地域を考えるにあたって、
エリアや組織、そして係る人たちの
それぞれの認知と発揮される行為能力を
つらつらと書いたが、
どういう状況になれば地域は再生・発展したと言えるのか
その議論はしていなかった。

まったく個人的な意見だが
経済的な発展というよりも
最終的にはその地域が人で
あふれかえっているような状況ではないかと思う。
それらの人は歳月と共に高齢化するが
若い世代が次々に生まれ、そして地域に残り
もしくは入り込んできて
その活気や自治力は再生産される。
そんな状況が維持、それどころか発展していくような
状況がやはり理想だ。
だから特定の年代がたくさんいるような
そんなイメージではなく、
すべての年代が集う場所でなければならない。

これまで僕の農村を見て回った経験値は少ないのだが、
日本を含め東南アジアの農村を僕なりに見てきた。
その中で、東南アジアの
いわゆる貧しいとされる農村部は
どこもお金はなく、貧しく、生活に困っている方も多かったが
日々の暮らしやその場には
僕らの農村には無い活気があったことが
僕には衝撃的だった。

青年海外協力隊の時に過ごした
南スラウェシのバルー県の山村では、
若手の働き手も多く、村の人口も高齢者に偏っていなかった。
山村で経済的には街よりも確実に厳しい状況で、
さらに行政からもあまり重要視されず、
行政サービスが
行き届かないのが常態化していた。
しかし、それと反比例するように
村の日々の暮しには活気があった。
村人たちが必要最低限の自治力を維持し、
用水や農地維持や道の修復なども担っていた。
個人の家に洗濯機なんて無いから
川の洗濯場はいつも女性たちのおしゃべりであふれていた。
農業機械は無いから、
作業はいつも助け合い。
結なんて言葉は、日本では死語だが
その村では空気よりも存在があたりまえだった。
家の建前も村人総出で、
結婚式は村人みんなが参加して、
3日3晩つづくのが当たり前。
近くの小学校が終わると
棚田を赤い制服を着た子供たちが
クモの子を散らすように広がり
道草をしながら泥んこになって家に帰っていく。
夕方には、テラスや道のわきにある竹のベンチに
みんなが集い
若者はギターを弾き謳う。
甘いコーヒーとそれに集るハエと
賭けドミノに奇声を上げる親父たち。
常に人の話し声や笑い声が絶えない場だった。

なんて書くと
近代化と幸福感が反比例するような
ミスリードがあるようにも思えるが、
幸福感(充足感)は、
近代化された生活とは関係ないというのは
事実だろうと思う。
ただ、近代化する生活が充足感を失わせているというのは
僕に言わせれば行き過ぎの結論だろう。
何かが欠けているから
それに行きつかないだけだ。
それは近代化された生活という
ことではないことを明記したい。

ただ僕が居た村が桃源郷ではなかったことも
同時に書かないと誤解があるだろう。
家事を担ってくれる機械が無いため
女性は家事に多くの時間を奪われ
やや家庭に縛られているようにも見えた。
医療が充実しておらず、
ホストファミリーの赤ちゃんが高熱で
泡を吹いた時も
隣近所の人が集まってイスラムのお経を
永遠と繰り返し祈りで対処していた。
近所に住んでいた少女は
小学校で1番の成績だったが
親は教育に理解を示さず、
比較的裕福だったにもかかわらず、
また少女も進学の望んだにもかかわらず、
小学校卒業と共に家事や農作業のために働き始め、
若くして結婚した。
結婚の結納金(男性から女性へ)が
伝統的に高い地域だったので、
若者は金銭的に余裕のある仕事がほとんどない
村に居ては自由に結婚ができず、
国外へ従属的な労働(森林伐採・プランテーション等)に
出稼ぎに行かなければならなかった。
彼ら彼女らの明るさは
現実の辛さを紛らわすための
明るさではないかと思えることもあった。

だが、その場で僕が見た
あのにぎやかしさと
人の集まる場の輝きは
とても強い印象として僕の中に残っている。
ネガティブな部分が多いとしても、
そこに人が集えば
そのコミュニティがどんなふうに機能するのかを
間近で3年間、僕は眺めることができた。

では、僕らの社会とは
その文脈の違いに目を向けずに、
短絡的に
近代化したものを取り除いて
そこに戻れば良いというのは近代化論よりも
訳の悪い結論でしかない。
原点回帰なんて幻想でしかない。
原点とする時からの状況の変容や
そこから出発してその間に獲得された社会全体の経験や
そんなものすべてをすっ飛ばして
無理やり結論付けているに過ぎない。
原点とは、似て非なるそれっぽいものに
ベクトルを向けようという
新しい試みでしかない。
人が出ていってしまった
近代化した、そして近代性により自分たちを
慣らしてしまった僕らの生活の中で
(自由な個人が確立されて感情よりも理性が正しいと思い違いしている合理主義)
今一度、人が集う地域を創るには
どうしたらいいのか。
文脈が全く違う僕らのこの場所で
どんなことができるのか
現実的に考えてみたい。




まだ考えがこなれていないし
勉強不足なのだが、
こういうのもメモしようか。
地域を考える上で、その言葉と
そこへの係り方を2回に分けて書いたが、
その個人の行為能力の中身は
あまりちゃんと書いていなかったね。
それ自体が必要かどうかは良くわからないけど
このことはインドネシアの研修事業の
農業構造論の人的資源の中でも話しているので
僕は地域おこしには欠かせない要素だと思っている。

さて、個人の行為能力が発揮されるのは
その個人の事象に対する(自分自身も含めて)
認知が大きく関係している。
直感と情動のキーワードを認知心理学のそれと同じように
僕が使い分けるのはかなり無理があるので、
その辺りはまだ勉強不足でもあるので
意味が行ったり来たりするのは我慢してもらいたい。

自分を見つめる目が論理的であるかどうかは
たぶんそうじゃないんだろうと
最近
ジョナサン・ハイト著『社会はなぜ左と右にわかれるのか』を
読んでいてよく思う。
僕らの事象の認知が直感やその感情に左右され
後付けで自分の行動に対する理由づけとして
論理的思考がやってくる。
そしてその行動や視点は、他者に大きな影響を与え
またその他者の眼差しや意見や行動といった
相互作用の中で自己を見つめなおしたりもする。

となると、
先日もJA福井市の青壮年部の委員会に出席していたのだが、
農業の先輩もある年長の方から
『部長が一番偉いんだからね』との発言も
僕の行為能力をそれだけ伸ばしていく
事象となる。
その役職が持つ力というものがあって、
それが「一時的に」付帯する。
その役が終わってもその力が
自分にあるように思ってしまうような
その一時的を誤解するケースも多く、
その社会の中で悲劇的もしくは喜劇的な事象を
作り出したりもするのだろう。

行為能力が生まれるその場所には、
物事を動かす力が当然ある。
係り合いを持つことが大切だと
僕が言うのはその力が
その社会を小さくても動かしている事実が
散見されるからだ。
朝日新聞のPTAは必要か不要か?の質問が
その視点から立って眺めてみると
なんともチープな話に見えてくるのは
そのダイナミズムを感じられないのが、
そこの社会なのか、個人なのか、その辺りの雰囲気なのか、
そういうもうどうしようもない状況に
なっているということなんだろうって思う。
そのどうしようもない状況は
ここ地域でもあちこちに見られる。
だから僕らはその行為能力を
もう一度大きく起こすために
係り合いを避けてはいけない。
ただそれぞれの生活の中での係り合いなので、
「それぞれが出来る範囲で」という部分で
すでに僕らの行動力が飽和しているのかもしれない
とたまに思う(というか良く思う)。

その個人の判断同士のインターフェースは
感情と直感が飛びあっている。
いろんな役員会での決定プロセスに
毎週のように係り合っていると
本当にそう思う。
論理的な説明で物事が進むというよりも
その場の雰囲気が左右することの方が多く感じる。
場の雰囲気を作り出す力も
ミクロな話かもしれないが、とても重要に感じるな。
誰がその役をするのかも
とても大きな意味をもっているんだろう。

つらつらとメモ程度のエントリーで
まとまりがない。
だけど、こういう場で地域を彩る
いろんなことが決まっているのも事実。
無視はできない。


地域がそれに係わった人々が
勝手な認識によって重層的に捉えられた総体であると
前回書いたが、
それらがまとまった形であるわけではなく
そこに重なったままに放置された場でもある。

まとまりがないのなら
まとまりを付けることが地域づくりかというと
そうでもない。
まとまりはつかない、という現実が
地域を考える味噌になると思う。

そのエリアをどうとらえるかは
そこにある組織やグループや仲間への
帰属意識がその根本にある。
つまり何かに参加した形で
そのエリアをとらえ、
そしてそのエリアにアクションをかけるというわけだ。
で、こうした集まりには、
それぞれ形は違えども、
個人のお金や町内会費やPTA会費などの会費や
行政や財団・企業その他関連団体による活動助成金や
イベントやバザーの売上金、
募金、賞金、寄付金etc.によって
その集まりは運営されていることも多い。
だからその捉えられたエリアでは
その集まり特有のイベントや祭りもあるだろう。
それが活発に行われることを
地域づくりだという人もいるかもしれない。
だが、
もうその活動も飽和していると思われる。
個人的な経験で申し訳ないが、
今年いくつかの団体・集まりの
役員や委員を兼務している僕は
真冬と真夏を除いた春と秋は、
各種団体のイベントやその準備の会議などで
ほとんどの週末はつぶれ、
しかもそれぞれの会議やイベントが
同じ日にぶつかってしまうほど調整が困難なほど
それぞれのその活動は多い。
これ以上増やすことなど、
そもそも1年が365日しかないのなら無理さ。
地域づくり・地域おこしの過労死が
出ないのかと不思議に思う時もある。
あっそういえば僕の前任の方は
その役職中に脳梗塞で倒れたか。
ま、この議論の方向は
また別のエントリーでその深度を深めよう。

さて、それぞれの集まりがまとまりつかないのは、
それぞれに方向性を持ち
その方向性に合わせて予算を持ち
そして行動しているからでもある。
その方向性は組織に対して
行為能力を付帯させるパワーがあり、
その行為能力の強さがイベントの動員力と規模にもつながる。
各人の帰属意識の強さもその行為能力に付加されるが
その反対もあって
組織が持つ行為能力の強さが
個人の帰属意識を強めることもよくある。
「場」が作られるとそこにパワーが生まれるのは
それが所以だ。

行為能力の違いが
まとまりを生み出さないというのは当然で
それはそれ独自の行為能力を持つから
人々をひきつける力にもなるのだから。
どこかとどこかがまとまって
一つになっても足し算的に力が増えないという事例も
良く聞くが、それはそういうことだろう。
その反対である集まりから分離独立した方が
その組織の方向性が鋭利になって
より力を得ることもある。

これは何も僕らが捉えている「地域」だけでなく
組織そのものにも言い当てはまることだろうが
それが「地域」となると
一つ別の要素が加わって、それが特徴付けになっている。
それはそれに参加している人々が
物理的にそのエリアに住居環境をそこに持っていることだろう。
その物理的制約から生まれる地縁が
すこしこの「地域」を考えるうえで重要になってくる。

僕らは「地域」の中で、何もそれぞれの組織に必ずしも
共感と同調を得て参加しているわけではないという事実がある。
その場に住んでいる中で生まれる人間関係によって
帰属意識への欲求や、外圧的だったり強制的だったり、
お付き合いだったり、で加わることが多い。
もちろん、それに参加することで
お付き合いの関係はよくなり
その物理的な住居を含めた場の環境は
その個人にとって住みやすい方向に働く場合もある。
だが、その反対の悲劇的な結果もあったりもするけど。

それぞれのそういう集まりは、
そのエリアの小さな問題を解決している場合が多い。
行政や企業では解決できないそのエリアの小さな、
でもそこに人たちにとってはとても大切な
自分たちの生活の質が向上するような問題に対処できる。
PTAの交差点での見守り活動や
町内の清掃活動、用水の江掘り、物品の共同購入、
仲間が意識する公共の場の修繕と整備、
旅行やレジャー、そして祭り。
こうした活動によって、帰属している人たちの
関係性が強化されることで、さらに組織の行為能力が高まる。
その集まりが捉えたエリア「地域」の自治能力が
同時に高まる結果にもなる。

地縁を含むという点で、
それは守田志郎がかつて表現したように、
何代にもわたっての付き合いの中で
良い代もいれば、そうではない代もいて、
それでも村八分といった言葉に代表されるような
閉鎖的な締め出しをするというよりも
少しお付き合いを控えつつ、波風をことさら立てずに
その次の代になれば、またその仲間として受け入れていくような
風土は実際にあるように感じる。
田畑がなくとも、宅地と家を建てないかぎり
アパートや借地が無いので
この場に住むことすらできないような
僕らのような農村部では、その宅地や家もまた
地縁を生み出すもとになったりもするが
生業と分離されている分、
代を経ての付き合いにはならず、
帰属意識も限定的になるのが
たぶん「地域」の衰退を生み出してもいるのだろう。

そういったそれこそ多様な感情と環境で
仕事と生活をやりくりしながら
係り合いを持つのがそれらの集まりということになる。
地域づくりをしようという意志で、というよりも、
その場に住む者が、それぞれのできる範囲で参加し、
係り合いと方向性の双方向によって生まれる
行為能力を発揮する場が「地域」なんだ。
だから構成員の参加は、必ずしも一律ではなく、
深度もまちまちのなかで、
その個人は役職や予算・人間関係によって巻き込まれて
その中心でその個人とその団体の行為能力の発揮に
尽力するのだろう。

だから、それぞれの集まりを
上部組織的に組織しなおした連合会や連絡協議会等々が
作られたりもするが、
それ自体が地域づくりに大きく力を発揮できないまま
政治的に力をつけてしまうのは、
そういう仕組みになっているからだと思う。
行為能力的には、個別案件を扱えず、
抽象的な大きな議論に対して意見と圧力を伝えるだけの
団体になってしまっている事例は、
掃いて捨てるほどあるからね。
ただそれによって得られた予算が
その下部(本当は下部ではない場合も多いが)組織の
予算という形で力づけになっている場合もあるので
一概に否定もできないのだけどね。



『地域』って言葉が
その字面以上の意味を感じるようになった。
輝かしいフロンティア精神とでもいうのか
革新的な保守思想を併せ持つような言葉として
僕には感じられるようになった。
「地域創生」なんて
それだけを聞いていると(それを言っている人を見ないで)、
なんだかとびっきり力のある
呪文にも聞こえたりするもんね。

この言葉自体に何か革命的な力を
感じるようになってしまったら
ちょっと病んでいるのかもしれないけど、
僕は時々そんな風に思うこともある。

でも、これほどわからない言葉はない。
いったいエリアとしてはどこまでを言うんだろうか?
どこのだれまでがその住民なのか?
まったく定義なんてない。
ふんわりした、思想先行の言葉で、
中身や定義は等閑で、
それを連呼すれば、何か素晴らしい活動を
しているようにも聞こえるような言葉になっている。
だから、政治家が良く使いのかもしれない。
その意味は、全くといっていいほど
僕らには伝わらないし、
そもそもそれを指し示す場や人々は
そこには存在しないのではないかと思うくらいだ。
ま、それはこの本題ではない。

地域という言葉がぼやけている以上に
地域づくりという言葉は、
意味が良くわからない。
その言葉の発する力は
地域以上にパワフルなのに。

たぶん、僕も含めて、
それに係わっている「つもり」の人々が
勝手に考えているエリアというものがあり、
それがその人にとっての地域であり、
そこの発展を願っての行動が
地域づくりってことになるんだろう。
だから行政区域で見る方もいる。
それは公務員や行政と仕事をする人が多いかな。
小学校区で観る人も多いね。
地元の人はその傾向があるね。
組織単体のエリアで観る人もいるね。
農協なんかもこれに入るかもね。
PTAだったり育成会だったり
公民館だったり自治会だったり
自主的な任意団体だったり
大学生のサークルだったり
そんなそれぞれの「地域」の意識が
重層的なカタチを創っているのが
その地域ってことなんだろう。
どの意識が正しくて
どの意識が素晴らしいなんていう気はさらさらなくて
ただどれも勝手な思い込みに過ぎないと言うだけ。
僕のポリシーから言えば、
そこに既にある組織に参加し、
そこを盛り上げることが
風土の風の人と土の人とが結果的に乖離しにくい
ダイナミズムを生み出すと思ってはいるけどね。
そんな勝手な重層的な想いは、
ちぐはぐにそれぞれが尊く存在するよりも
一つの入れ物の中でぐちゃぐちゃにかき混ぜた方が、
より芸術的に美しい結果を
もたらすと思うから。
ま、自分が勝手に意識している「地域」は
その過程でいったん粉々に破壊されるのだけど、
そういうプロセス(自己否定を含むような学習プロセス)を
恐怖と思うような天才肌の方には
とてつもなく辛いかもしれないが、
それが面白いと思える志向の人には、
たまらないよね。

だから、みんな、
地域を語るなら、そこにある何かに
参加してみないかい?
地域という言葉が力を持つのは
そこに「参加」というアクションがあるからで、
そのアクションがどの「場」で生まれるのかも
そこのプロセスがどんなものなのかも
そのすべてが、地域の一部となって
埋め込まれていくのだから。




田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ