をする。
また農園たやでの技能実習生公募に対する
説明会を開き、より質の高い実習生を集めたり、
彼ら彼女らの
来日支援(借金なしで出発できるように)も行う。

これらが実現するかどうかは
とにかく来年ローカルスタッフと一緒に
汗をかきながら、インタラクションしながら、
考える場所に自分を置いて
過ごしてみることで
次も見えてくるんだと思っている。

さ、やることは多いぞ。
歩みは止めるなよ、おれ。


10月の出張の生計調査の一部を
記録しておこうか。

今回の出張では、
実習修了生たちの生計調査を
本格的に行った。
対象者は、ヘンドラ(第1期生2010年帰国)
タタン(第3期生2012年帰国)
クスワント(第4期生2013年帰国)
レンディ(第7期生2016年帰国)の4名。
他業務が多く、今回はこの人数のみ。
次回3月出張を予定しており、
残りのメンバーと、今回の対象者で聞き漏れがある場合の
追加調査を行う。

さて前回の本格的な調査は2014年。
少し時間が経ってしまったことは反省したい。
毎年インドネシアの実習生たちの地域へ
巡回は行っているものの
毎回、3日程度の滞在時間しかなく
ほとんど他の活動業務に追われ
実習生の詳しい生計調査はこれまで
おざなりだった。
しかし、昨今の技能実習制度の延長(技能実習3号)や
特定技能(特定技能1号、2号)による
外国人就労への門戸が開かれようとしている。
制度の目的は違えども
それらが日本の就労人口の減少に対応していることは
誰の眼にも明らかだろう。
外国人にも就労機会や選択肢が増えるのは
良いことだが
長く居る方が良いというわけは、必ずしもない。
出稼ぎで遠く故郷を離れて暮らす人たちは
色んな意味で大変だ。
文化・言葉・慣習から生まれる事象認識の違いから
小さなトラブルを抱えたり
対人関係で悩んだり
つまるところ、僕らの日常の悩みと同じだが
その頻度が多くなりがちだったり
その悩みの深さが相対的に深かったりというのも
異国もしくは異郷で暮らすものの悩みだろうか。

また実習生には
在留許可の実習が前提であるので
実習先を変えることが、難しい。
監理団体による調整によってそれは制度上は可能ではあるが
なかなか現実的には難しい。
だので、実習生たちは実習先とのトラブル
もしくはその環境下での生活のトラブルがあった場合で
そのトラブルを解決できない場合は
帰国を選ぶか、失踪するかしか選択肢がないのが実情でもある。
借金をして日本に来ている場合が多く
帰国は選びにくく、失踪するケースが増加するという
仕組みなのだろうか。
そういう意味では特定技能の在留許可は
外国人は労働者になり、
自分で職場の選択が可能になる。
ある程度は失踪には対応しているのだろう。
ま、期間があったり、呼び寄せる親族(扶養家族)が
違法就労したり失踪することは
十分考えられるけどね。

でも、それらの議論だけじゃ、やっぱり何かが足りない。
どんな制度だろうが、人と人との係り合いなのだ。
帰っていく人たちがどんな風な生活をしていくのか
それに向けてどんな支援をしたら、その子たちは
またその子たちの地域は良くなっていくのか
その視点って要らないのだろうか?
そんなことまで面倒見きれんよって言えるのだろうか?
それともそれはただのお節介なのか?

僕の農園では
実習生で年間に蓄えられるのは、多くて60万円~70万円程度。
法律順守で、
残業代も1.25倍で払って、でそのくらいが
これまでの子たちからの聞き取りから得た預金額。
帰国までの3年で200万貯められたら良い方だろう。
他も農業であればそんなに違わないはずだ。
かりにあと2年延長(実習3号)しても、
預金額が100万~150万くらいが増える程度。

で、僕は思う。
200万くらいあれば、それを元手に
それぞれの地域でアグリビジネスを起こし、数年で
年間で50万円くらいのビジネスに成長できれば
長く日本で働く意味なんてなくなるんじゃないかって。
ここの実習3年で得た資金と技術と知識と視点で
帰国後数年でランディングできるという選択肢が
彼ら彼女らにあってもいいんじゃないかって。
その事例がある上で
日本が好きなら、
ビジネスの才能は無いと思うなら、
就労機会に恵まれないのなら、
日本に来て働くという選択肢もある。
が、いくら長く居ても
上記の「日本が好きだから」以外の理由だと
帰国後のシナリオはあまり変わらない気もするけどね。

だから僕は
生計調査をして
本当はどうだったのかを検証したいと思っている。
その上で、僕にできる次なる支援の在り方を
さぐっていきたい。
「帰国して故郷に錦を飾る」ということが
外国人労働者のひとつの選択肢として
存在させるために。

生計調査の結果は
次回へつづく


コーヒーのセミナーは
1期生のヘンドラと7期生のレンディの
グループで行われたものに参加した。
どちらも集落長に就任していて
ヘンドラは2016年からで、レンディは今年2018年から
集落長を務めている。
どちらも若くにして集落長になっていて、
頼もしいかぎり。

今回のセミナーでは
4期生のクスワントも含めて3会場で行われ
それぞれのリーダーがそれぞれの地域や
人材、必要技術などを鑑みて、
自由にアレンジして開催された。
開催時期や場所もそれぞれのリーダーに一任されている。
クスワントのセミナーはすでに9月に行われており
お祈り後の夜7時半から行われたため、
僕や現地の立崎はネット回線で参加している。
この辺りの事情は、彼らへの社会生計調査で
明らかになっているので、また別のエントリーに譲りたい。

それぞれにアレンジされてはいるが
セミナー自体の内容は大体、
栽培技術や収穫後の調整の仕方などに特化していた。
特に剪定方法や種苗選び、施肥、
コーヒー豆の一次加工のクオリティ(グリーンビーンズ)などが
その講義の中心だった。
細かい技術的な話は
ここでは省きたい。

さてセミナー開催はそれぞれ
ヘンドラは10/19(金)の午後からで、
レンディは10/20(土)の午後からだった。

参加者は、
ヘンドラが25名を想定していた中29名
レンディは35~40名の想定で、その半分くらいだった。

開催場所は
ヘンドラが自宅だったのに対し
レンディは村役場の会議室だった。

人が集まったのはヘンドラの方だった。
それで彼に求心力があるというわけではないだろうが
人が集まりやすい日時を選んだということだろう。
金曜日はイスラムのお祈りの日で
昼前にみなモスクへ行ってお祈りをする。
そのお祈り後は、比較的ゆっくり過ごすのが慣習で
今はちがうだろうけど
僕が協力隊の時は(今から20年前)
公務員は金曜のお祈りに行ったら、
事務所に戻ってくることはなかったのは余談。
ただ村ではその流れがまだあるらしく
お祈りの後の午後は自宅でゆっくりすごすことも多いらしい。
ヘンドラはお祈りで集まってくる人たちに
この後セミナーがあることをリマインドし、
その思惑通りたくさんの人が参加してくれた。

レンディはややかわいそうだった。
彼がこの日程を選んだのは彼自身が決めたのだが
それは僕の来イの日程に合わせてくれたのが
その理由の大きなところだった。
だから本当は、僕が行くと言わなければ、
きっと彼も夜や金曜日の午後に開いていたに違いない。
それにその土曜日は彼の集落の近くで
金持ちの割礼のお祝いがあり
出し物や屋台が集まってにぎやかにやっていたのも
思ったほどの参加者にならなかった理由だろうか。

ヘンドラのセミナーは自分たちの先進地視察の画像を
スライド的に見せて端的にプレゼンをし
その後、
スメダン県の農業事務所の職員によるレクチャーが行われた。
県職員にとっても農家主催のセミナーに参加することは
ほとんど初めてだったようで
そのことをしきりに取り上げて話をしていた。

レンディのセミナーもアイディアはすこぶる良かった。
彼の地域:パガレガンでは、2014年に台湾で行われた
コーヒーの国際品評会でグランプリに輝いた団体がある。
今回はそこの責任者とスタッフ3名が講師役を務めてくれ、
世界一になったコーヒーをその場でふるまってくれるなど
とても興味深い内容だった。
その団体の責任者が
「パガレガンを世界一の産地にしたい」と
熱く語っていたのが印象的だった。

それぞれの地域に即した
またはそれぞれのリーダーが見据える
未来の在り方に合わせて
開かれたセミナーは
その違いも含めとても面白かった。
そしてそれ以上に、
卒業生の彼らが実際に地元でリーダーになっている
その姿に感動した。
既存の形ではない、新しいリーダーを
農村が変わっていく中で
農村が主体性をもってその変化へ進んでいくためには
必要としていることを強く感じて20年。
その模索として、技能実習生を受け入れて10年。
絵に描いた餅だと卑下もしたが
それでも彼らと語り合った10年。
本当にリーダーになるんだ、と
たぶん自分が一番驚いていた。
彼らの晴れ舞台を
共有できたのが今回の大きな収穫だったろう。



夏の大量発注がひと段落し
さつまいもも掘り終え
セロリや大根の間引きも順調にこなし
すこし気分的にも余裕が出てくる昨今。
とはいえまだまだ農繁期。
年末の大量需要に向けて
農園は大量に播種をしている真っ最中。
それにもかかわらず、
今回、10/17~10/24までインドネシアへ出張をした。
これはその記録。

まずは今回の出張に協力的だった
社員みんなにお礼を言いたい。
すばらしい社員のおかげで
憂いなく出張をし、
ミッションを達成することができたからだ。

さて、
今回の出張は
いくつかの目的があった。
一つ目は、技能実習卒業生たちの活動だ。
農園で受け入れていた技能実習生の
卒業生たちが今年もグループで活動をしており
その活動がJICA基金の採択事業となったのは
以前紹介した通りだ。

そのエントリーはこちら

彼らは今、小規模コーヒー栽培のプロジェクトを行っている。
プロジェクト内容は
グループのリーダー格が
先進地2か所を訪問し
そこで得た知見を
グループや周辺住民へシェアするために
セミナーを開催。
そしてその技術や知見に沿って
生産を開始するという3段階のプロジェクト。
この2段目のセミナー2か所に参加することが
僕の一つ目のミッション。

二つ目はこれ。
今年は農園で技能実習生を受け入れて
10年目の節目の年である。
ある程度卒業生も現地で根を張り
そこそこの地位に就く人もいる。
これまでも巡回指導と称して
年に一回程度は
みんなの話を聞いてきたが
社会調査としてのインタビューまではしてこなかった。
そこで今回を節目に
詳しい調査を行う事ことを決めていた。
ただ、9人も卒業生が居て
全員を調査することは無理なので
今回はコーヒー事業を行う4名だけに焦点を当てて
調査をしてきた。
これにかなり時間がかかった。
一旦質的インタビューをするとなると
どうしても一人半日は必要になるし
その一件のノート起こしだけでも数時間を要する。
さらに卒業生は比較的近い地域にいるとは言っても
往復で7時間ほどは車移動が必要で
移動するだけも一苦労の中での調査。
おかげで体調を悪くして病院に駆け込むことになるのだけどね。

三つ目はタンジュンサリ農業高校との会談。
実は、前回の訪問から今回の訪問の間に
校長先生が新しく変わっている。
しかも
今回は学内から校長に昇格したのではなく
まったくの畑違いの教育省つながりの
他校の校長先生がスライドして
タンジュンサリ農業高校の校長になっていた。
僕たちが今まで培ってきた関係性など
まったく知らない人が
校長になっていたので
この方にしっかりとこれまでのプロセスを理解してもらう。
それが三つ目の目的だった。
ただこれはもう少し先の目的も含まれている。
現在農園のスタッフを同校へ
青年海外協力隊として派遣中だが
そのスタッフの次も僕らの農園から
派遣したいという申し出というか
ま、ズバリ言うのなら
農園とタンジュンサリ農業高校とJICAで
民間連携の案件として
派遣契約を結ぶことに同意してほしいという
ところまで突っ込んで了承を得るというのが
三つ目の最大の目的でもある。

四つ目は
その三つ目の約束事を確実にするために
JICAジャカルタ事務所に訪問して
僕らの想いを伝えると共に
事務的な日程や手続きの確認等を
担当者と行うことだった。

五つ目は
派遣したスタッフ・立崎の活動を見学すること。
ま、これは報告書を定期的にもらっているので
それほど心配はしていないのだけど
せっかく行くのだから見たいなぁって。
ただ、あまりの日程の詰まり具合に
さすがにこの五つ目のミッションだけは
全うできなかった、というのだけは
ここに記しておこう。
次回は、彼女の活動を見学したいね。

と、まぁ、
これが今回の出張の目的である。

成果については、次回に譲ろう。




田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ